(『野菊の墓』より引用) 野菊が好きでしょうがないという民子にかける言葉ですが、その後に「野菊が大好きだ」と続けることで、立派な告白になるわけです。 野菊の会話の後で、民子が考えこんでしまった理由。 「私つくづく考えて情けなくなったの。 Ǻܤε­»ö¡¦¼Ì¿¿¤Î̵ÃÇžºÜ¤ò¶Ø¤¸¤Þ¤¹¡£¤¹¤Ù¤Æ¤ÎÆâÍƤÏÆüËܤÎÃøºî¸¢Ë¡Ê¤Ӥ˹ñºÝ¾òÌó¤Ë¤è¤êÊݸ¤ì¤Æ¤¤¤Þ¤¹¡£. あなたのおすすめの絵本を教えてください! ちなみに本作はスマホアプリ「オーディオブック」で30日間無料で聞くこともできます!, 本作は作者・伊藤左千夫の最初の作品であり、夏目漱石が「何百篇読んでもよろしい」と絶賛したことで有名です。現在は岩波文庫などから発行されています。, 物語の語り手である僕(政夫)には、十年以上経ってもどうしても忘れられない、思い出すだけでも涙が出てくる出来事がありました。, それは彼が、15歳の時の話。病弱な母の看護や家事の手伝いなどをするために、親戚の家からいとこ・民子に来てもらっていました。当時、彼女は17歳。2人は幼い頃から仲良しで、それは今も変わりません。, 掃除の合間などに、彼が勉強している座敷に遊びにやってきたり、ちょっかいを掛け合ったりして、それなりに楽しく過ごしていました。しかし微妙な年齢である2人に、周囲の目に冷ややかさが混じり始めます。, ある日、彼らは山仕事を命じられて出かけます。それは2人きりの、とても楽しい時間でした。花を摘んだり、他愛ないおしゃべりをしたり……。ずっと幼馴染で仲良しだった2人。しかし政夫は、彼女の美しさに気づき、そして恋心を自覚したのでした。それと同様に、民子も自分の心に気づくのです。, 楽しかったこともあり、彼らの帰りは思いの他帰りが遅くなってしまいました。しかし、そのことをきっかけに、2人の運命は大きく変わってしまったのです。, 本作のメインとなるのは、山歩きの時間です。1つ1つの会話や行動が、子供の無邪気な様子から淡い恋心を通わせる甘い雰囲気に変化していくさまを表しているといえます。, 本作で有名なセリフ「民さんは野菊のような人だ」「僕は野菊が大好きだ」などの微妙な会話は、この時間に生まれたものです。, 本作は何度も、映画化や舞台化がされています。もっとも新しいものだと松田聖子が映画で主演を務め、舞台では宝塚歌劇や、座などが演じています。またドラマでは、1977年に山口百恵が民子を好演し話題となりました。, ちなみに本作はスマホアプリ「オーディオブック」で30日間無料で聞くこともできるので、2人の切ない恋路の様子を耳で味わうのもおすすめです。, 伊藤左千夫は、明治時代に活躍した日本の歌人であり、小説家。正岡子規に師事し、彼の亡き後は意思を引き継いで若い歌人たちの育成に力を尽くしました。, 彼は千葉県出身ですが、本作も千葉県松戸市が舞台となっています。政夫と民子の別れの場面となるのが、千葉県松戸市に存在する矢切の渡しなのです。, 彼が生まれたのは、幕末。新しい時代とともに成長した10代であったといえます。さまざまな形の学問が流れ込み、それを吸収していった時期は、かなり濃厚なものであったと思われます。, そんな彼は20代で家出をしたり、牛乳搾取業の商売を始めたりと、かなり行動的なタイプだったよう。文学に関わるようになったのは、30歳を過ぎてからでした。, 本作が書かれたのは、40代になってからのこと。彼の作品は、男女の繊細な心の動きを表したものが多いのが特徴です。それはきっと、さまざまな経験を積み重ねた若い時代があったからこその、独自の世界観あってのものだったのでしょう。, 『野菊の墓』の民子にはモデルがいたという説があります。それは複数存在するようです。, 左千夫が若い頃心を通い合わせていた近所の娘で、結婚を反対されて別れた女性であるという説。彼が家出をして、矢切の渡し付近で働いていた頃知り合った娘さんであるという説もあります。この女性とは、彼女の親に反対され別れますが、彼女の行く末が民子に似ているのです。, その他にも、彼の愛人説などがありますが、民子のモデルは特定の1人ではなく、それぞれの女性たちの魅力的な部分を寄せ集めたのではないかという意見もあります。実際のところはわかりませんが、1番説得力のある説かもしれませんね。, 「民さんは野菊のような人だ」のお返しとして、民子が口にする「政夫さんはりんどうのような人」という言葉も有名ですね。, りんどうとは紫色の、秋に咲く代表的な花です。「どうしてりんどうなのか」という政夫の問いかけに、民子は「どうしてということはないけれど、りんどうのような風だから」と曖昧な返しをしています。これは先に政夫が言った「野菊のような人」、「僕は野菊が大好き」という一連の言葉のお返しなのです。, 彼の場合も、「どうして野菊?」と聞く民子に、同じように「野菊のような風だから」と答えています。しかし少しだけ違うのは、民子はりんどうを手にして、すぐに「りんどうが好きになった」と述べています。その後に、政夫のことを「りんどうのような人」と続けるのです。, 幼いながらも、こんな告白ができるなんて、政夫も民子もなんて素敵なんでしょう。はっきりとした告白でないところも、またキュンとくるポイントです。, 小説は想像の世界です。本作は時代設定が古く、時代物などに馴染んでいないと、文化や風習が容易に想像できないということもあるのではないでしょうか。しかし漫画であれば、それらのものを絵として学んで、確かめながら読み進めることができます。ストーリーにも集中できますね。, 漫画によっては自分が頭の中で描くイメージや、人物像とのギャップがあるものも少なくありませんが、こちらの絵は多くの人が抵抗なく入っていける人物描写の絵になっているのではないでしょうか。, 服装や所作を含め、主人公の2人の表情もさわやかで、「淡い恋物語」というイメージを損なわないものになっています。また1つ1つの絵も大きめで、わかりやすい漫画です。, 野菊が好きでしょうがないという民子にかける言葉ですが、その後に「野菊が大好きだ」と続けることで、立派な告白になるわけです。, 突きつけられる現実に、彼女の本気度がうかがえます。しかし、これに対する政夫の返答がいたって呑気なのです。一体彼は、なんと返したのでしょうか。, 愛を育んでいた幼い2人は、大人たちによって引き裂かれてしまいます。山仕事での帰りが遅くなったことに腹を立てた政夫の母が、彼を予定より早く東京の学校の寮に入れることに決めたのです。, 彼らは正月に会うことを約束し、別れました。再開を信じていた2人。しかし、正月に会うことはできませんでした。, 民子は勝手に縁談を進められ、正月も実家から出ることを許されなかったのです。縁談を拒む彼女。しかし、政夫の将来を考えて身を引いた方がよい、という言葉に負けて、結局縁談を受け入れてしまうのでした。, 一方政夫は彼女の事情など知る由もなく、約束どおり会えなかったことにショックを受けます。