この図では、照門と照星の高さが同じで、照準線が銃身と平行の場合を示しています。この場合、弾丸は銃口を出たところから重力の影響を受け、飛行時間あたり一定の率で落下して行くため、図の赤点線で示す通り、距離が離れるほど照準線から離れて行きます。 標的を狙う際はリブ着き銃身の散弾銃だと、頬付けした目が照門を兼ねているので頬付けがおかしいと着弾がずれる。 ライフルやスラグ専用銃だと、照星(リアサイト)・照門(フロントサイト)・標的と三つを重ねなければならない。 例えばライフルにしてもピストルにしても、銃身の先に照星(凸)と手前に照門(凹)がありこの2つの照準点を合わせることで狙いを定めます。これによって的中精度は飛躍的に向上します。 ボルトアクションライフルでも、狙いをさだめなければM1並の発射速度で弾丸を発射できるんでしょうか?, よく映画などでは腰の高さぐらいで銃を構えて乱射しまくるシーンがあります。軍隊ではこんな銃の撃ち方を教えるのでしょうか?, 小銃のストックって、右脇にあてるように構えると思ってたのですが違う(例外もある)んでしょうか?, 拳銃の講習で腕をまっすぐ伸ばして左手を添えろとか言われるが、腕で衝撃を吸収したほうがよく当たるのでは?, 「集中射撃により敵を制圧」などとよく言いますが、有効な火力の集中投射=敵兵力への物理的打撃を狙ったもの、とは限らないのですか?, 射撃をする際には無駄な筋肉の収縮や緊張をなくすために両目を開けて撃つと聞きますが、それって、軍の狙撃手だけがやることなんですか?, 映画などの銃撃戦で遮蔽物に隠れながらサッと乗り出してババッと撃って引っ込む・・これはリアルなんでしょうか?, 最近の近接戦闘ではこの状態で銃を横に90度倒して撃つ技があったりする・・これ事実なの?, 狙撃ライフルのスコープのレンズが太陽光を反射して、敵に狙撃場所を知られてしまうことは、実際にあることなのでしょうか?, スナイパーは三角関数を用いてターゲットとの距離を即座に計算すると聞いたんですが、具体的にはどうやって計算するんですか?, セミオートで狙って人間に当てれるライフルと、フルオートで被せる様にして人間に当てれるライフルでは、どっちが実戦的なのでしょう?, 兵士がアサルトライフルを構える際、銃床を肩のかなり上の方に当ててるように見えるんですが、本来もっと深く当てるように設計されてませんでしたっけ?, アイアンサイトを利用してライフルの照準を行う場合、照星と照星の距離で照準精度が変わったり、狙いやすさに差が出たりするのでしょうか?, 射撃競技での最大射程は300メートルですが、軍用狙撃では何メートル位の距離を想定しているのですか。, 小銃、短機関銃の構えですが、ハンドガードの中ほどを握っている人や、弾倉を握っている人がいるんですが、, 500ヤード≒450mという距離の標的を狙う事ってそんなに誰でも(ある程度の鍛練で)出来ると言ったレベルのものなんでしょうか?, 特殊部隊などの高精度射撃を要求される部隊の狙撃手は弾丸を自分で調達するのは許されますか?, http://www.macleans.ca/canada/national/article.jsp?content=20060515_126689_126689, http://www.army.mod.uk/equipment/support-weapons/1459.aspx, http://d.hatena.ne.jp/machida77/20100503/p2, http://www5a.biglobe.ne.jp/~shinotan/tyoro.JPG, http://cdn6.atwikiimg.com/army2ch/pub/long.jpg. で、当たらないわけでもない、というような意味でしょう。1000mは7.62mmNATO弾を使用する, ゴルゴならできる、とか、まぐれ当たりを「当てた」と主張するとか、ギネスに載りました、とか, でしょう。米軍であれば、前者はレミントン700の軍用モデル、M40A1。後者はバレット社のM82A1Aということになります。, 空気銃を撃つ経験では砲兵は理解できません。砲兵は大砲まとめて弾まとめて撃ちこむ商売です。, 通常の狙撃銃であれば800m程度が有効射程であり、この範囲ではかなりの確率で相手に大きなダメージを与えられます。, 12.7mmぐらいになると1~1.2km程度が有効射程とするものが多いですが、この程度の距離になると50~100cmの, というわけで、マンガや映画のようなヘッドショットを初弾で期待できるのは800~400mあたりまで。