あたたかい母親の懐のような場所。 「戯曲」とは、会話劇なのです。 この『桜の園』も喪失の物語。 実際の舞台――セットが置いてあって、役者が行き交って、というのを想像しながら読むのが、一番しっくりくる読み方です。 最後まで読めば、かならず眼の前が明るくなった気分になります。, 韓国釜山2泊3日のモデルコース。韓国リピーターがおすすめする定番から最新スポットまで, 過去は美しい、とりわけそれが幸福な過去だったならば。しかし過去にしがみついていればやがて現在は破綻し、ことによると破滅すらする……。今回ご紹介する本は、ロシアの文豪・アントン・チェーホフの代表作『桜の園』。戯曲として発表当初から愛され、日本でもたびたび上演されている名作です。ロシアの誇る短編作家・戯作者チェーホフは過渡期にあるロシアの「人間」を描きぬきました。没落貴族が過去にしがみついてしまう哀しさ、愛する家を失う恋しさ、そして生活へむかうエネルギー――世界文学史に残るどんでん返しとラストは必見です。. Copyright © Sakura City Library. これまで守ってきた大切な何かを失ってしまった人、生きることに張りあいを見いだせない人にぜひ読んでほしい一作です。 登場人物の一人、ラネーフスカヤ夫人の兄・ガーエフは若き日、この〈ナロードニキ運動〉に身を投じていましたが、運動はやがて下火に。 70 芸術.美術 (49件) 75 工芸 (74件) 71 彫刻 (94件) 76 音楽 (74件) 72 絵画 (215件) 77 演劇 (524件) 73 版画 (2件) 78 スポーツ.体育 (168件) 74 写真 (2件) 79 諸芸.娯楽 (41件) もどる 分野別 … それが手放される、売られてしまう……それは耐えがたい苦痛です。 一体彼らの運命は?〈桜の園〉は誰に買われてしまうのか?世界文学史に残るドラマティック、あの一言による衝撃のどんでん返しが待っているのです。 そしてこの長く続いた共同体が解体されたことで、ロシアは過渡期に入っていくのです。 「ワーリャとロパーヒンは結婚するだろう」とみな噂しあいますが、しかし、2人とも適当な言葉にごまかしてしまうだけ。 背景説明. ――〈桜の園〉が売られたとき、それが本当の生活にむかっていくチャンスなのだと。, さて、ついに売りに出される〈桜の園〉。 そんなことを感じさせられた物語が、チェーホフによって最晩年に執筆された作品『桜の園』です。, この記事では、1ページ目にあらすじや作品情報・トリビアといった解説文を、2ページ目は書評(ネタバレ多め)を掲載していますので、部分ごとに読んでいただいても構いません。, また、本作は電子書籍として読むことも可能で、その際はAmazon発売のリーダー「Kindle」の使用をオススメします。, ロシアの女地主ラネフスカヤは、娘のアーニャらを連れて自身が所有する土地「桜の園」へと帰還した。, 昔から親しんだこの地では兄のガーエフや養女のワーリャが彼女たちを出迎え、家族はつかの間の再開を喜ぶ。, しかし、浪費癖が抜けないがゆえにかつてとは異なり困窮してしまっていたラネフスカヤは、「桜の園」を競売にかけなければならないほどの没落貴族と化していた。, この地を売りに出すことに彼女は猛反対していたが、一方でそれしか道はないことを告げる商人のロパーヒン。, ガーエフも妹の危機に金策への協力を惜しまなかったが、彼らの破産は刻一刻と迫っていた…。, この作品そのものは非常に単純明快な構成をしているので、内容については読んで字のごとくといった感じです。, ただし、しばしば議論の対象となるのは「作品のテーマ」であったりするので、以下ではそのあたりを中心に解説していきます。, ガッツリネタバレをしてしまうと不味いので詳細は次ページに譲りますが、基本的にこの作品の内容は「悲劇性」が強く押し出されているように感じるでしょう。, そもそもラネフスカヤにとって思い入れの深い桜の園を売却しなければならない状況に追い込まれている時点ですでに物悲しい雰囲気がありますし、さらに自身が追い詰められる原因を認識しながらも改善できそうにないわけですから、これはもう絶望的というほかありません。, したがって、皆さんが感じるであろう「悲劇」というイメージは、ある程度読者や観客にとっての共通認識と化しているように思えます。, しかし、それはあくまで我々読者の感想であって、チェーホフはこの作品に全く正反対のテーマを与えました。, 彼はこの作品を着想した時点から「この作品は滑稽なものになる」「コメディを書いてみたい」と周囲に漏らしており、この言葉を信じれば本作は紛れもない「喜劇」として執筆されたことになります。, 実際、この作品につけられているサブタイトルは「四幕の喜劇」であり、ここにも彼の意図が全面に押し出されています。, ところが、我々がこの作品を悲劇だと感じたように、チェーホフの周囲にいた人々たちもやはりこの作品を悲劇だと感じたようです。, 次の項でも触れるようにチェーホフはこの作品を書きあげてすぐ亡くなってしまうのですが、生前に彼が残した, チェーホフがこの作品を書きあげたのが1903年で、彼の没年が1904年。さらに彼の死因は結核です。, これらの情報が指し示すところは、彼が病をおして執筆活動に取り組み、そして後世で知られているような世界的名作としての評価を得る以前に亡くなってしまったということでしょう。, 実際、執筆中のチェーホフは相当に苦しんでいたようで、身体の衰弱や咳といった結核の症状に悩まされながら書き上げた作品といえます。, それでも作品を完成させると彼は自身44回目の誕生日に初演を迎え、体調の芳しくない中で劇場へと足を運びました。, この初演日にはチェーホフの誕生日兼作家歴25周年を祝い舞台上で式辞が述べられたのですが、その際のチェーホフは咳が止まらない様子で、周囲の参加者が「盛大な式典であったがまるで葬式のような重苦しさがあった」という感想を抱くほどでした。