そんななか、民子の実家に嫌気を差したお増が彼の前に現れ、今の状況を説明しました。彼は慌てて、彼女の実家へと向かいます。, なんとか彼女に再開し、彼は一輪のりんどうを渡しました。しかし、それが精一杯で、言葉を交わすことができません。それでも彼の想いを受け止め、民子は涙を流すのでした。, それからしばらくして、政夫の元にある報せが届きます。それは、とても信じがたいものだったのです。彼らの恋の結末。それは、ぜひ実際に本を手に取ってお確かめください。, もしかしたら周りの大人たちは、彼らのことを思って行動していたのかもしれません。しかし、それは本当によいことだったのでしょうか。結果的に、彼らを苦しめただけだったのではないでしょうか。, 本当の幸せとはなんなのか、それを考えさせられる作品です。純愛を貫いた2人の真っ直ぐな愛と、本人たちに関係なく引き裂かれてしまう切なさに、読んでいて胸が締め付けられることでしょう。, 自由な恋愛が許されない、親や大人の意見が絶対であった時代が、かつての日本にはありました。『野菊の墓』で時代を振り返り、現代の幸せや、自由恋愛について、ふと考えてみる時間を持ってはいかがでしょうか。, ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。, 有村架純が実写化で出演した映画、テレビドラマの原作を紹介!「かわいい」が溢れる役総まとめ. 趣味は一眼レフで動物撮影 その本との思い出、学び、感じたことなんかも一緒に教えてくれるとみんな喜びます^^. 『野菊の墓』(のぎくのはか)は、伊藤左千夫の小説。1906年1月、雑誌「ホトトギス」に発表。, 15歳の少年・斎藤政夫と2歳年上の従姉・民子との淡い恋を描く。夏目漱石が絶賛。左千夫の最初の小説である。, 左千夫の出身地である千葉県山武市の1991年(平成3年)5月に完成した伊藤左千夫記念公園には、政夫と民子の銅像が建立された[1][広報 1]。, また、この作品の舞台となったのは、千葉県松戸市矢切付近であり、同地区には伊藤左千夫の門人である土屋文明の筆になる野菊の墓文学碑が1965年(昭和40年)5月に完成した[2]。また、矢切の渡しは、政夫と民子の最後の別れの場となった所である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=野菊の墓&oldid=79658660. - music-enta - 平清盛, 野菊の墓 - プルメリアの伝説 天国のキッス - 夏服のイヴ - カリブ・愛のシンフォニー - どっちもどっち - サロゲート・マザー, 聖子ちゃんカット - Bibleシリーズ - ファンティック - サンミュージックプロダクション - ソニー・ミュージックレコーズ - ユニバーサルシグマ, 山口百恵は、1980年3月7日に三浦友和との婚約発表と芸能界引退を同時に発表したが、婚約はまだしも、まだ21歳で人気絶頂でもあり、芸能界引退に関しては当時のマスメディアは懐疑的だった, 『シネマの記憶装置』(1985年)、『映画狂人シネマの煽動装置』(200年)に収録。, We Love SEIKO -35th Anniversary 松田聖子究極オールタイムベスト50Songs-, Seiko Matsuda Single Collection 30th Anniversary Box 〜The voice of a Queen〜, Jewel Songs 〜Seiko Matsuda Tribute & Covers〜, Precious Moment 〜1990 Live At The Budokan〜, Seiko Matsuda Zepp Tour 1999 〜137分33秒の奇跡〜, Seiko Matsuda Concert Tour 2000 20th Party, Seiko Matsuda Concert Tour 2001 LOVE & EMOTION, Seiko Matsuda Concert Tour 2002 Jewel Box, SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2003-2004, 25th Anniversary SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2005 fairy, SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2005-2006, SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2006 bless you, SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2006-2007, SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2007 Baby's breath, SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2007-2008, SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2008 My pure melody, SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2008-2009, Seiko Matsuda Concert Tour 2009 "My Precious Songs", Seiko Matsuda COUNT DOWN LIVE PARTY 2009-2010, SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2010 "My Prelude", Seiko Matsuda COUNT DOWN LIVE PARTY 2010-2011, SEIKO MATSUDA Count Down Live Party 2011-2012, Seiko Matsuda Concert Tour 2012 Very Very, SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2013 "A Girl in the Wonder Land" 〜BUDOKAN 100th ANNIVERSARY〜, 2013 New Year's Eve Live Party 〜Count Down Concert 2013-2014〜, 〜Pre 35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2014 Dream & Fantasy, 〜35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2015 "Bibbidi-Bobbidi-Boo", Seiko Matsuda Concert Tour 2016「Shining Star」, Seiko Matsuda Concert Tour 2018 Merry-go-round, Video the LOVE 〜Seiko Matsuda 20th Anniversary Video Collection 1996-2000〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=野菊の墓_(映画)&oldid=77436092, 立川健二郎は「山口百恵が男性、女性に人気があったオールマイティとすれば、松田聖子の場合は女性に人気が無い。