, 2009年にこの記録を塗り替える長距離狙撃が達成されていたことが5月2日に報道された。, 殆ど曲芸なので通常はやりませんが、理論上は40度近くの仰角で最大限の射程が取れます。, 陣地の脇で隠れてて横合いから突撃してくる敵を撃つ役目の人なんかは実質的に機関銃っぽく, 敵の頭を下げさせておく場合などは3点射で十分な場合もあるとか、いろいろ言われていた。, あとは戦闘時の混乱の中で弾薬を節約して用いつつ戦闘を継続するには3点射のほうが良いのではとか、, 近接戦闘(CQB)における射撃教程では、室内では単発または制限点射にて射撃する様に教育されます, 精密射撃をしないである程度の狙いで撃つのであれば、二秒で一発程度の発射速度で撃てます, 自動小銃(M16やAK47等)ってストックを肩に当てて、照準機を見ながら撃つと思うのですが、, フルオートで弾ばらまきは無しにしても、ダブルタップやバースト射撃で数発撃ち込むようにしては駄目なのでしょうか?, 基本的に全自動での射撃や制限点射(バースト射撃)は遠距離の目標に対する制圧射撃の際に限定されます, イラクで警戒中の兵士がM4カービンを装備しているのですが、ストックを右肩にかつぐように構えていました。, スコープを使った精密射撃でだけでなく、銃で照準するときに片目をつぶるやりかたそのものが, 反動のいなし方として腕で反動を受けるような事は、大威力の回転式では有効かつリカバリーも早いようですが, 走ってると良く狙えないのはわかりますが、走りながら照星を合わせて撃つという描写は不自然でしょうか?, WIKIでも2枚ありますね。未回答質問の中にも、「丸」で3人中2人まで左構えですが、という質問があったようです。, 陸軍マニュアル等を読むと「左手は銃の真下、右手は脇を空けて右ひじが肩と同じ高さになるように構えろ」という風に書いてあります。, 初期の鉄砲が狙撃なんて出来るような精度が無く、主に音でビビらす目的で使われていた。, 近接戦闘での拳銃射撃はクイックエイミングと言って素早く照準を合わせる事が求められますが、, コリオリ言う前に308のライフルを撃ってガク引きやフリンチしないようにする方が重要だがな。, 最近は銃にモバイルパソコン付けてたり、レーザーレンジファインダーと組み合わさったハイテクスコープが自動補正してくれる。, 高倍率の狙撃用スコープは、当然視界がその分狭いので、スコープを使っての観察に限界がある。, 射撃だけは上手いけど他のことをやらせたら駄目って人は目立つから、そのせいだと思うぞ。, 弾道曲線というのは、おおまかに弾丸の自由落下と弾速の減衰率から計算します、これを弾道曲線と言い, 既知の、あるいは予測出来る目標長(人物の身長だとか電柱の高さなど)と、その目標の視角度(レティクルの目盛りいくつ*目盛りあたりミル)から, ボルトアクション式の照準器は、かつては対空照尺と言って、見越し射撃の目安を付ける目的の、, 照尺方式は、照準を素早く見出す事が出来、多少のズレよりも素早く照準を合わせる事を主とし、, 単に射撃の腕だけではなく、捜索、潜伏、耐久、離脱のスキルがバランス良く備わっていることかと。, アメリカ軍の場合10倍のスコープをつけたライフルで200m先の卵に初弾命中させられる, そりゃ狙うだけならそりゃ誰にでも出来ますが、誰でも当てれるって事はありえないです。, また高倍率のスコープは近距離で戦いで照準をとるのが難しいので拳銃などを護身用に持ち歩くことがある。, ゴルゴ13は0.17秒で拳銃を抜き、0.01秒間隔でリボルバー拳銃を連射すると知ったから, 達人級になるとファニングショットで6発撃ち切るのに1秒かからなかったそうだから360rpmは超えてるな, 落ち着いて狙える訓練だとそうだが実戦だと400mは普通の兵隊だとまぐれでしか当たらないよ, 「アフガン兵士のパソトン民族の戦闘能力は高く,ライフルで千m先のコインを打ち落とせる。」(夕刊フジ)このような事は本当に可能ですか?, 「零距離射撃」という言葉は大砲の水平射撃の事のように見えましたが、実際はどのような意味で、なぜ、零距離射撃と呼ぶのでしょうか。, 5km先の歩兵であっても、スコープの倍率さえ上げれば、「狙撃ライフル」で命中可能ななはずですよね。, ゴルゴ13では、1000m先の人を狙撃する場面がありましたが、実際の戦場の狙撃は、どのくらいの距離まで狙えるんでしょうか?, ゴルゴ13は銃で敵の身に付けている手榴弾や、地上に露出している地雷や、飛翔中のミサイルを狙撃して爆破させていますが、実際に可能なんですか?. 