, そして、彼は病状が回復することなく衰弱を重ねていき、同年の夏ごろにこの世を去っています。, 以上のように、この作品が死に瀕した状態で執筆されたものであるということを知っておくと、また解釈の幅が広がるようにも思えるのです。, これはあくまで想像ですが、彼が意図したようなコメディとして受け入れられる作品にならなかった背景には、死に瀕した人物特有の暗さや絶望が作用しているのかもしれません…。, チェーホフ自身は完成後すぐに亡くなってしまいましたが、作品自体は世界中に輸出されていきます。, 日本においても大正4年(1915年)には帝国劇場で演劇として上演されており、戦前から日本社会で広く受け入れられていた様子が確認できるのです。, 特に本作から影響を受けたことで知られる作家は太宰治で、彼は自身が読んだ『桜の園』と戦後に没落していく生家を重ね合わせて, そこから着想を膨らませた太宰は、1947年に本作をモデルとした『斜陽』という作品を発表。, この作品は現代でもしばしば読まれる太宰の代表作であり、ベストセラー化したことで日本における本作の知名度が大きく向上することになりました。, なお、『斜陽』からみた本作との相違点や、太宰の生家である津島家を襲った戦後農地改革については以下の記事で解説しているので、こちらも合わせてご覧ください。, \500作以上の古典文学が読み放題!/Kindle Unlimitedを30日間無料で体験する!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, それゆえに一般小説とは読み方が多少異なりますが、慣れてしまえばかえって戯曲のほうが読みやすいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。. http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=628, https://www.aozora.gr.jp/cards/000121/card628.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=627, https://www.aozora.gr.jp/cards/000121/card627.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=92, https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card92.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=45245, https://www.aozora.gr.jp/cards/000129/card45245.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=474, https://www.aozora.gr.jp/cards/001528/card474.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=42196, https://www.aozora.gr.jp/cards/000124/card42196.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=54372, https://www.aozora.gr.jp/cards/001475/card54372.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=882, https://www.aozora.gr.jp/cards/000094/card882.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=42302, https://www.aozora.gr.jp/cards/000914/card42302.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=51034, https://www.aozora.gr.jp/cards/001475/card51034.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=43537, https://www.aozora.gr.jp/cards/000305/card43537.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=635, https://www.aozora.gr.jp/cards/000121/card635.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=3407, https://www.aozora.gr.jp/cards/000050/card3407.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=57228, https://www.aozora.gr.jp/cards/001779/card57228.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=462, https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/card462.