百恵との比較論であるが、企画よりも前に、人気歌手を引っ張り出し明らかにタレント優先の映画であるだけに、この差はかなり大きい。だから"ポスト百恵"というのは、おこがましい」などと評した, 浜野優は「どう見ても、これが監督昇進第一回の作品とは思えない。まるでベテラン監督がソツなく作り上げた手慣れた巧さを感じる。悪く言えば、若々しい熱気と実験性に乏しく、新人監督に期待する挑戦の意気込みに欠ける。松田聖子というスター歌手を"ポスト百恵"の商魂で売り出す一番手の重責を、澤井信一郎は、まずは如才なく切り抜けたといってよい。しかし『民さんは野菊のような人だ』のような科白が、今日の独善的なヤング世代にどのように受け入れられるのだろうか。気の効いた恋愛パロディとして哄笑される予感さえする。思えば『. 『野菊の墓』(のぎくのはか)は、伊藤左千夫の同名小説を原作とし、1981年8月8日に公開された東映東京撮影所、サンミュージック製作、東映配給の日本映画である。松田聖子の初主演作、及び澤井信一郎の初監督作品。, 1955年の『野菊の如き君なりき』(監督:木下惠介)、1966年の『野菊のごとき君なりき』(監督:富本壮吉)に続く3度目の映画化。初めて原作と同名タイトルで映画化された。, 企画は東映プロデューサー・吉田達[3][4]。吉田は東陽一監督が1979年に『もう頬づえはつかない』を低予算で製作しながら大ヒットさせた手腕に感心し[5]、劇場に女性客が多いことに驚いた[5]。女性客は画面の軽快なナウい会話に、一々反応して楽しんでいる[3]、東映調とは全く違った洋画テイストと、さりげないエンディングに興奮した[3]。さっそく東と組み、烏丸せつこ主演で『四季・奈津子』(1980年)を製作し[5][6]、当時の日本映画では珍しい女性映画を小ヒットさせた[5][7]。また東映本社近くの喫茶店に入ったとき、若いカップルの行動を観察していたら、主導権が女性が持っていることに気づいた[4]。女性が観たい映画を男性も付き合っている、それなら、自分の大好きな木下惠介監督の『野菊の如き君なりき』をリメイクして、女性が泣ける『野菊の墓』をやってみたい、主演は人気が急上昇していた松田聖子で作ってみたい、と思いついた[4]。吉田は東映が全社的に荒々しいタッチの映画に傾斜していく中、女性路線は諦め、会社の意向に沿う企画を心がけていたが[3]、先輩女優もおらず、男優オールスターに囲まれながら自力で育った佐久間良子と三田佳子に対する思いがあり[3]、いつかまた女性映画を手掛けてみたいという気持ちを持ち続けていた[3]。吉田は岡田社長の指示で[8]、1977年から角川春樹に[7]、1978年から西崎義展の担当プロデューサーとして三年半、外部出向し[7][8]、プロデューサー主体の映画作りを勉強させられていた[7][8][9]。, しかし問題はその岡田茂東映社長の説得[4]。岡田は1971年の社長就任以降、1978年まで副社長、専務どころか、常務すら一人も置かず[10][11][注 2]、1986年にようやく専務を置いたが、長く自分以外に役員を置かない[14]完全なワンマン体制を敷いていて[10][15][16][17]、代表権者を盾に[17][18]、岡田好みの企画しか絶対に通さず[16][17][18]、岡田が了解しなければ東映で映画は製作されなかった[16][17][18][19][20]。, ある日、企画会議で岡田が「ヤクザ映画は男性が女性を連れてくる」と言ったため、吉田はすかさず手を挙げ「『クレイマー、クレイマー』を観ているカップルは、男性は眠っていて女性が涙しています。今は女性が男性を連れてくる時代なんです」と意見したら、「そんなことわかっとる! 政夫は民子の墓の周りに、好きだった野菊を一面に植えた。 原作は、伊藤左千夫で、百恵さんや聖子さんがTVや映画で民子を演じている。 矢切の渡しで江戸川を渡って20分、「野菊のこみち」をたどって野菊の墓の記念碑が建つ西蓮寺(千葉県松戸市下矢切261)に向かった。 15歳の少年・斎藤政夫と2歳年上の従姉・民子との淡い恋を描く。 夏目漱石が絶賛。左千夫の最初の小説である。. 1966年に大映東京から公開された「野菊の如き君なりき」は 前作監督と脚本を担当した木下惠介さんは脚本のみ、 監督をドラマ「家政婦は見た!」シリーズの富本壮吉氏が担当。 1981年「野菊の墓」 1981年に東映配給で公開された「野菊の墓」 野菊の墓の民子は何歳でこの世を去ったんでしょう?わかる方教えてください。 「野菊の墓」の物語の冒頭で語られている二人の年齢が、民子17歳政夫15歳その年の秋ごろに二人の仲が良すぎるというので … 政夫と民子は仲の良いいとこ同士だが、政夫が十五、民子が十七の頃には、互いの心に清純な恋が芽生えていた。しかし民子が年上であるために、ふたりの思いは遂げられず、政夫は町の中学へ、民子は強いられ嫁いでいく。数年後、帰省した政 『野菊の墓』(のぎくのはか)は、伊藤左千夫の小説。1906年1月、雑誌「ホトトギス」に発表。. 2003年 - 演劇倶楽部『座』詠み芝居「野菊の墓」/演出:壤晴彦 出演:成田浬、美咲歩 場所: 2007年 - 演劇倶楽部『座』詠み芝居「野菊の墓」/演出:壤晴彦 出演:高野力哉、美咲歩 場所:東京芸術劇場小ホール. 『野菊の墓』(のぎくのはか)は、伊藤左千夫の同名小説を原作とし、1981年 8月8日に公開された東映東京撮影所、サンミュージック製作、東映配給の日本映画である。 『野菊の墓』のあらすじ 『野菊の墓』は15歳の少年・政夫と2歳年上で17歳のいとこ・民子との純情で淡い恋心を描いた1906年に出版された物語です。 15歳の政夫は小学校を卒業したばかりで、病気の母親と2人で松戸の矢切の渡を東へ渡った矢切り村の小高い丘に住んでいました。 年齢性別問いません。 『野菊の墓』は15歳の少年・政夫と2歳年上で17歳のいとこ・民子との純情で淡い恋心を描いた1906年に出版された物語です。, 15歳の政夫は小学校を卒業したばかりで、病気の母親と2人で松戸の矢切の渡を東へ渡った矢切り村の小高い丘に住んでいました。