| 14 石川步 | 15 有原航平 | 16 高梨裕稔 | 17 源田壯亮 | 18 田中和基 | 19 高橋禮, 50 荒卷淳 | 51 江藤正 | 52 野口正明 | 53 川崎德次 | 54 宅和本司 / 田中文雄 | 55 宅和本司 | 56 三浦方義 | 57 稻尾和久 | 58 稻尾和久 | 59 杉浦忠, 60 小野正一 | 61 稻尾和久 | 62 久保征弘 | 63 稻尾和久 | 64 小山正明 | 65 尾崎行雄 | 66 米田哲也 | 67 池永正明 | 68 皆川睦男 | 69 鈴木啓示, 70 成田文男 | 71 木樽正明 | 72 山田久志 / 金田留廣 | 73 成田文男 | 74 金田留廣 | 75 東尾修 | 76 山田久志 | 77 鈴木啓示 | 78 鈴木啓示 | 79 山田久志, 80 木田勇 | 81 今井雄太郎 / 村田兆治 | 82 工藤幹夫 | 83 東尾修 / 山內和宏 | 84 今井雄太郎 | 85 佐藤義則 | 86 渡邊久信 | 87 山沖之彥 | 88 渡邊久信 / 西崎幸廣 / 松浦宏明 | 89 阿波野秀幸, 90 渡邊久信 / 野茂英雄 | 91 野茂英雄 | 92 野茂英雄 | 93 野田浩司 / 野茂英雄 | 94 伊良部秀輝 | 95 Kip Gross | 96 Kip Gross | 97 西口文也 / 小池秀郎 | 98 西口文也 / 武田一浩 / 黑木知宏 | 99 松坂大輔, 00 松坂大輔 | 01 松坂大輔 | 02 J.パウエル | 03 齊藤和巳 | 04 岩隈久志 | 05 杉內俊哉 | 06 齊藤和巳 | 07 涌井秀章 | 08 岩隈久志 | 09 涌井秀章, 10 和田毅 / 金子弌大 | 11 田中將大 | 12 攝津正 | 13 田中將大 | 14 金子弌大 | 15 大谷翔平 / 涌井秀章 | 16 和田毅 | 17 菊池雄星 / 東濱巨 | 18 多和田真三郎 | 19 有原航平, 50 米川泰夫 | 51 阿部八郎 | 52 柚木進 | 53 米川泰夫 | 54 宅和本司 | 55 河村久文 | 56 梶本隆夫 | 57 梶本隆夫 | 58 稻尾和久 | 59 杉浦忠, 60 杉浦忠 | 61 稻尾和久 | 62 米田哲也 | 63 稻尾和久 | 64 尾崎行雄 | 65 尾崎行雄 | 66 田中勉 | 67 鈴木啓示 | 68 鈴木啓示 | 69 鈴木啓示, 70 鈴木啓示 | 71 鈴木啓示 | 72 鈴木啓示 | 73 成田文男 | 74 鈴木啓示 | 75 東尾修 | 76 村田兆治 | 77 村田兆治 | 78 鈴木啓示 | 79 村田兆治, 80 木田勇 | 81 村田兆治 | 82 松沼博久 | 83 山沖之彥 | 84 佐藤義則 | 85 佐藤義則 | 86 渡邊久信 | 87 阿波野秀幸 | 88 小川博 | 89 阿波野秀幸, 90 野茂英雄 | 91 野茂英雄 | 92 野茂英雄 | 93 野茂英雄 | 94 伊良部秀輝 | 95 伊良部秀輝 | 96 工藤公康 | 97 西口文也 | 98 西口文也 | 99 工藤公康, 00 松坂大輔 | 01 松坂大輔 | 02 J.パウエル | 03 松坂大輔 | 04 新垣渚 | 05 松坂大輔 | 06 齊藤和巳 | 07 達比修有 | 08 杉內俊哉 | 09 杉內俊哉, 10 達比修有 | 11 達比修有 | 12 田中將大 | 13 金子弌大 | 14 則本昂大 | 15 則本昂大 | 16 則本昂大 | 17 則本昂大 | 18 則本昂大 | 19 千賀滉大, 50 荒卷淳 | 51 柚木進 | 52 柚木進 | 53 川崎徳次 | 54 宅和本司 | 55 中川隆 | 56 稻尾和久 | 57 稻尾和久 | 58 稻尾和久 | 59 杉浦忠, 60 小野正一 | 61 稻尾和久 | 62 久保田治 | 63 久保征弘 | 64 妻島芳郎 | 65 三浦清弘 | 66 稻尾和久 | 67 足立光宏 | 68 皆川睦男 | 69 木樽正明, 70 佐藤道郎 | 71 山田久志 | 72 清俊彥 | 73 米田哲也 | 74 佐藤道郎 | 75 村田兆治 | 76 村田兆治 | 77 山田久志 | 78 鈴木啓示 | 79 山口哲治, 80 木田勇 | 81 岡部憲章 | 82 高橋里志 | 83 東尾修 | 84 今井雄太郎 | 85 工藤公康 | 86 佐藤義則 | 87 工藤公康 | 88 河野博文 | 89 村田兆治, 90 野茂英雄 | 