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=18377, https://www.aozora.gr.jp/cards/000329/card18377.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=51008, https://www.aozora.gr.jp/cards/001475/card51008.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=3953, https://www.aozora.gr.jp/cards/000311/card3953.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=763, https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/card763.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=100, https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card100.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=140, https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card140.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=179, https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card179.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=42837, https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/card42837.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=55628, https://www.aozora.gr.jp/cards/000026/card55628.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=54837, https://www.aozora.gr.jp/cards/001670/card54837.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=1465, https://www.aozora.gr.jp/cards/000156/card1465.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=2381, https://www.aozora.gr.jp/cards/000096/card2381.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=56645, https://www.aozora.gr.jp/cards/001779/card56645.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=57670, https://www.aozora.gr.jp/cards/001869/card57670.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=57624, https://www.aozora.gr.jp/cards/001869/card57624.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=424, https://www.aozora.gr.jp/cards/000074/card424.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=58187, https://www.aozora.gr.jp/cards/001867/card58187.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=894, https://www.aozora.gr.jp/cards/000026/card894.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=43598, https://www.aozora.gr.jp/cards/001155/card43598.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=624, https://www.aozora.gr.jp/cards/000119/card624.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=1293, https://www.aozora.gr.jp/cards/000082/card1293.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=42308, https://www.aozora.gr.jp/cards/001091/card42308.