264万円, 新車価格 325万円, 新車価格 229万円, 新車価格 215万円, 新車価格 429万円, 新車価格 軽の人気車であるジムニーの普通車モデル・ジムニーシエラ、小型ホットハッチ・スイフトスポーツなど、個性豊かなコンパクトカーが揃っています。, 2017年登場の新型コンパクトSUV。大ヒットした軽自動車SUVハスラーの普通車版といったデザインだが、プラットフォームはソリオやイグニスと共通。4WD車は急な下り坂では自動で速度制御するヒルディセントコントロールなどを搭載。, 取りまわしやすいNEWコンパクトカー。SUV風スタイルで、視界も良好。リアデッキのデザインは70年代の人気車スズキ・フロンテクーペからインスピレーションを得ている。マイルドハイブリッド搭載で、JCO8モードでの燃費28.0km/L。, 燃費良し、走り良しのコンパクトハッチ。初代から一貫してMT設定あり。現行型は2018年ワールド・カー・アワーズTOP3に選出されるほど海外での評価が高い。スポーツ走行向けのスイフトスポーツが存在するが、ベースモデルでも運転の楽しさは味わえる。, 日本でトップクラスに運転が楽しい車! 200万程度でスポーツ走行が楽しめるため「コスパ最強」の声多し。現行型は新プラットフォーム・ハーテクト採用した1トン未満の軽量ボディに、1.4L直4DOHCターボを搭載。世界に誇れるホットハッチの傑作。, 現行型エスクード(海外では「ビターラ」の車名で販売)2018年マイナーチェンジモデル, 80年代のスキーブームに普段使いしやすいパートタイム4WDの「ライトクロカン」として登場。3代目以降はラダーフレーム一体型モノコックボディにフルタイム4WDのクロスオーバーSUVの世界戦略車に。現行型4代目はハンガリーで生産中。, 国内登録車版ジムニー。海外には軽自動車規格が存在せず、エンジン排気量660ccの縛りがないため、シエラの方がバランスが良いと評されることもある。2018年発売の現行型は1.5Lの直4DOHC16バルブの新エンジンを搭載。高速での安定感・静寂性が持ち味。, インドで生産されている5ドアハッチバック。日本や欧州でも輸入販売中。スイフトより全長・全幅はやや長く、全高は低め。ラゲッジスペースは広く、背の高さに頼らない居住性の良さを目指した。日本仕様は1.2L直4と1.0L直3エンジン搭載車が存在。, ワゴンRワイドの後継として登場。2010年発売の2代目からはプラットフォームも新開発。スライドドアで広いコンパクトトールワゴンの人気車だが、トヨタ・タンク/ルーミー、ダイハツ・トール、スバル・ジャスティなど、他社とのガチ競争で最近ちょっと辛い。, エクステリアやインテリアに変更を加え、ボディカラー設定、装備などが異なるソリオの派生モデル。現行型の2代目はマイルドハイブリッドとフルハイブリッドモデルのみ。OEM提供しており、三菱はデリカD:2の車名で販売。, 初代は2006~2014年販売のフィアットと共同開発したSX4。初代はセダンも存在したが、現行型2代目(2013年~)はボディサイズを拡大し、クロスオーバーSUVのみに。ハンガリーのマジャールスズキで生産されており、日本では輸入車として販売。, エブリイランディの後継ミニバン。日産セレナのOEM車だが、「e-POWER」は存在しない。スズキにとっては他社からOEM供給を受ける唯一の車種だが、無理にラインアップを揃える必要もなさそうなのでたびたび終売(OEM終了)が噂される。. 259万円~ 154万円~ 134万円~ 525万円, 砂型鋳造の「砂」とは何を指しているのだろうか。砂をもって何をしているのだろうか。 歴代最速軽自動車3選 ... また、軽自動車というカテゴリーでいえば、ケータハム セブン160というスズキのエンジンを積んだスポーツカーは500kgを切る車重。軽さという点でいえば、現代でも軽自動車が最速を競っていた時代のフィーリングを味わえそうだ。 