, 母親の看護や世話をするために、政夫のいとこで17歳の民子が手伝ってくれていました。 すべての画像・データについて無断使用・無断転載を禁止します。. amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="virgos912-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="auto"; amzn_assoc_height ="auto"; amzn_assoc_default_search_category =""; amzn_assoc_default_search_key ="野菊の墓";amzn_assoc_theme ="light"; amzn_assoc_bg_color ="FFFFFF"; 2人の心に秘めていた淡い恋心が野菊になぞらえて通じ合い、お互いを意識し合った瞬間です。. 「野菊の墓」は、まだ年齢的に幼い恋人たちのはかない恋を描いた物語です。 しかし、それゆえに純粋で読む人の心に失われた恋の悲しみがストレートにせまってきます。 政夫と民子はあまりにも仲が良すぎたため、政夫の母から注意を受けます。 「野菊の墓」に登場する政夫は、結ばれないまま若くして亡くなった民子への思慕を生涯、持ち続ける。それと同じような思いを抱いた体験は、� !」と30分間説教された[4]。岡田は撮影所長時代は企画者たちを週に一度集めて話し合いをしていたが、社長になってからは「プロデューサーはアイデア勝負だから、いつでも社長室に来い」とプロデューサーに伝えていた[4]。吉田が「女性が泣ける『野菊の墓』をやりたいんです!」と岡田に訴えたら、案の定、「松竹に持って行け!」と言われて終わり。検討すらされなかった[4]。, 企画が通る前の1980年10月25日、吉田は新宿コマ劇場横のアマンドで、松田聖子の所属事務所・サンミュージック・森口健専務と交渉[3]。「東宝から既に松田聖子主演企画が持ち込まれている」といきなり言われ、目の前真っ暗に。ハードタッチの東映からの話に「それで..東映さんはどんな企画で?」と不安そうに言われた[3]。ところが「『野菊の墓』を」と伝えると森口の顔が途端にほころんだ。サンミュージック企画部の第一位案が『野菊の墓』だった[3]。こんなことは滅多になく、単なるアイドル映画ではなく、きちんとした文芸作品に松田聖子を主演させるという基本線も全く森口と意見が一致した[3]。サンミュージック・相澤秀禎社長の了解も得て、撮影に充てる10ヶ月先に約二週間の松田のスケジュールを押さえてもらった[4][7]。しかし岡田社長がなかなか企画を通してくれない[4]。人気絶頂になりつつあった松田聖子をせっかく押さえたのにその価値が分かってもらえない。何度も岡田にアタックをかけてもダメで[7]、困り果て営業のトップである鈴木常承営業部長に岡田の説得を頼み[4]、1980年11月12日、東映本社で行われた映画企画プロジェクト会議にて、岡田がようやく企画を承認した[7]。会議終了間際に岡田が「ドスもピストルも出てこない映画を、俺もOKする時代になったか」と言ったら、一同爆笑した[3][7]。, サンミュージックサイドとしては、松田が郷ひろみとの噂が立ち始めたため[21]、その対応策としてサンミュージックと所属レコード会社・CBS・ソニーとで話し合いがもたれ、CMを持っていた資生堂から「噂が立てば、レコードの売り上げが落ちることは否定できません」と示唆され[21]、松田を郷のイメージに固定させないために企画されたとされる[21]。山口百恵と三浦友和のように、映画やテレビドラマの共演を切っ掛けに、恋人関係に発展したケースも多く、またファンもそのように見ることも多いことから[22]、それを期待したものと考えられる[23]。, 1980年暮れにかけての松田の人気爆発で[24]、東宝、松竹も松田の映画主演企画を連日、サンミュージックに売り込む事態となったが東映が選ばれた[24]。松田に『野菊の墓』出演が伝えられたのは1981年の正月で[25]、松田は内容は忘れていたが、中学の時に原作を読んだことがあり引き受けたという[25]。撮影が始まる5月までに髪を伸ばしてカツラでなく、自分の髪で民子の髪型に結いたいと最初は話していた[25]。, 吉田が岡田社長にサンミュージックの意向を伝えると、岡田は監督に市川崑を構想[3][4][7]。1980年11月27日、吉田に交渉に行かせた[3][4][7]。自身は東映本社で待機[3]。しかし市川には「"派"が違う」と断られた[3][4]。青山の市川の事務所から銀座の本社まで帰路に着く10分間のタクシーの車内で、吉田は算段を巡らせた[7]。「予算が多くない中、大監督に断られた以上、若い意欲とフレッシュな感性を起用して、ギャラの差を製作費に投入できないか、そうだ、社員のチーフ助監督の澤井信一郎が純粋な作品をやりたいと言ってたな」と考えていたら[3][4]、あっという間に本社に到着し、社長室に直行。市川に断られたと報告すると岡田は"派"の話に感心した[4]。続いて先の発想を上申すると岡田に「誰かいるか?」と言われたので、「澤井チーフ助監督が、二、三週間、日曜になると我が家に来て『野菊の墓』の監督は私以外にない、是非、監督させてくれ、と強烈に迫っています。彼の情熱に応えて、監督に起用させて下さい」と真剣に頼むと、「よし、じゃあ澤井を呼べ」と言われ、翌日、吉田と澤井で岡田に会い、澤井の監督起用が決まった[3][4][26]。澤井も木下監督の『野菊の如き君なりき』が好きだったこともあり引き受けた[26]。何も知らない澤井には、咄嗟に作り話をした事情を説明し、岡田の前では話を合わせてくれと頼んでいた[3]。吉田は「岡田社長は自分の嘘は見抜いていながら、社長のプロデューサー的感覚が、澤井の才能を認めて起用に賛成してくれた。才能は、才能を認めて伸ばしてくれる上司がいなければ育たない見本だと思う」と話している[3]。, 澤井は助監督歴20年、42歳にして初監督作[27]。30歳を過ぎた頃から、本作のプロデューサー・吉田達らに何度も監督昇進を打診されていたが[3]、企画が気に入らないと何度も見送って「断り魔」のようになり、さらに1970年代後半から大作主義が来て、東映も自社製作が減り、監督をするチャンスは減った[3][27]。監督デビュー作は1974年の『任侠花一輪』の予定だったが、脚本の村尾昭と揉め辞退した[28]。東映社員の新人監督抜擢は1976年『横浜暗黒街 マシンガンの竜』の岡本明久以来で[26]、しばらく新人監督登用がなかったため[3]、撮影所の熱気が上がり、全員で澤井新監督をバックアップした[3]。澤井は「全編に渡り、木下さんの物真似にならないよう、どこまで木下さんから離れるか苦労した」と述べている[26]。, 1981年2月10日、東映本社8階会議室で、岡田茂東映社長、高岩淡東映常務、吉田達東映プロデューサー、相澤秀禎サンミュージック社長、澤井信一郎監督、松田聖子の6名が列席し、企画発表が行われた[29]。