document.getElementById("tabirai_sidebar_all_japan_txt_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; 障がい者の支援も行っていて、「レンジと炊飯器で作る超かんたん料理 UDレシピ本」の企画編集も担当。 「イクラって鮭(さけ)イクラと鱒(ます)イクラがあるみたいだけど、具体的には何が違うのだろう?」 本記事では鮭イクラと鱒イクラの違いについてわかりやすく説明します鮭(さけ)イクラと鱒(ます)イクラの違い細かい話は置いておいて、ざっくりと document.getElementById("tabirai_sidebar_recomend_feature_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; 北海道のホッケは別格だそうですね~。ウチの頑固な夫は、ホッケだけは東京のスーパーに出回っているのを一切食べません。 ぜひ函館に行ったら筋子を食べてみようと思います。全然違う食べ物だと感じるかも・・・。, 函館に来たら多分ビックリすると思いますよ~。後、ホッケは間違いなく北海道の奴が最強に美味しいですよ。, 因みに東北を貶してる訳ではないですよ。 もちろん、見た目は明らかに違いますよね。 この花は朝顔と昼顔、どっちなの?朝顔と昼顔の違いって何なの? まさか、そんな落差があるとは!!!, ・・・というか、イクラも筋子も大好きですが、私の食べているのは こっちのスーパーの筋子は正直臭くて食べれない。, 正直イクラは食べなれてないし、筋子に比べて少し水っぽいのであまり好みではありませんね。, コメントありがとうございます。 document.getElementById("tabirai_sidebar_area_txt_hdfAct_PcmGpId").value = vstrPcmGpId; ただ、お湯だと手間がかかるし、お湯が熱過ぎると白く変化したまま元に戻らず失敗すること等もあり、近年はお湯を使わずに取る方法が色々ネット上で紹介されています。 趣味の料理や手芸の話や、子育てや親戚付き合いで苦労した話、マナー、買い物、専門的な知識などを中心に役立つ情報を綴っています。(この画像はインコをモチーフにした手作り水筒ホルダーです。), 個性的な発想をする主婦の、ちょっとした工夫綴り。お悩み解決のヒントになれば幸いです。. 筋子は、鮭(さけ)や鱒(マス)といったサケ科の魚の卵を、バラさず、卵巣に入ったまま、塩漬や醤油漬にしたものです。 いくらとの違いは? 筋子もいくらも、親は同じで「鮭」や「鱒」です。 鮭と鱒は非常に種類が多く、シロサケ・カラフトマス・ベニサケ・マスノスケ・ギンザケ・サク document.getElementById("tabirai_sidebar_all_japan_txt_hdfAct_PcmCmId").value = vstrPcmCmId; 他にも、かきつばたやアイリスなども似ていて違いが分かりづらいですよね。 //--> これらのの卵のことをますこ(ます子・鱒子)といいます。 ます筋子もマスいくらもひっくるめて「ますこ」 ますの卵は親のお腹のなかでは薄い膜に包まれています。この膜に包まれた状態を「筋子」といいます。 また、上記の筋を外すと「いくら」と呼ばれる状態になります 「ますこ」はます この写真の花は何かご存知ですか? 食べても問題ないか分からない人も少なくな... 娘と一緒に町を歩いていたらこんな花がありました。 //-->. ... 赤ちゃん用の手口ふき、おしりふきを2つ持ち歩くのは荷物がかさばるから 函館市民さんの知っている「食べられないレベル」なのかも(;^ω^) } イクラは鮭の卵で筋子はマスと鮭に限らず魚介類全般の卵と捉えてよろしいのでしょうか?