コーナリングが自慢「ホンダ S660 85万円~ メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 204万円, 新車価格 271万円, 新車価格 399万円, 新車価格 264万円~ 720万円, 新車価格 161万円~ 169万円~ 266万円, 新車価格 198万円~ 418万円, 新車価格 246万円~ 199万円, 新車価格 195万円~ 238万円, 新車価格 282万円, 新車価格 2,420万円, 新車価格 362万円, 新車価格 465万円, 新車価格 187万円~ 458万円, 新車価格 173万円, 新車価格 163万円, 新車価格 202万円, 新車価格 277万円, 新車価格 198万円, 新車価格 155万円~ 216万円, 新車価格 172万円~ 273万円~ ヴェゼルのフルモデルチェンジは2021年5月頃か 1.0Lターボやe:HEVハイブリッド搭載, ミニバンタイプの外車ランキングトップ11 日本でも乗りやすいサイズの人気車種を厳選, Sクラスの内装はラグジュアリーなデザインとフラッグシップモデルらしい先進装備が魅力. FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と... その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 新型ルノー・ルーテシア | いきなりBセグハッチバックの「優等生」 この一台ですべてこなせる. 227万円, 新車価格 91万円~ 120万円~ 167万円, 新車価格 213万円~ 84万円~ 179万円~ ビート、エッセ、トゥデイ…naでも楽しめて速い歴代軽スポーツたち アルトワークス、コペン、s660ら軽スポーツカーにはターボエンジンが搭載されている。しかし、自然吸気ことnaエンジンでも楽しめる軽スポーツカーがある。それにあたるエッセ、ビート、トゥディを紹介する。 121万円~ 116万円~ 227万円~ クルマの話題をゆるくわかりやすく伝えるカーライフマガジン「イキクル」では、新車レビュー、ドライブ情報をはじめ、クルマにまつわるさまざまなニュースやトレンドなどを車が好きな方だけでなく、ライトユーザーに向けても分かりやすく、楽しく、毎日発信しています!, Nシリーズを中心とするホンダの軽自動車は今では国内販売台数第一位を毎年獲得しており、人気、売り上げと共にトップクラスの数値を記録しています。, そんな圧倒的な人気を誇るホンダの軽自動車にも様々な歴史があり、時代が経過するごとに開発者の試行錯誤が繰り返されてきています。, ホンダ初の乗用車N360から今では人気モデルになったホンダのNシリーズまで、時代の流れを振り返ってみました。, 通称Nコロと呼ばれる相性で多くの方に親し続けたN360は、ホンダの乗用車の原点とも呼べる車です。, N360の後継車として登場した初代ライフは、当時大ヒットとした一台でしたが、1974年には製造が終了してしまいました。, N360/ライフをベースにして開発されたスペシャルティカーZは、ホンダ初の360cc軽自動車です。, 独特なリアウィンドウ周りのデザインから、水中メガネと呼ばれる名称で多くの方に親しまれていました。, 軽トールワゴンの元祖ライフステップバンは、発売当初から多くの人々に大人気の軽自動車でした。, また、ライフのパワートレインとプラットフォームをモデルにして、トールワゴンスタイルにモデルチェンジさせたことで高い人気を誇っていたと言われています。, 仕事やプライベートに関係なく、自由自在に使いこなせる軽自動車として登場したバモス・ホンダは、軽トラックTN360をベースにして開発されました。, また、車中泊やアクティブ性能にも充実しており、発売当初ではとても魅力的な軽自動車だったとも言われています。, 1970年ほどから乗用車モデルの販売を撤退していたホンダですが、約10年振りに開発されたトゥディーは原付ではなく、乗用車モデルの車です。, 商用バンベースに開発されたストリートは、仕事やプライベートなどの範囲に関係なく、様々な条件下に対応できる車です。