91 渡邊智男 | 92 赤堀元之 | 93 工藤公康 | 94 新谷博 | 95 伊良部秀輝 | 96 伊良部秀輝 | 97 小宮山悟 | 98 金村曉 | 99 工藤公康, 00 戎信行 | 01 Nathan Minchey | 02 金田政彥 | 03 齊藤和巳, 松坂大輔 | 04 松坂大輔 | 05 杉內俊哉 | 06 齊藤和巳 | 07 成瀨善久 | 08 岩隈久志 | 09 達比修有, 10 達比修有 | 11 田中將大 | 12 吉川光夫 | 13 田中將大 | 14 金子弌大 | 15 大谷翔平 | 16 石川步 | 17 菊池雄星 | 18 岸孝之 | 19 山本由伸, 50 荒卷淳 | 51 江藤正 | 52 柚木進 | 53 川崎德次 | 54 西村貞朗 | 55 中村大成 | 56 梶本隆夫 | 57 稻尾和久 | 58 稻尾和久 | 59 杉浦忠, 60 小野正一 | 61 稻尾和久 | 62 稻尾和久 | 63 稻尾和久 | 64 Joe Stanka | 65 尾崎行雄 | 66 田中勉 | 67 足立光宏 | 68 皆川睦男 | 69 鈴木啓示, 70 木樽正明 | 71 山田久志 | 72 山田久志 | 73 成田文男 | 74 金田留廣 | 75 鈴木啓示 | 76 山田久志 | 77 山田久志 | 78 鈴木啓示 | 79 山田久志, 80 木田勇 | 81 村田兆治 | 82 工藤幹夫 | 83 東尾修 | 84 今井雄太郎 | 85 東尾修 | 86 渡邊久信 | 87 工藤公康 | 88 西崎幸廣 | 89 阿波野秀幸, 90 野茂英雄 | 91 郭泰源 | 92 石井丈裕 | 93 工藤公康 | 94 伊良部秀輝 | 95 伊良部秀輝 | 96 E.希爾曼 | 97 西口文也 | 98 西口文也 | 99 松坂大輔, 00 松坂大輔 | 01 松坂大輔 | 02 J.包威爾 | 03 齊藤和巳 | 04 岩隈久志 | 05 杉內俊哉 | 06 齊藤和巳 | 07 達比修有 | 08 岩隈久志 | 09 達比修有, 10 和田毅 | 11 田中將大 | 12 吉川光夫 | 13 金子弌大 | 14 金子弌大 | 15 大谷翔平 | 16 大谷翔平 | 17 菊池雄星 | 18 菊池雄星 | 19 千賀滉大, 投手 | 捕手 | 一壘手 | 二壘手 | 三壘手 | 遊撃手 | 外野手 | 指定打擊, http://udn.com/NEWS/SPORTS/SPO1/3967328.shtml, Dice-K leaves start Tuesday night with tired shoulder, Matsuzaka roughed up in return as St. Louis defeat Boston, https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=松坂大輔&oldid=62403804. 9回、シートの変更で「ピッチャー、松坂」がアナウンスされたとき、まるで代打逆転サヨナラ満塁ホームランが飛び出したときのような大歓声がこだました。 「ここでマウンドに、マッ・ツッ・ザッ・カッ・ダッ・イッ・スッ・ケッです」 名無しのパセリ 2020-10-17 at 01:36 【悲報】バレンティン4打数0安打で.172にwwwww ここ数年ほぼ全打席見てたちなヤクやが、さすがにこんなんで活躍してたわけやないよ。 去年くらいから速球はムリめになってきてお察し。あとはあたたかく看取っていくつもりやったんや。 昭和、平成を通じNHKアナウンサーとして40年間、主に高校野球、プロ野球の実況を担当し、名物アナウンサーとして人気を博した小野塚康之さん(62)。今年3月にフリーに転身したのを機に、伝説の名場面、知られざる裏話などを、自身の名調子とともに振り返る。, これが40年近くかたくなに貫いてきた私の野球実況のポリシーだが、たった一日だけこの信念がぶち壊され、雰囲気に酔わされてしまったことがある。1998年(平成10年)8月21日、第80回全国高校野球選手権大会準決勝の横浜(東神奈川)対明徳義塾(高知)戦だ。, 6点差を逆転し横浜がサヨナラ勝ちを決めた瞬間、地鳴りを伴うような大歓声に包まれた甲子園球場のバックネット裏で、私は絶叫し、涙がにじみ鼻水を垂らしながら、放送席のテーブルを両手のひらが真っ赤になるほど強くたたいた。, なぜこうなったのか、振り返ってみると、それは前日の松坂大輔(現中日)へのインタビューから始まっていた。