岡田東映社長は「相澤氏の全面協力を受け、松田聖子の主演でお盆作品として期待している。この作品を東映の新たな進路としてヤングを総動員してみたい」と話した[29]。相澤サンミュージック社長は「松田聖子を東映に全面的にあずけた。最初は原作ものを考えていたので、この『野菊の墓』はぴったり。主題歌になるようなものも考えている」と話した[29]。松田はサンレモ音楽祭から帰国した翌日に出席[30]。「デビューして1年になるが、素晴らしい役が出来てうれしい。前作は見ていないが、原作を読んで民子に感激した。映画は初めてなので、一生の思い出になるように、頑張っていい作品にしたい」と話した[29]。この日の会見で松田は映画で演じる民子の衣装で出席したが[30][31][32]、別の日に同じ衣装でマスコミ披露もあった[33]。サンミュージックは『野菊の墓』1本だけではなく、今後も積極的に協力したいと岡田東映社長に申し入れ、両者は松田聖子を東映の盆暮(夏休みと正月興行)の看板にしたいと構想した[34]。百恵・友和映画がなくなったため、松田聖子の人気をもってすれば、東映は大きなチャンスではないかという見方もあり[34]、関係者は「『野菊の墓』の成否により、今後の聖子の動向が決まる」と見ていた[21]。, "アイドル映画"は東映は得意と言えず[35]、東宝や松竹の方が実績があった[36]。松田の所属事務所であるサンミュージックの先輩タレント、森田健作や桜田淳子は、松竹が製作するケースが多かった[36]。松竹は、盆と正月に「男はつらいよ」をロングラン上映していたため、盆と正月に松田聖子の映画を看板にすることは出来なかった。「東映が最も東映らしからぬ映画[要追加記述]を製作すること自体が驚き」と言われた[36]。, 松田聖子の相手役を一般公募するパターンは、東宝の百恵・友和コンビが歩んだ道を踏襲したものであった[34][37]。製作発表が行われた1981年2月の時点で松田は"ポスト百恵"[注 3]と目される人気ナンバー1歌手と評されており[29]、「山口百恵引退後、アイドル歌手ナンバー1の座についた松田聖子が、映画の世界でも"ポスト百恵"をめざした主演第一作」と宣伝された[42]。マスメディアでも「松田聖子が"ポスト百恵"の座を獲得するかどうか、最初の映画『野菊の墓』にかかっている」と書かれた[25]。当時の芸能界は、山口百恵のように映画、テレビドラマに積極的に進出しなければ、歌だけのアイドルの人気は長持ちしないと見られていた[41]。デビュー直後の松田聖子は、歌手と女優の両面で語られる山口百恵のような存在になることを[43]、当初は目指していたものと考えられる[34][44]。松田自身もそれを意識していたといわれる[44]。山口百恵は、1975年の正月映画『伊豆の踊子』から、1981年の正月映画として引退記念映画『古都』が公開されるまで、5年の間、ホリプロと東宝で年2本、主演映画がコンスタントに製作され、興行の重要期間である正月とゴールデンウイークか、夏休みに公開された。岡田東映社長は、「東宝が山口百恵で売っていた8月を今度は東映で頂く。人気絶大となった松田聖子を夏の勝負どころに出す」などと話した[45]。, 松田聖子の売り出しは、サンミュージック社長・相澤秀禎がテレビCMの活用を第一戦略に据え[46]、当時"スターへの登龍門"といわれた資生堂と江崎グリコのCM出演のうち[47]、まず1980年4月に資生堂の洗顔クリーム「エクボ」のCMソングに起用された[41][48][49]。同月、これも"若手アイドルの登龍門"といわれた[50]『レッツゴーヤング』(NHK)に他の歌手に決まっていたサンデーズの代役メンバーとしてレギュラー出演[30][41]。山口百恵と同じレコード会社であるCBS・ソニーが、松田聖子を"第二の百恵"にしようと巨額な資金を用意して売り出しにかかり[46][51]、サンミュージックが異例中の異例の大バクチといわれた3000万円[46]、CBS・ソニー4000万円の総額7000万円を用意した[46][注 4]。1980年夏あたりから、マスメディアが言い始めた"ポスト百恵"の候補の一人になり[38][51]、二曲目の『青い珊瑚礁』が、江崎グリコのアイスクリーム・ヨーレルのCMソングとなり[41]、高野連から夏の甲子園入場行進のテーマソングに推薦され[51]、甲子園出場チーム全選手アンケートで人気ナンバーワンアイドルにも選ばれ関係者を驚かせた[41]。各プロダクションがラインナップした新人も強力であったが[46]、田原俊彦と共演するグリコチョコレート/セシルチョコレートのCM出演が決まった1980年9月以降は[41][47][52]、"二重丸の本命"[41]、"ポスト百恵"の最有力[38][53]、"ポスト百恵"の第一候補[54]などと呼ばれ始めていた。, 『野菊の墓』は、山口百恵が主演映画デビューする際、『伊豆の踊子』『絶唱』とともに、候補に挙がっていた作品で[55]、百恵のデビュー作が『伊豆の踊子』と決まった時点で『絶唱』『野菊の墓』など、百恵主演の名作路線も検討され[55]、百恵の文芸シリーズは路線化された。第二弾は『潮騒』になったが、第三弾の選定の際に『野菊の墓』は『絶唱』『たけくらべ』と共に最終候補に残り[56]、『野菊の墓』が第三弾に決定したと報道されたこともあった[57]。結果的に『野菊の墓』にならなかったのは、百恵・友和のコンビでは、お兄ちゃんイメージのある三浦では『野菊の墓』の政夫イメージにそぐわなかったものと見られ、『野菊の墓』が山口百恵主演でテレビドラマ化され[25]、土曜ワイド劇場枠(テレビ朝日、1977年7月9日放送、西河克己監督)で製作された際の相手役は、三浦ではなく佐久田修だった[25]。他にも過去に各社で企画が挙がったことがあり、東映が1965年の正月映画として本間千代子・岡崎二郎コンビで[58]、1975年には、日活が一般映画として谷口世津主演で映画化しようとしたがいずれも中止になった[59]。, 政夫役は一般公募オーディションで16歳から22歳までの男性と規定され[29]、2万人の応募の中から、1981年3月19日に最終オーディションが行われ、選ばれた当時16歳の高校生・桑原正(くわはら まさし)[25]。当時の『キネマ旬報』にも2万1000人の中から選ばれたと書かれているが[42]、監督の澤井信一郎は、何故か「"2000人"くらいの応募で[60]、書類選考で100人くらいを選び、自身が桑原を選んだ」と話している[60]。松田聖子の大ファンだったクリス松村も同じオーディションを受けたが落ちたという。脇を固める役者はスタッフで討議して決められたが、澤井は助監督時代が長かったため、過去に仕事をした人がほとんどだった[61]。初めてだったのは、村井国夫、加藤治子、白川和子の三人。