, ホンダ自動車は軽自動車の新規格変更前にフルモデルチェンジ商品としてライフを復活させました。, 車としての魅力をさらに高めたライフは、安全性能、環境、走行性能の大幅な向上が実現した一台です。, ミッドシップの4WDとして復活したホンダ・Zは、トールワゴンと軽SUVとしてのボディスタイルを同時に合わせ持つ車として発売されました。, しかし、軽SUVとしては金額面が高額であり、販売台数の伸びに頭を抱えた一台として有名な車です。, 軽商用ワンボックスのアクティバンとボディコンセプトを共有して発売されたバモスは、ホンダの売り上げを支える乗用車モデルの一台です。, 積荷機能に優れた点が多くの方に好評を呼びましたが、販売不振によりわずか3年という短い期間で販売を終了してしまいました。, 人々の生活に親しみを持てる車として人気があったザッツは、3代目ライフをベースモデルにして開発されました。, 20代から30代の若い世代を購入層に設定していたことで、当時の若者の中では流行りの軽自動車だったと言われています。, 4代目ライフをベースモデルにして登場したゼストは、ザッツの後継車とも呼ばれる車です。, スポーティ性を強く意識した派生モデルとしても高い人気がありますが、乗り降りのしやすいスイッチムーバーを基本的なコンセプトとして開発されています。, ホンダの大ヒット商品であるNシリーズの第一弾モデルといして誕生したNボックスは、「日本に新たな創造を持つ軽自動車」をコンセプトに開発された車です。, 快適性、経済性、特に軽自動車の範囲を超えた室内空間の広さは、ミニバンの魅力を最大限に引き出しポイントとして魅力があります。, かつてのN360をモチーフにした登場したNワン(N-ONE)は、ホンダの原点とも呼ばれるメカニック思想を100%受け継いだ軽自動車として多くの方から好評を呼びました。, コンパクトな外観にも関わらず、体の大きな大人でも足を伸ばしてくつろげる室内空間と加速性能、軽量化の性能に特化した一台になっています。, 燃費性能27.0km/Lの低燃費や静粛性が多くの方から高い人気を得ており、エマージェンシーストップシグナルを全車標準装備にすることで、安全への配慮も欠かせない軽自動車になっています。, 室内空間の広さはもちろんのこと、デザインや走行性能の優位性を図って開発されたNワゴン(N-WGN)は、軽ハイトワゴンとして登場しました。, ダイハツ・ムーブや日産のデェイズなど、各自動車メーカーの軽自動車をライバル車に持つことから、他自動車メーカーとの優位性も併せ持つ一台です。, 安全装備として搭載された衝突被害軽減ブレーキは、事故の多い日本にぴったりな安全性能として強力な進化を遂げています。, 2014年12月以来の発売以来、改良を重ねてきたN-BOX(スラッシュ)は、斬新で独特なデザイン性能に加え、N-BOXのカンフル剤として多くのユーザーの関心をくすぶる一台となりました。, 販売台数を落とすことなく、安定した売り上げを記録することも特徴的なポイントの一つです。, 今ではホンダの売り上げの過半数を占めるNシリーズですが、現在早くも2代目Nシリーズが続々と登場しており、Nシリーズの進化が止まらない状況です。, N-BOXやN-WGNがフルモデルチェンジされる中、ホンダはNシリーズの新型車投入計画を着実に進めています。, 来年の2020年には、新型Nシリーズが次々と登場することが予測されており、さらにホンダの軽自動車ラインナップが強化されることになるでしょう。, 今後、ホンダのNシリーズの技術がどこまで進化していくのか、また時代の変化に合わせてNシリーズのコンセプトがどう変わっていくのか、目が離せませんね。, 出典元:https://ja.wallbg.com/2016/Aston-Martin-V8-Vantage-S-Coupe-Sports-Car-B[…], ホンダが長年磨き上げてきた経験と技術力を象徴する車といえばホンダNSX。1990年代にデビューしてF1参戦以来、世界的にホンダを代表する一台になってい[…], 出典元: https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA/ 目次 1. 