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=42309, https://www.aozora.gr.jp/cards/001091/card42309.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=211, https://www.aozora.gr.jp/cards/000025/card211.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=42928, https://www.aozora.gr.jp/cards/000258/card42928.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=42378, https://www.aozora.gr.jp/cards/000019/card42378.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=42941, https://www.aozora.gr.jp/cards/000361/card42941.html, http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=46609, https://www.aozora.gr.jp/cards/000236/card46609.html, 里で赤いろうそくを拾ったサルが花火と勘違いして山へ持ち帰り、動物たちとワイワイ話し合い、誰が花火に火をつけるかくじで決める様子が本当にかわいいです。結末も場面を想定するとおかしくなってしまいます。, 多くの悪事をしたにもかかわらず、一つの善行で地獄から救われる機会を与えられたけれど・・・。, 江戸時代の京都。遠島の罪人である喜助が、町奉行所 同心の庄兵衛に手漕ぎ舟で語る話から、安楽死や自殺幇助、足るを知る生き方、果たして本当の話なのか など、色々と考えさせられる短編です。, 前文は 中学の時に暗記したことはあれど全文は未読、という方が いらっしゃるかも。長いようで短く、読みやすいです。勿論、国際協調の信念を貫いた幣原喜重郎氏の名前も、ちゃんと掲載されています。, 主人公の男の子が、天文学者であるお父さんの仕事場を訪れます。その日の夜、男の子は火星に行った夢を見ます。果たして火星はどんなところでしょう。一緒に火星を探検している気分になるお話です。                                     BY M.S, 人魚と人間の物語です。人間の優しさと醜さが描かれています。もの悲しい怪談好きの方にお薦めです。短い作品なので読みやすいです。 BY M.S, 精神的な病を患う友人と共に、古びた館で過ごす主人公。そこでは思いがけない出来事が起こります。果たして病んでいるのは誰なのか。作中の物語と、迫りくる者の気配が合わさり、臨場感を出しています。         BY M.S, クリスマス・キャロルや二都物語で知られるディケンズの怪談です。真面目に仕事に取り組む信号手に起こる不思議な出来事。奇妙な偶然は日常に潜んでいるかもしれません。   BY M.S, この本は、不思議な事に読む度に感動する1冊です。大きな国とそれよりはすこし小さな国の国境を守る兵隊である老人と青年の物語です。戦争は友情も人の命も無情に奪い去ります。平和の象徴の白いばらが枯れ、戦争の残酷さ虚しさが心に残ります。, こんなによく食べる病人は初めてだ。芋粥4杯、菓子パン数個、牛乳1合等。一畳の布団の世界で、病気のこと、俳句、絵画、西洋・東洋比、盆栽の評価まで書き、死ぬこと生きること、病人の気持、看病の仕方まで。食欲が本当だったかどうか分からないが、元気でいると見せたかったのだろう。, 明治以降、文明がどんどん発達し便利になっていった世の中ですが、主人公巳之助のような思いをした人々が歴史の影に存在したのだと考えさせられました。巳之助の過去を捨て新しい世の中で生きようと決意する場面には心を打たれます。 BY Y.H, 越前国の夜叉ヶ池には竜が封じ込められている。竜神との約束を守る為、鐘楼守は日に三度鐘を撞く。約束破れば竜は自由に、村里は水底に。池の主の白雪姫と鐘楼守の妻百合の可愛さといじらしさに胸をうたれます。         By M.I, 残虐なふるまいを嫌い、確固たる信念を持った紳士的な大怪盗と理知的な推理をする名探偵明智小五郎の対決が、発表後80年以上経っても色褪せない魅力的な作品です。助手の小林少年の存在が子どもにも親しみやすく、次はどんなトリックがあるのか楽しみで、シリーズを次々と読みたくなるでしょう。, 小さな山の学校に突然現れた少年によって起こる数々の出来事。その時いつも不思議な風が吹いていた。方言が多く理解が難しいところもあるけれど、原風景を思い起こさせる描き方は印象的で美しいです。転校生なのか、伝説の「又三郎」なのかはわからないが、小説の中の子どもたちだけでなく、謎多き少年は読者の心にも生き続けると思います。, 子ども向けにアレンジされた絵本もあるけれど、本来はこんなに残酷な話だったのかと思いました。おじいさんもおばあさんもかわいそう、うさぎの執拗な復讐ぶりは悪いことをしたといえども、たぬきに同情してしまいます。青空文庫では楠山正雄さんの多くの昔話や童話がアップされていますので、気になる作品があれば気軽に読めるのでおすすめです。, この殿さまは我慢強く、美しいが使いづらい器を苦痛に感じながらも無理して使い続け、そんな食器を与えた家来の了見に思いをめぐらすさまが描かれています。ブランド品や見た目よりも実用性が大事ということだけでなく、人を思いやる心についてさりげなく伝えている作品です。, 著者の幼いころの豊かな暮らしぶりがうかがえると同時に、随所に見受けられる辛口の感想が印象的。