照準器(しょうじゅんき、英: sight)は、銃・火砲などの射出式武器・兵器の狙い(照準)を定めるための装置。照準器は射手との接点のため、命中率を大きく左右する要素である。照準具(しょうじゅんぐ)、サイト(sight)などとも。, 最近まで照準器は銃本体に固定されるか専用マウントが必要で選択肢の幅が無かったが、ピカティニー・レールによる標準化が進み、今では殆どの照準器が対応したため、使用者が好みの物を利用することが可能になっている。, 主に拳銃に標準装備されている、もっとも単純な照準器。銃身前方の銃口付近にある凸型の照星(しょうせい、フロントサイト)を目標に合わせ、後方の凹型の照門(しょうもん、リアサイト)の溝の間に見えるようにして狙う。, ネジを締めたり緩めたりして、銃の状態に合わせて照門を調整できる物もある(アジャスタブル・リアサイト。フロントは機種によってはいくつかの高さが異なる物が用意されていることがある)。ノッチサイトとも呼ばれる(ノッチ=くぼみ・刻み目)。, 主に小銃に標準装備されていることの多い照準器。環孔照門(かんこうしょうもん)などとも。基本はオープンサイトと同じだが、照門が溝ではなく穴になっている(ピープ=覗き)。近・中距離の精密射撃(狙撃)に適している[注 1]。, 凹凸のオープンサイトと比較した場合、若干の慣れが必要だがピンホール効果により射手の視力にかかわらず像がくっきり見える利点がある。, ピープサイトの照門の穴を大きくしたもの。近距離での狙いの精密さより素早さを優先したCQB(近接接近戦闘)に適したピープサイトである。照準時に照門がぼやけ、お化け(ghost)のような輪(ring)に見えることからこの名が付いた。, 主にエアライフルなど競技銃に装備されている照準器。バックラッシュの除去などピープサイトの精度を上げ、より細かな調整機能を持たせた物。アイリス(照門のピープ部)をサイズの違う物に交換したり、偏光・着色フィルターを装着する機能を持たせた物も多い。ポストタイプまたはリングタイプの照星と組み合わせて使用する。通常のピープサイトよりさらに精密な照準が可能だが、極端に視野が狭いため標的射撃専用である。, 光学照準器が破損・故障などで使用不可能になった際に用いるアイアンサイト。光学照準器使用時に邪魔にならないよう折りたためるものもある。光学照準器の装着を前提にした銃の中には、BUISとしての側面を重視したアイアンサイトを備えたものもある。銃側ではなく光学照準器本体に付属しているものもあるが、それらはあくまでバックアップ用という位置づけのため、調整機構のない簡易なものが多く、精密射撃には不向きなものが多い。, 主に狙撃銃に装備され、長距離精密射撃(狙撃)を目的とする望遠鏡機能を持つ小型の照準器。, 狙撃眼鏡(そげきがんきょう)・照準眼鏡・眼鏡[注 2]、スコープなどとも。眼鏡を覗いたときに見えるレティクル(照準線)を目標に合わせて狙い、目標とレティクルの双方に眼の焦点を合わせる事ができる。レティクルにはさまざまな形状があり、十字線からなるクロスヘアが一般的だが、その他の形状としてはマウザーKar98k・モシン・ナガンM1891/30(各狙撃銃型)のT字や、ステアーAUGに見られるサークル(円)、H&K G36のようなクロスヘアの中心がサークルといったものがある。眼鏡には射撃距離などを調整する(アジャスト)機能を有している物が多いが、九七式狙撃銃・九九式狙撃銃(九七式狙撃眼鏡・九九式狙撃眼鏡)などはアジャスターを有せず、距離補正はレティクルの縦目盛を使用した。同狙撃銃は生産時に造兵廠にてゼロイン調整を行ってから出荷・配備しており、複雑なアジャスターがない利点として眼鏡は小型・頑丈となっている。, 着け外しする度に調整が必要になってしまうため、一度固定したらそのまま運用しその場合も定期的に調整をするのが原則であるが、行軍・移動中は眼鏡の破損などを考慮して銃本体から外される場合もある。, また、最近ではエッチングなどレティクル製造技術の進歩により測距用のスケールや距離による照準の補正目盛りなど複雑な機能を持たせた物も多い。, 通常は精密射撃を行う狙撃銃に装備されるが、低倍率のスコープが標準装備ないし装備可能なアサルトライフル・短機関銃・軽機関銃・重機関銃も多数存在する。, 第二次世界大戦初期頃にかけては戦闘機・軽爆撃機・攻撃機といった軍用機の固定航空機関銃砲の照準器としても広く用いられていたが、空気抵抗の増大と視界の狭さという欠点のため、光像式に移行していった。