338万円~ 265万円, 新車価格 209万円, 新車価格 452万円, 新車価格 412万円, 新車価格 404万円, 新車価格 スズキ自動車株式会社(旧社名:鈴木自動車工業)は、1973年~2006年まで30年以上にわたり、軽自動車年間販売台数no.1に君臨し、長きにわたり日本の軽自動車産業を支えてきた存在です。 小型車開発に注力するため、一時期はトップ … 216万円, 新車価格 135万円, 新車価格 中古車情報で「ASK」が使われる思ったより切実な理由, 日本市場が痩せていく… 車種削減は必然か愚行か!?? 135万円~ 218万円, 新車価格 800万円~ 514万円, 新車価格 273万円, 新車価格 110万円, 新車価格 145万円, 新車価格 77万円~ 手軽に乗りこなせるコンパクトモデルから、ファミリー層に最適... 走りの楽しさを思う存分味わえるスポーツカー。近年はコンパクトカー&ミニバン人気の影響で数が減ってきたと言われていますが、じつは多くの... 11月5日にホンダ・オデッセイがビッグマイナーチェンジを行った。その改良の大きな目的の一つが、使い勝手の改善だ。10インチナビの新採用や... ホンダは2020年に稼動した新しい風洞を公開した。3基めの風洞である。この風洞を作った背景にあるのは、エアロダイナミクだけでなく、「WLTP... ここのところ、プジョー(とシトロエン、DS)が好調だ。出すモデルはどれもヒットしているし、実際の評判もいい。そこに加わるのが新型208で... トゥインゴが欲しいという人が近くにいたので、実際に乗ってもらって感想を聞いてみた。, 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。. 160万円~ 200万円, 新車価格 168万円~ 137万円~ 213万円~ 156万円~ 軽自動車の車種を一覧から探せます。ユーザーが投稿した愛車ブログや画像、パーツの口コミ、燃費記録や整備手帳など情報満載。軽自動車の自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」で! 418万円, 新車価格 144万円~ 460万円~ 297万円, 新車価格 164万円~ 106万円~ 122万円~ 134万円~ 247万円, 新車価格 136万円, 新車価格 275万円, 新車価格 Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 新車価格 458万円, 新車価格 210万円~ 132万円~ この記事では、冬季の走行に欠かせないスタッドレスタイヤのおすすめ人気モデル15選を紹介! 163万円, 新車価格 厳しい寒さを迎える寒冷地でも安心の高性能モ... いまやフォード・エクスプローラーのような大型SUVでさえモノコックボディのFFである。世界中で1年間に生産される約9000万台の自動車のうち8... 「エンジンのホンダ」とも呼び称されている本田技研工業。たとえ660ccの軽自動車用としても抜かりはなく、それは現行NシリーズのS07型を眺め... この記事では、いま人気を誇るミニバンのおすすめ人気モデル15選をご紹介! 169万円, 新車価格 210万円, 新車価格 259万円~ 90万円~ 193万円~ 256万円, 新車価格 TEXT:牧野茂雄(MAKINO Shigeo). 356万円~ ホンダ自動車は軽自動車の新規格変更前にフルモデルチェンジ商品としてライフを復活させました。 車としての魅力をさらに高めたライフは、安全性能、環境、走行性能の大幅な向上が実現した一台です。 Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. 157万円~ 235万円, 新車価格 113万円, 新車価格 120万円~ 234万円, 新車価格 399万円, 新車価格 132万円, 新車価格 143万円, 新車価格 193万円~ 109万円~ アルトやワゴンRなどは、日本の軽自動車界を代表するロングセラーです。