特別出演の丹波哲郎は、澤井と親しいことから監督デビュー作のお祝いにとノーギャラ出演[62]。お増役の樹木希林は、澤井が樹木さんしかいないと、樹木と知り合いの高村賢治プロデューサーに必死に口説いてもらった[61]。当時樹木は離婚問題などで忙しく、松田聖子のスケジュールの他、樹木のスケジュールに合わせて撮影が行われた[61]。樹木、加藤治子、赤座美代子の三人が演出に対してうるさかったという[63]。, 脚本の宮内婦貴子は、山口百恵主演の『風立ちぬ』(1976年)の脚本を書いていることからの起用であるが、澤井とはかなり揉めた[26][64][65]。澤井は助監督というより、脚本家として大泉では通っており、一家言を持つため、脚本家と大抵揉める[66]。『シナリオ』に掲載された宮内名義のシナリオ決定稿について澤井は、「プロデューサーに許可を取って90%、自分が書き直したもの。宮内さんが書いた第一稿は15分のテレビドラマを4~5本分、団子の串刺しにしたもので、とても映画化に耐えられないシロモノだった。宮内さんはプライドの高い人なので、お互いの意見を出し合って、脚本の内容をたたき直すという作業が出来なかった」などと話している[65]。, 本作で松田聖子を演出するにあたり、大きな問題となったのがカツラ[60]。『野菊の墓』は明治時代の設定で、しかも農家の娘では断髪もままならない。澤井は、すっぽりと被る全カツラでなく、おでこの生え際の毛を生かし、自然に見えるカツラにしたいと考えたため、おでこは全て見えることになる。しかし松田は当時、日の出の勢いで「聖子ちゃんカット」と呼ばれるヘアスタイルが大人気。常に前髪をたらし、決しておでこを見せないという神話の中にいた[60]。松田も広いおでこは自身の欠点と分かっていて、おでこをさらけ出すのは屈辱的に感じ、おでこの出るカツラを嫌がった[37][67]。プロデューサーの吉田は、松田の所属事務所に遠慮し、おでこを見せてくれとは言い辛く、前髪をたらしたカツラでもいいんじゃないかと提案したが、澤井が「毅然とした態度で緒戦に望まないと、後で雪崩現象を起こす」と、松田との初顔合わせのとき、はっきり「おでこを見せますよ」と伝えた[60]。松田も所属事務所も理解してくれ、松田聖子が初めておでこを見せた、などと新聞に取り上げられるほどのニュースになった[60]。澤井は「たとえアイドルであっても一切気を遣わないで撮影する」と宣言した[4]。, コントラストを上手く出すため、絣の着物を派手なものから「地味なものまで20着を用意した[32]。, 東映東京撮影所にも多くのカメラマンがおり、新人監督の作品に他社からカメラマンが来ることは本来有り得ないが[26]、森田富士郎は、東映で西崎義展プロデュース、吉田達プロデュース補佐、吉田喜重監督で企画されていた『望郷の時』という作品が流れ[68]、吉田から「時代を心得た丁寧な画質が是非とも必要」と口説かれ[69]、本作に参加した[26]。初めての東京撮影所での撮影で、撮影照明スタッフに全く面識がないため、不安がる森田に吉田は「全員、メジャー東映組織の社員です。吟味しています。問題ありません」と説得した[69]。澤井は「自分の知らない光と影の使い方に驚いた」[26]、「ポジション、アングル、光線...どれ一つとっても非常に落ち着いて、まったく僕の思い通りに仕上げていただいた。すごく感謝しています」などと話している[68]。1971年の大映倒産後フリーだった森田は、本作以降、翌年の『鬼龍院花子の生涯』など、東映の文芸大作を多数手がけた。, "ロケハンの虫"澤井は[70]、監督を引き受けてすぐ、1980年11月末から美術と製作スタッフ3人と6ヶ月ロケハン[71]。原作は千葉県松戸市矢切村の江戸川べりだが、近辺に畑がないなど、イメージする場所がなく当地で撮影はされなかった[72][73]。映画で政夫の実家設定にした醤油醸造の工場は、森田が参加したロケハンで埼玉県狭山市の外れに小規模ながら営業を続けていた醤油工場の旧家を見つけた[69]。この旧家の構造・材質などを参考に東京撮影所に民家や土蔵、路地、内部のセットが作られた[71][69]。醤油工場は表側が埼玉で、裏側は群馬県藤岡市の酒屋[71]。この酒屋で松田ら俳優参加のロケが行われた[74]。小舟が擦れ違う川は、群馬県の利根川上流[71]。景色は色々な箇所を合わせたもの[71]。, 最初は20日間の撮影スケジュールを約束してもらっていたが[4]、松田が1981年に入ってさらに人気を拡大させたため、サンミュージックから「10日間で撮影して欲しい」と申し出があった[4]。交渉の末、何とか粘り20日間のスケジュールを確保[4]。スケジュールも長野県などに泊りがけで行けるように理解を示し、一週間のうち、他のレギュラー番組の関係で[31]、火、水、木曜の3日、4日続けて時間を取り[61]、これを二か月の間、数週に分けて計19日間[60]、22日間[67]を確保してくれた。澤井は『野菊の墓』のためにサンミュージックは数億円損をしたのでないかと話している[61]。山口百恵の主演デビュー映画『伊豆の踊子』で山口の撮影にあてられた期間は僅か一週間だった[75]。木曜日の『ザ・ベストテン』(TBS)で、撮影所とロケ先が計4回あり[61]、4回とも撮影地で生中継された[61]。澤井も4回ともテレビに映っている[61]。, 松田聖子の映画初出演にサンミュージックも大ノリで[72]、シャワー、トイレ、冷蔵庫付きのロケ用にシボレー81年型のキャンピングカーを1000万円で購入した[72][76]。畑の真ん中のロケで、ファンに取り囲まれてはトイレもままならないという配慮であった[77][76]。会社所有のもので、松田の専用車というわけではなかったが[76]、日本の俳優でキャンピングカーを持っていたのは当時でも勝新太郎と石原裕次郎ぐらいで、女優では初めてだった[76]。映画全盛時代なら「新人のくせに生意気な」と総スカンを食らうとこであったが、特に反撥もなく、新人女性アイドルに頼らざるを得ない映画界の現状を象徴した[76]。本来は制作側で用意すべきものだが、東映に予算はなかった[76]。しかしこの目立つキャンピングカーのおかげで、松田が乗っていることがバレ、ロケ移動に護衛隊と称する若者のオートバイが何10台も続いた[69]。, 1981年5月12日、東映東京撮影所でクランクイン[78]。東京撮影所のメイクは控え室で行うが、松田に割り当てられた3号室の向かい側が高倉健、隣が菅原文太の部屋でビックリする[78]。初日は松田の雑巾がけのシーンの収録が行われたが、雑巾がけは縁のない世代で苦労した。しかし松田は何度もNGを出しながら根性でやりきり、スタッフにも好感を持たれた。松田に好印象を持った澤井を筆頭にスタッフ50人全員で、松田のファンクラブに加入し[31][72]、吉田プロデューサーが四谷の後援会事務所に手続きにいったら、担当者から「急に平均年齢が上がってしまう」と笑われた[3]。