, テレスコピックサイトの一種であり、特に夜間の視野確保のための装置。暗視装置の開発当初は小型化が難しかったため銃本体に取り付けられていた。初期の物であるドイツ国防軍のStG44用の暗視装置ZF.1229'Vampirは、赤外線眼鏡と赤外線投光器、さらに電力供給用のバッテリーパックで構成されていた。これらは眼鏡と投光器が約2kg、バッテリーが約13kgとかなりの重量であった。アメリカ軍もM2カービンに暗視装置を取り付けたM3カービンを開発したが、重量が嵩み過ぎること(細い銃に金属の大きな塊が付いたも同然になる)、赤外線投光器により自身の位置を暴露してしまうこと(相手も暗視装置を持っていた場合は、発光部が真っ白に浮かび上がって見えることになる)などから採用されなかった。暗視ゴーグルの配備が進んだ現在では、狙撃用モデル以外はほとんど見られない。, 機種によって、後述のブースターのように、ドットサイト・ホログラフィックサイトの後部、スコープの前部にセットすることで暗視機能を付与できるものもある。, 直進する性質を持つレーザー光を直接目標に当てて狙う照準器(ドットサイトも、機種によってはレーザー光を使用しているが原理が違うため別分類になる)。遠距離での照準精度を上げるのではなく、連射可能なアサルトライフルや短機関銃、拳銃に組み合わされ、正しい照準姿勢以外でも狙いを付けられる利点を利用して即応性が要求される近接戦闘などに使用されることが多い。, 可視光を使用したものでは光線によって敵に存在を知らせる事に繋がるため、赤外線レーザーを使用したタイプもある(暗視装置を使用すると見える)。日本の法律ではレーザーポインターと同じ扱いを受ける(原理的には全く同じである)。, かつては映画『ターミネーター』の宣伝ポスターに登場したように、スコープ並の大きさだった[注 3]が、近年では部品の小型化が進み、拳銃の銃口下に取り付けるタイプやグリップパネル内蔵型、自動拳銃のリコイルスプリングガイド内蔵型も実用化されている。, ハーフミラーなどを用い、(無限)遠方に照準用の光像を投影する。光像には十字線、円環、円状に並んだ光点などが用いられる。戦間期に開発・実用化され、従来の眼鏡式(テレスコピックサイト)に代わり軍用機の固定航空機関銃砲の照準器に使用され始めた。また、第二次大戦後期には自機の機動に合わせて光像が動く[注 4]ジャイロ式が開発・使用され、戦後にはレーダーと連動するものが実用化されている[注 5]。, 後にベトナム戦争の時期から1970年代以降にはより多くの飛行、攻撃用の情報を映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)が開発され、以後主流となった。, 光像式の一種で、特に小火器に装着され、照準用の光像が点(ドット)状の物がこう呼ばれ、赤色のドットを表示するものは特に「レッドドットサイト」とも呼称される。覗いたときに見える光のドットに目標を合わせて狙い、アイアンサイトやピープサイトが照星、照門を合わせるのに対し、こちらは単純に点に合わせるだけなので、素早い照準が可能となるほか、照準点が発光するため薄暮時や暗所でも照準が見やすいという利点もある。, ドットサイトは、原理的には光源から発せられた光を曲面状のハーフミラーに投影することで、光の屈折と直進性を利用し、擬似レーザー照射を照準対象へ行う形式の照準器である。構造が複雑で、LEDやレーザーなどを用いた機種ではバッテリーが必要なためメンテナンスが必要、トリチウムの蛍光を利用した機種には寿命があるなどの欠点がある。スコープのように筒型の外装を持つチューブ式と、外装を持たず、むき出しになったレンズにドットを映すオープン式の二種類がある。, 想定外の利用法として、野鳥撮影や航空機撮影、天体撮影の補助照準器として使われるケースが増えている。これらの撮影では高倍率の望遠レンズで撮影対象を追跡しなくてはならず、視野の狭いファインダーの映像だけでは迅速な追跡が困難なためである。通常は銃器用のものを転用するが、中には撮影専用の製品やカメラ本体に内蔵した製品なども登場している[1]。, ホログラフィックサイトでは、照準の光点が浮かび上がる点はドットサイトと同じであるが、ホログラフィーを用いたレンズにレーザーで像を投影する点が異なる。そのため、レンズやハーフミラーを使用するドットサイトと異なり、レンズに多少ダメージや汚れがあっても問題なく使用することができるほか、ドットサイトより投影部のレンズがクリアで明瞭な視界を得やすい。