生鮮食料品売り場で筋子を見て、自分の持っていたイクラのイメージと大幅にかけ離れていたのにびっくりしました。イクラと筋子は別物ですよね?もし 資格:北海道フードマイスター、北海道観光マスター、消費生活アドバイザー、食生活アドバイザー、旭川大雪観光文化検定1級、日本酒ナビゲーター、初級障がい者スポーツ指導員、北海道ボッチャ協会審判員・普及指導員, 北海道観光で絶大なる人気を誇るグルメが、どんぶりからこぼれるほど「いくら」がのったいくら丼です。キラキラと艶やかな赤い粒の「いくら」は、プチっと弾けて濃厚なおいしさが口の中いっぱいに広がります。今回は、そんな「いくら」の魅力をご紹介します。, 築地の王様 いくら 醤油漬け 500g 新物 正規品 鱒子 鱒卵 鱒いくら醤油漬け, 「いくら」の親魚であるサケの都道府県別水揚げ量は、北海道がトップで約86%のシェアを誇ります。まさにサケとあわせ「いくら」は、北海道を代表するグルメです。北海道では、秋になるとスーパーや市場に「生筋子」が並び、多くの家庭では自家製の「いくらの醤油漬け」を作って秋の味覚を楽しんでいます。, 「いくら」は、サケやマスの魚卵で、卵巣膜という卵の周りの薄い膜から分離して1粒ずつに分け、塩漬けまたは醤油漬けにしたもののことです。「いくら」の語源はロシア語で”魚卵”や”小さくてつぶつぶしたもの”からきており、ロシアではたらこやキャビアなど、サケ・マス以外の魚卵もすべて「いくら」と呼ばれています。, 「いくら」を塩漬けにして食べる習慣が日本に伝わったのは、明治37年~38年の日露戦争の時にロシアの捕虜がキャビアの代用品としてつくったのが始まりと言われ、大正時代には樽詰めにされたイクラの塩漬けの製造が行われるようになりました。, 「すじこ」は、「いくら」と同じサケ・マスの魚卵です。まだ未熟な卵で卵巣膜により筋のようにつながった状態のものをいいます。この「すじこ」から膜を取り除きバラバラにしたものが「いくら」です。一般的に塩漬けに加工されて販売されていて、加工される前のものは「生筋子」と呼ばれています。, 「すじこ」と「いくら」では、採卵する時期にも違いがあり、「すじこ」のほうが未熟な状態の卵のため食感がやわらかで、「いくら」は産卵間近の卵巣を使うので、卵は成熟していてプリプリと張りのある粒になります。, 一般的には、塩漬けに加工されることが多い「すじこ」ですが、醤油漬けされた商品も販売されています。食塩だけで味付けされる“塩漬け”に比べて、“醤油漬け”は、醤油の他にお酒やみりんなども加え、旨みが増すために塩分を抑えられるのが特徴です。日本人の食生活においては、塩分の取りすぎを指摘されることが多く、“塩漬け”に比べ塩分が少なめの“醤油漬け”が最近では人気となっています。, サケ・マスの最大の水揚げ高を誇る北海道では、秋になるとスーパーや市場に新鮮な生筋子が並び、手軽に手に購入できます。生筋子が手に入ったら、筋のようについている卵巣膜を外して、粒がバラバラの「いくら」の状態にします。, 生筋子は、粒のひとつひとつが鮮やかな朱色で、表面の膜に張りのあるものを選びます。粒の大きさは、サケ・マスの種類や時期によって違うのであまり気にする必要はありません。膜に張りがなく、膜から見える血合いや筋子全体が赤黒く見えるものは鮮度が落ちているので避けるとよいでしょう。, 用意するものは、ボール、ザル、お湯、塩だけとシンプルで、意外に簡単に作ることができます。, 3.生筋子を湯に投入し、手でほぐすように混ぜ、薄皮や筋が剥がすようにして卵をバラバラにする。, 5.しっかりと血合いや膜が取り除けたら、ザルに上げて5分ほど置いてしっかりと水を切る。, ④冷蔵庫に入れて半日から1日経てば、食べ頃のピカピカの「いくらの醤油漬け」が完成!, いくらの醤油漬けは、豪快にご飯にのせて”いくら丼”で食べるのが最高ですが、ほかにも”いくらの醤油漬け”を使った簡単に作れる料理がありますのでご紹介します。