夜8時に撮影が終わり、キャンピングカーで翌日のロケ地、群馬県甘楽町に向かう[78]。ホテルに到着するとファンが集まっていてスケジュールは公表してないのに驚く[78]。, 5月13日、早朝から甘楽町ロケ、綿畑、峠などで走るシーン。地元の小学生が何百人も押しかける[78]。「アイドルであっても一切気を遣わないで撮影する」と澤井が宣言した通り、ロケ初日に「聖子ちゃんカット」の魅力を完全に封印し、おでこ全開で走ってくる松田をスローモーションで捉えたオープニングショットなど[37][79]、当時の家政婦の恰好である桃割れに絣の着物、もんぺに草鞋履きの松田に朝から晩まで走らせ[80]、同行したサンミュージックスタッフに泡を喰わせた[5]。松田は持ち前の負けん気で足の皮が剥げるまで走った[72][81]。また美しい夕陽が沈むシーンもこの日撮影された。, 5月14日、同じ場所でロケ。籠に野菊を差して民子と政夫が歩くシーンなど[78]。午後3時にロケ終了し、東京撮影所に戻りスタジオ撮影。撮影中のセットから『ザ・ベストテン』の生中継があり、松田が『夏の扉』を歌唱[78][37]。, 5月20日、利根川ロケを予定してたが、天気が良すぎて悲しい場面に合わないと急遽、スタジオ撮影に変更[78]。初めてのスタジオセットでの撮影?[72][78]。政夫が民子に手紙を渡すシーンなど。他にラッシュ試写[78]。5月21日もスタジオ撮影。いなくなった政夫を想い出して民子が政夫の部屋で泣くシーンなど。感情の表現が難しくやっぱり涙が出ず、撮影が難航する[78][72]。, 5月24日の報知新聞朝刊一面に「聖子、郷、結婚へ」という見出しの記事が掲載された[81]。郷が松田に指輪を贈ったという内容で[82]、その日松田はクライマックスの綿畑の収録のため、長野県松本市にいた、と書かれた文献があるが[81]、別の文献では松本に移動したのは5月25日の夜中と記述がある[72][78]。, 5月26日、前日夜中に長野県松本市に移動[78]。キャンピングカーは揺れてあまり眠れなかった[78]。長野県北安曇郡池田町の大峰牧場でロケ[78]。残雪を頂く北アルプスを望む大木の下で民子と政夫が弁当を食べるシーンなど[69][78]。撮影は午後4時に終わり、松本市内の高砂殿で記者会見[78]。夜、当時火曜日21時30分からの放送だった松田自身も出演した『ミュージックフェア』(フジテレビ)を観て寝る[78]。, 5月27日、映画最大の見せ場である花嫁行列のシーン[78][72]。頭を高島田に結い、白塗りメイクと、白無垢の着付けを1時間半かけ、朝6時から、夜の7時まで衣装のまま。カンカン照りの暑さに苦しむ[32]。, 5月28日、民子と政夫が抱き合いながら坂をころがるシーンなど[78]。夕方雨が降り撮影中止[78]。夜、『ザ・ベストテン』の生中継が当地であり[4]、松田が松本城埋橋の上で『夏の扉』を歌った[4]。ロケスケジュールは公表していないにも関わらず[83]、多くのファンが集まった。, ロケシーンは肉体的にもハードな撮影が続いたが、松田は歌手の仕事では味わえないファミリー的な雰囲気を喜んでいたという[81]。ただ、松田は主演三作目の1984年『夏服のイヴ』撮影中のインタビューで『野菊の墓』の撮影を振り返り「『野菊の墓』の時は慣れないせいかとても怖くて、映画の仕事が嫌だった」と話している[84]。, ※茄子畑は甘楽の山地に新たに開墾し茄子畑を作った。政夫の家も実物の角材などで製作。テレビドラマでは味わえない凝り方に松田も感心していたという[67]。, 主題歌をどこかで入れないといけないという事情から、澤井が劇中で流すのが嫌で最初に入れることにした[60]。当時の日本映画は超大作以外は、最後にタイトル・ロールが流れるものはほとんど無く、劇中で流さなければ最初に入れるしかなかった[60]。ホリプロの堀威夫社長は、山口百恵の映画デビュー作『伊豆の踊子』製作の際、監督の西河克己に「この子は一応歌手であるが、映画の中で主題歌を歌うような場面を考えないで欲しい。きちんとした文芸作品を作って下さい」と伝えたといわれる[85]。, 1981年8月3日放送の『夜のヒットスタジオ』では、松田聖子が桑原正を横に座らせて映画の主題歌「花一色〜野菊のささやき〜」を歌った。同曲は「白いパラソル」のB面。澤井がCBS・ソニーの宣伝担当に「A面で出してくれ」と頼んだら、「あのレコードは両A面です」とうまく逃げられたという[61]。, 午後3時以降の夜の入りが極端に悪かったが[86]、東宝の超大作『連合艦隊』(配給収入19億円)、松竹『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』(配給収入13.1億円)を向こうに回しての配給収入8億円は[1]、年間を通じ不振だった東映にあってはまずまずのヒット[87][注 5]。東宝に比べて投資効率がよく成功といえた[86]。, 作品や澤井演出に関しては評価された『野菊の墓』に続いて[94]、1982年の東映の正月映画に松田聖子と沖田浩之の二枚看板で映画離れ著しいヤングを呼び戻す青春路線の構想が存在したが[95]、角川映画/キティ・フィルム提携作品『セーラー服と機関銃 』の配給が東宝から東映に変更された影響を受ける[96][97][98]。結局、松田の正月映画は立ち消えになり[88][96]、松田の2作目『プルメリアの伝説 天国のキッス』は2年後に東宝で製作された[98]。, 1981年11月号の『話の特集』で蓮實重彦が「『野菊の墓』のフィルム的繊細さを融知するにはそれが映画だとつぶやくだけで充分である」という本作の映画評を載せると評価が高まった[99][注 6]。澤井は「蓮實さんには生涯足を向けて寝られない、心底そう思った」「この批評がなければ、次作薬師丸ひろ子の『Wの悲劇』のオファーは来なかったのではないか」などと述べている[93][100]。, 政夫役を演じた桑原正は本作出演の後、早稲田学院から早稲田大学に進み、卒業後俳優になりたいと澤井に相談に来たが、やめた方がいいと忠告されサラリーマンになったという[60]。, 本作の企画者・吉田達は[101]、東映に"女性映画路線"を定着させようと[3][102]、1982年に田中裕子主演『ザ・レイプ』、田中美佐子主演『ダイアモンドは傷つかない』を"女性OL路線"と名付けて二本立て公開したが成績は普通に終わり[3]、1983年の大原麗子主演『セカンド・ラブ』の興行が振るわず[3]。『ひとひらの雪』を企画した直後の1983年に東映ビデオに移籍となり[101][103]、取締役企画部長として間もなくVシネマを発案する[104][105]。