, あの文豪が桃太郎のパロディ小説を書いていたなんてびっくりです。桃太郎は正義の味方ではなかったというブラックな内容で、出生の秘密やお供との関係も明らかに!?短いので読みやすく、青空文庫のお試しにぴったりです。, あの文豪が猿蟹合戦の(以下略)。こちらは猿蟹合戦の後日談。敵討ちが残虐な私刑だとバッシングされて…というお話。人間社会を風刺しており、自分の身にも降り掛かって来るんじゃないかとゾッとする。ラストの一言は痛烈。, 「真相は藪の中」という慣用句の語源となった小説で、黒澤明の映画「羅生門」だの原作でもあります。登場人物が自分勝手な証言をするために真相はわからず曖昧に終わってしまいます。あれこれ想像してみるのも楽しいです, タイトル通り暗号が出てくるお話ですが、読者は暗号を解くことはできません。嫉妬深い主人公にもやもやと読み進めましたが終盤のどんでん返しですっきり。アンゴウは「暗号」ではなく「暗合」だったという秀逸なタイトルが○。, 中原中也に関して、『汚れちまつた悲しみに』が有名でダダイスム。繊細で攻撃的なイメージなのですが大衆的なものはとりあえず否定から入る感じが今でいう、辛口評論家のよう。ジャズはまぁ好きなのかな?という感想でした。  BY S.H, ブラック企業問題で、近年話題になった蟹工船も青空文庫で読めるんですね。意味のわからない言葉も多いのですが、描写が少なくセリフが多いので意外と読みやすいです。今の時代でも通じるテーマ、一読の価値ありです。, 夢野久作の名前は知っていても、読んだことがないという人が多いのでは?この作品は短編ですぐ読み終わりますが、独特の世界観に引き込まれます。何度も読み返したくなる構成もおもしろい。題名から想像するほどグロくないのでご安心を。, 汽車の中で、押絵を窓に立て掛けていた男と乗り合わせる。押絵にはまるで生きているような美しい娘と老人の姿があった。そして男が語る不思議な物語。何ともいえない余韻が残る、幻想的で美しいお話です。                 BY K.A, 火事で両親と店を失った大工の若棟梁・茂次。周囲の人々と協力して店の再建に奮闘します。江戸っ子たちの人情や心意気に胸が温かくなる物語です。希望を感じさせるラストに明るい気持ちになれます。, 同じ奉公先で働く男前で器用な栄二と愚鈍だが誠実なさぶ。二人のずっと変わらない友情と絆の物語。無実の罪 を着せられた栄二がさまざまな人間関係の中で成長していく姿、さぶや仲間達との友情に感動します。         BY K.A, 困窮生活の中、心に重圧を抱えつつ、京都の街を日々彷徨う私。今まで好んでいたものに心が響かなくなり、代わって裏通の風景が好きになったりします。この小説は、私の感覚を忠実に描き、不思議な余韻を残します。  BY  Y.M, 一人ひっそりと簡素な生活をしている僕の取り留めのない回想と、普段のなにげない人々との交流を素直に描く小説です。古書店の少女との会話など、今読んでも微笑ましくなります。, 思わず口ずさんでしまう心地よい言葉のリズム、イメージを誘う独特なオノマトペ、中也の美しい処女詩集を抜粋でなく全編読めるのが嬉しいです。, かつて、桜の園と名を馳せた栄華なお屋敷の住人たちが、その地を去る日までの人間模様を描いた戯曲です。特に印象に残るのが最後の場面で、喜劇が一転して悲劇のように思えてくるのです。, 才能にあふれた李徴が世に認められず挫折し苦悩し虎になってしまう。山中で友人袁惨と出逢い、自らの心境を吐露し、最後に家族のことを頼む。高校時代の恩師が熱く語っていたことを思い出しながら読んだ。難解だと思っていたが、短編なのと、語句は難しいながら文は歯切れよく読みやすかった。思いやることの大切さを感じた。, グリム兄弟の童話集は小さい頃たくさん読んだ。それは子ども向けになっていて原作とは随分違う展開をしている。改めて翻訳物を読んでみると違いがよくわかっておもしろい。白雪姫、ラプンツェルなどで違った印象を受けるのではないでしょうか。, 学校の国語か道徳の授業で読んだのだと思います。その時は少年の行いや心情に注目していた気がします。今回読み返して、問い詰めることなく子どもの後悔する気持ちを受け入れ、暖かく指導できる先生の存在が、その子の人生に大きな影響を与えたことに感銘を受けました。大人に読んで頂きたい一冊です。, 物語自体は短いですが、とにかく怖い!自分が同じ目にあったらと思うとぞっとします。ちなみに貉とは主にアナグマのことを指すそうで、日本の民話では狐や狸と並び、よく人を化かす妖怪として描かれています。, 赤い靴の魅力にとりつかれた身勝手な少女が悔い改め祝福と共に天に召されるまでの物語。呪いをかけられ足を切断など怖い場面もありますが、最後にカレンが教会に行き天に召される場面はとても美しく心洗われます。, 毎日田畑を耕し、作物を育て一生懸命生きているイワンはそれでも幸せだった。欲のためにすべてを失う兄二人とは正反対。.

Geforce Experience 再インストール, ニコラス 新橋 クリスマス, 富士山 初冠雪 静岡, 男の子 シャツ 型紙 無料, オールド イングリッシュ シープドッグ 安い, Glim Spanky こんな夜更けは 歌詞, 2l判 サイズ アルバム, 智 弁 和歌山 撫養, イギリス 関税 いくら, 遊戯王 攻撃を防ぐ カード, ツイステ カプ缶 予約 3, タガタメ 闇の王 ソロ, アドレス110 マフラー交換 中古, 論文 英語 単語帳, ロックナット レンチ スイングアーム, ダイエット中 焼肉 部位, メアリー スチュアート レスター, 多重録音 アプリ 無料, 古英語 名詞 変化, 教科書 マーカー 引き方, シエンタ ルーフキャリア Inno, Friday Night Plans - Honda アルバム,