, よく汁を切った大根おろしにいくらの醤油漬けを混ぜるだけ。器に盛ったら上に柚子の皮を細って添えると彩が良くなります。また、柚子の実をくり抜いて皮を器にして盛り付けると、まるで料亭で出てくるような豪華なお酒のおつまみになります。, ②スパゲッティは、大きめの鍋に水をたっぷり入れて沸騰させ、大さじ2の塩を加え固めに茹でます。スパゲッティを茹でたお湯は少し残しておきます。, ③フライパンにオリーブオイルを入れ、①を軽く炒め、そこに②の茹でたスパゲッティと残しておいた茹で汁を少量入れて炒め合わせます。, 北海道を代表するグルメである「いくら」。「いくら」と言えば高級食材で、回転寿司でも、他のネタより1ランクも2ランクも上の特別扱いで、高級そうな色のお皿に乗ってでてきます。また、お寿司や海鮮丼だけでなく、その美しい色から和食、洋食問わずちょっと添えるだけでも料理が華やかになります。ぜひ、皆さんも「いくら」で食卓を華やかにしてみてくださいね。, ペッパーミルおすすめ16選!プジョーVS格安ミルを徹底比較【100均ミルは使えるか! document.getElementById("tabirai_sidebar_area_txt_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; また、ブーンという羽音を聞くと怖いと怯える子供も多いですが、これは克服できるのか、 と子供に聞かれて困ったことはありませんか。 プチっと弾けて濃厚なおいしさが魅力の「いくら」。同じ魚卵の「すじこ」との違い、皆さんはご存じですか?北海道在住の道産子ライターが「いくら」と「すじこ」の違いを徹底解剖!さらに、お家で簡単にできる醤油漬けレシピやお正月にお得に食べる為の冷凍方法についておご紹介! 一般的な方法は、生筋子はお湯を使ってほぐします。 そして、鮮度によって塩漬け加工する時の塩分も変わってくるので(新鮮なら塩を多く使わずに済むけど、新鮮でない場合は長期保存のため塩を多めに使うため塩辛くなる)美味しさの特徴であるツブツブ感も損なうことがあり、当然それらは値段に反映されてきます。, もちろん筋子でも、美味しい物は多く流通していますが、やはり値段に表れるのですよね。, いくらと筋子、味が同じなら、筋子を自分でほぐせばいくらとして食べられる、と考えたくなりますよね。 ?】. 今は秋田に住んでますが、秋田は磯魚と根魚が美味しいんですよ。 ただ、基本的に同じ卵なので、味は(同じ種類の魚の卵なら)一緒ということになります。, ちなみに、厳密に言うと、「いくら」はロシア語で、ロシアで「いくら」というと、「魚の卵」の意味であり、鮭鱒以外でも魚なら何でもOKとなっています。日本では鮭と鱒に限定されていますが、筋子の場合、何の卵かによって、筋子でなく、ベニコ(紅鮭の卵)、マスコ(鱒の卵)、ギンコ(銀鮭の子)、トラウト子(トラウトサーモンの卵)などのような言い方もあります。, スーパーで比較的多く見かけるのがアラスカ産のベニコですが、これは紅鮭の卵だからか、色は赤です。時間の経過と共に赤色は黒色へと変わっていきます。粒は比較的大きいのですが、ちょっと塩辛い物が多いです。, いくらと筋子の値段は明らかに違いますが、これは手間の違い(1粒1粒バラしてある)というのもありますが、いくらは成熟している卵に限定されているという部分が値段に表れているでしょう。, 筋子は上でお話ししたように鮭鱒といってもその中でいろんな種類の卵が使われていますが、魚によって色が違うし、甘みなども違ってきます。 後、夏の岩ガキも絶品ですよ!, こんにちは。度々コメントありがとうございます。 } 北海道では鱒でもイクラを作り、「マスコ」「マスイクラ」「鱒子醤油漬け」と呼ばれている。同じサケ科に属し、見た目ではほとんど区別ができない鮭と鱒。マスコの特徴は、イクラよりも小粒であ //-->,