, ファンタスティック・コンサート レモンの季節 - Seikoland 〜武道館ライブ'83〜 - SEIKO CALL 〜Live'85〜 - Super Diamond Revolution - Sweet Spark Stream - Precious Moment 〜1990 Live At The Budokan〜 - 1991 Concert Tour Amusement Park - LIVE 1992 Nouvelle Vague - LIVE DIAMOND EXPRESSION - Live Glorious Revolution - Video Bible 〜Best Hits Video History〜 - LIVE It's Style'95 - Live Vanity Fair'96 - Bon Voyage 〜The Best Lives and Clips〜 - Seiko Live'97 My Story - Seiko Live'98 FOREVER - Seiko Matsuda Zepp Tour 1999 〜137分33秒の奇跡〜 - Seiko Matsuda Concert Tour 2000 20th Party - Seiko Matsuda Concert Tour 2001 LOVE & EMOTION - Seiko Matsuda Concert Tour 2002 Jewel Box - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2003 Call me - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2003-2004 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2004 Sunshine - 25th Anniversary Seiko Matsuda PREMIUM DVD BOX - 25th Anniversary SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2005 fairy - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2005-2006 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2006 bless you - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2006-2007 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2007 Baby's breath - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2007-2008 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2008 My pure melody - SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2008-2009 - Seiko Matsuda Concert Tour 2009 "My Precious Songs" - Seiko Matsuda COUNT DOWN LIVE PARTY 2009-2010 - Video Diamond Bible - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2010 "My Prelude" - Seiko Matsuda COUNT DOWN LIVE PARTY 2010-2011 - Seiko Matsuda Concert Tour 2011 Cherish -SEIKO MATSUDA Count Down Live Party 2011-2012 - Seiko Matsuda Concert Tour 2012 Very Very - Seiko Ballad 2012 - SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2013 "A Girl in the Wonder Land" 〜BUDOKAN 100th ANNIVERSARY〜 - 2013 New Year's Eve Live Party 〜Count Down Concert 2013-2014〜 - 〜Pre 35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2014 Dream & Fantasy - 〜35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2015 "Bibbidi-Bobbidi-Boo" - Seiko Matsuda Concert Tour 2016「Shining Star」 - Seiko Matsuda Concert Tour 2017「Daisy」 - Seiko Matsuda Concert Tour 2018 Merry-go-round, SEIKO clips - Seiko Clips2 1992 Nouvelle Vague - Seiko Clips3 DIAMOND EXPRESSION - Seiko Clips4 Glorious Revolution - Seiko Clips5 It's Style'95 - Vanity Fair - WAS IT THE FUTURE - My Story - Forever - Seiko '96〜'98 - Video the LOVE 〜Seiko Matsuda 20th Anniversary Video Collection 1996-2000〜 - LOVE&EMOTION, レッツゴーヤング - 松田聖子のはじめての情事 - おとなの選択 - わたしってブスだったの?

ロゼ 意味 ワイン, 都 道府県 女子駅伝 エントリー, パソコン ファイル 提出 できない, Jr 飯田橋駅 から 地下鉄 飯田橋駅, 知床 ナイトツアー おすすめ, 出雲 グリーンホテルモーリス アメニティ, 無印 フレンチスリーブブラウス コーデ, 日本 英語教育 目的, Pdf 開かない Iphone, 安田記念 2019 オッズ, ディスガイアrpg アイテム界 周回パーティー, 圧力鍋 肉 こびりつき, リンネル8月号 付録 口コミ, 京阪 丹波 橋 書店, 嵐電 有栖川 時刻表, Photoshop 素材 フリー 商用可, レガシータイトル フォント 追加, プチバトー 肌着 保育園, オートバックス カーナビ 持ち込み 工賃, 多重録音 アプリ 無料, ホームページ ビルダー11 Win10, 女の子 ワンピース 無料型紙, Itdeal スマートウォッチ 比較, Vba Csv 読み込み 文字列, 朝ドラ 女優 歴代,