2014年発売のハスラーやモデルチェンジしたジムニーも大ヒット中!, ラダーフレーム&パートタイム4WDの本格小型四駆。世界中にジムニストと呼ばれるファン多数。2018年20年ぶりのフルモデルチェンジにより、納車1年待ちの事態に。一般ニュースでも取り上げられるなど人気は社会現象の域に達していた。, 軽トールワゴンとSUVの融合で大ヒット!SUVブームに突然生まれたように思われがちだが、セダンとSUVを融合させた車「Keiを復活してほしい」というユーザーの声により開発がスタートしている。スズキに8年ぶりの軽自動車年間販売台数NO.1をもたらした。, 鈴木修が社長就任直後に指揮。「中古で50万円台の車が売れてるから、新車価格47万円にしよう」と開発スタート。後部座席を荷室と同等以下の広さにして、物品税が課されない軽貨物車登録で販売。バカ売れして当然お上からは睨まれる。, アルトのホットモデル。初代RS-Xグレードは、規格550ccで50PSぐらいが標準の時代に、軽自動車唯一のツインカムターボで、最高出力64PS。異次元すぎて軽の馬力規制のきっかけを作る結果に。現行型の新車価格は151万円~。, ラパンと呼ばれることも多い。うさぎのエンブレムが特徴で、箱型エクステリアはお弁当箱がモチーフ。2代目には派生車ショコラも誕生。9割が女性ユーザー(うち6割が20~30代)というデータも。落ち着いたカラーの特別仕様車「モード」も人気。, 軽トールワゴンの人気を牽引したロングセラー。室内が開放的で運転しやすいのはもちろん、座面を高くしたため男性の体にも優しい設計に。現行型にも5速MT設定あり。「スポーツカーじゃないMT車が欲しい」という希望を叶えてくれる有難い車。, 3代目ワゴンRに追加され、後に独立した車種に。エアロパーツなどを装着したアクの強いエクステリアが特徴。ボディカラーは黒が基調となることが多い。現行型(2017年~)は大半のグレードがマイルドハイブリッド仕様。, パレットの両側スライドドアを受け継いだ軽トールワゴン。初代よりフロントマスクが大きく違うスペーシアカスタムが存在。現行型2代目は全車マイルドハイブリッド仕様で、2018年にはSUV風デザインのスペーシアギアも誕生。, 商用車はエブリィ、後に追加された乗用車モデルは「エブリィワゴン」と区別。国内ではマツダ、日産、三菱、国外では韓国GMなどにOEM供給している。, 初代は「スズライトキャリィ」の車名で販売し、商用軽四輪車として大ヒット。OEM供給、海外輸出などを繰り返すスズキの長寿モデル。現行型は2013年から発売されている11代目で、2018年にはラージキャブの派生モデル「スーパーキャリイ」も誕生。, スズキが開発し、国内販売している普通車(白ナンバー)を一覧解説。

科学雑誌 ネイチャー ビセラ 5, 好きになった人 盆踊り 志村けん 7, バイクガレージ 賃貸 川崎 7, 堂本剛 姉 独身 29, ダイハツ 新型 Taft タフト 4, 杯 盃 違い 40, ポケモン 歴代ライバル 最強 6, ランエボ ミッション 載せ 替え 8, Fate セイヴァー ギルガメッシュ 22, 炭治郎 転生 小説 30, 新幹線 検札 トイレ 14, 鉄道 Big4 女の子 13, 菅田将暉 紅白 まちがいさがし 18, キンプリ 水鉄砲 曲 16, 鬼滅の刃 セリフ 寒い 10, 山手線 歌 Nhk 5, ちょびリッチ 交換上限 ランク 12, ニコラ 最多 表紙 18, 土佐市 モルゲンロート 閉店 5, シングルベッド 歌詞 泣ける 14, White Album2 アニメ2期 4, ロス セタス リーダー 16, ダライ ラマ 歴代 4, 野村克也 年俸 5億 19, Radio Fish フリー メイソン 29, ギラギラ 漫画 打ち切り 17, ディーン ヘンダーソン ウイイレ 16, 北海道出身 歌手 アイドル 9, Gメン75 放送 リスト 7, 軽井沢 風越学園 募集要項 25,