高校野球ファンならば皆さんご存じの、PL学園(南大阪)との延長17回の死闘の直後だ。聞き手としてマイクを向け、翌日について最後に質問した答えが「明日は投げません」だった。その一言を吐き出す表情は、250球完投の剛腕ではなく、雨にぬれた子犬のようにかわいらしく、声も弱々しかった。ここから心を揺さぶられ始めたのだった。, 現実的には、翌日登板するのは健康管理や彼の雰囲気からみて難しい。でも、松坂大輔は圧倒的なセンバツ優勝投手、「平成の怪物」だ。春夏連覇の大目標もあり、引けないチーム事情もあるのでは? 強敵明徳義塾相手に大将なしで戦うのか?…などなど、いつもなら冷静に事態を見極めるはずが、松坂大輔登板に期待する自分が頭をもたげていたのだった。, 当日、メンバー表に記載された彼の守備位置は“投手”ではなかった。「4番レフト松坂」のアナウンスの時のどよめきの大きさが、史上最高に注目されたスタメン発表だったことを表している。同時に、特別な空気が流れ始めた。視線がレフトに集まるのだ。私もだ。バッテリーを中心に全体に目配りするのが常だが、1球ごとにレフトを見やる。攻撃時はベンチ。放送席からダッグアウトの中までは良くは見えないので、カメラマンが切り取るモニター映像に注目する。, 気分は張り込み捜査のようになって来る。松坂が右腕をテーピングでぐるぐる巻きにしたままイニングは進み、中盤まで6点ビハインドの劣勢が続いたが、最初の投手交代では出てこなかった。, ところが5回を過ぎると、攻撃の合間に松坂がキャッチボールを開始したのである。観衆は視線をその一点に貼り付け、腰を浮かす。このあたりから私も、マツザカワールドに導かれ“漫画の世界”にスリップする。スタンドを背景に「ザワザワ」という擬音と「キターッ」という文字が浮かび上がってみえた。, そして8回、4点を返し、出塁してホームに戻ってきた松坂大輔が、右腕のテーピングを外す瞬間がやってきた。, 文字とともにテープをはがす音が響き渡った気がした。ここから三塁側の投球練習場に向かい、ピッチングを始めた。試合のマウンドに立っているわけでもないのに、練習の1球1球に皆が息を詰めて見守る。「おー! これならイケるんちゃうか」。スタンドのリアクションまで、吹き出しとなって目に飛び込んでくるようだ。, 9回、シートの変更で「ピッチャー、松坂」がアナウンスされたとき、まるで代打逆転サヨナラ満塁ホームランが飛び出したときのような大歓声がこだました。, 私もそれに負けないように、一音一音歯切れよく叫んだ。それから後のことはよく覚えていない。完全に松坂大輔にのみ込まれた真夏の夢の1日だった。, 松坂大輔は「怪物くん」だ。かつて「怪物」と呼ばれた江川卓は、クールで相手を力で圧倒する実力派だったが、松坂大輔は鼻が丸く、目尻がほんの少しだけ下がっていて、憎めず愛らしく、ほほ笑んだり、ため息もつけば悔しがりもし、表情豊かでその都度メッセージを発信していた。だから、聞こえない音が聞こえてきたり、見えない文字が目の前に浮かんだりする、漫画のような世界に引き込んでくれるのだろう。, そして「怪物」は勝ち切れなかったが、松坂大輔は勝利者となった。前年秋の新チーム結成以降、公式戦44勝無敗。マツザカダイスケワールドは全てが漫画のようで「怪物くん」なのだ。, ■小野塚康之(おのづか・やすゆき) 1957年(昭和32年)5月23日、東京都生まれ。80年(同55年)、学習院大からNHKに入局。以降40年間、主に高校野球、プロ野球の実況を担当し、名物アナウンサーとして活躍した。今年3月にNHKとの契約を終了しフリーに。現在もDAZN、日テレジータスなどでプロ野球実況に携わっている。, “怪物”松坂大輔、右腕のテーピングを「バリバリバリ…」 小野塚康之さんの“実況ポリシー”がぶち壊された瞬間.

フォートナイト ウララ バーボン 8, マツモ メダカ 食べる 18, ひみつの嵐ちゃん マネキンファイブ 特別編 動画 11, 北斗晶 息子 ブログ 8, 非モテ 諦め 2ch 6, ドラクエ10 チョッピ荒野 行き方 13, ジョブカン 打刻 退勤 10, Ff14 アイメリク 死亡 35, ルーク 名前 漢字 7, フクロウ 象徴 西洋 42, マシコ タツロウ 妻 7, 桜木 花道 生活費 15, Dod3 尽きる 歌詞 15, 千代の 海 彼女 15, あいのり かにゃ 整形 4, 貴闘力 息子 力士 7, セキセイインコ 羽 広げる 7, 踊る大捜査線 キャスト 脇役 13, 休学中 定期 学割 4, コンビニ トートバッグ ファミマ 7,