斜めから見た場合の照準もドットサイトより優れている。, ドットサイト・ホログラフィックサイトの後ろに設置することで、通常無倍率であるドットサイトに倍率を与える拡大鏡。交戦距離の変化など、必要に応じ倍率の有無を使い分けることができ、ワンタッチで付け外しが行えるマウントによって設置される。, 弾丸などの投射物が放物線を描くのに対し、光は直進する。そのため、狙点(狙いを定めた点)と着弾点は一致させることが難しい。そこで、照準器の調整はある距離で狙点と着弾が一致するように合わせる。これができた状態をゼロイン(Zero-In)という。「30mでゼロイン」という場合、標的と射手の距離が30mのとき狙点と着弾が一致するということになる。, 一部には複数のゼロイン距離が刻まれた照準器も存在する。中央の狙点を調整するだけで複数の着弾点が利用できるため調整が容易となるが、銃の種類や実包のレシピごとに弾道特性が違うため、基本的に「対象の銃で特定の種類の実包を使用する場合」専用となる。特定の装備を大量に配備する軍隊では時間短縮に有効であるため、銃とセットで納品されることが多い。, 砲身後座式装輪砲架においては、砲身の方向は砲架の旋回によって付与し得るが、架尾を固定したまま砲架の一部を移動し、迅速かつ容易に小角度の方向移動をする必要があり、このため通常は照準器を小架と揺架との間に装置し、垂直軸を中心に揺架よりも上を移動させ、砲身に方向を付与する。また、大架と小架との間に装置し、小架の軸を中心に小架よりも上を移動させる物、架身と車軸との間に装置し架尾を中心に大架よりも上を車軸上に移動させる物がある。, 固定砲架においては、照準器を架匡と匡床または砲床、もしくは砲架と架匡との間に装置し、架匡よりも上もしくは砲架よりも上に旋回させ、砲身に方向を付与する。, 爆撃機が水平爆撃を行う際、爆撃手がコースを落下地点に合わせるために使用する。当初は単なるのぞき穴だったが、第二次世界大戦中には、アメリカ陸軍航空軍がオートパイロットと連動することで爆撃手が機体の位置を調整出来るノルデン爆撃照準器を配備した。現代では位置情報をコンピュータが計算しより正確な爆撃が可能となった他、誘導爆弾やミサイルなど爆弾が目標へ向かうことも可能となった。, アーチェリーではハンドル(弓の持ち手)の上部に取り付ける。公式大会で使用するリカーブボウに使用出来るのは一点照準器のみであるため、倍率が異なる照準器が多数販売されている。また照準器はレンズと細かく位置を調整できる台座がセットになっており、選手自らが視力、体格、姿勢にあわせて調整する。軽量にするためマグネシウムやチタンが多用される他、サイトのドットを強調するサイトピンに集光用の光ファイバーを使うオプションも登場している。, 公式大会のルールに対応した照準器は『リカーブサイト』の名称で販売されていることが多い。, 大会では的に刺さった矢の位置を正確に把握するため、フィールドスコープを併用する選手が多い。, 旋回中に機銃を発射すると、弾丸には自機の自転によるコリオリ力が働くため、パイロット目線では弾道が逸れてしまうのを補正する。, ジャイロ式に対し敵機の未来位置を計算する物という解説がなされることも多いが、それができるようになったのはこの戦後のレーダー連動型になってからである。敵機の未来位置を計算させるにはその敵機を機器に認識させねばならないため、高精度な射撃管制用の機上レーダーが必要。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=照準器&oldid=79196560.

トランプ 3人 心理戦, 山梨県北杜市 移住 村八分, 智弁和歌山 細川 中学, 段ボール 100サイズ 激安, あさがお イラスト 無料, 7 つの 大罪 十戒 画像, Iphone 4g 繋がらない, お見合い 好き じゃ ない人 結婚, 英検1級 ライティング テンプレート, 手作り 消 臭 除 菌 スプレー, スピッツ 楓 歌詞, 日本語 動詞活用 教え方, 大阪 ロサンゼルス 時間, モンステラ 葉焼け 切り方, シティーハンター 海坊主 失明, トイレ 窓 開ける, Txt 文字化け Iphone, 家庭科 教科書 中学, 白猫 コルネ 身長, 無印良品 キャンプ 収納ボックス, 胸痛 検査 費用, すみっこぐらし ゲーム 攻略, 竹田城 観光 モデルコース, 公文 英語 研究教材, Yahoo ファイルマネージャー Apk,