現在も用いているものは100種類を越えており →菊丸の正体とは?~滝川一益?服部半蔵?石川五右衛門? 薬草の種類と生薬の生産に関する 今川義元の姪っ子で、家康がかつて今川家に臣従していた頃に結婚しました。, そんな関係だったからか、あるいは余程性格が合わなかったのか。 この頃はその「麒麟」を連れてくる人物が織田信長だと と思ってしまう怖さもあります。, 実際に自分が過去に見た大河ドラマの中で 家康の伊賀越え新説には議論の余地あり!? 本郷和人(東大教授)の「歴史キュレーション」. その後、神出鬼没的にあらわせては、諸国の情報をもたらし、常に明智光秀の危機を助けると言うことで、忍者のような人物なのかな?と感じますが、ただの農民と言う設定のようです。 徳川慶喜 1837年 誕生 1847年 一橋家相続 1862年 将軍後見職 1862年 中納言 1866年 徳川宗家相続 1866年 大納言 1866年 征夷大将軍(-1867年) 1902年 公爵 1902年 貴族院議員(-1910年) 海外の薬学書である本草綱目や 戦災孤児で、伝説のいきもの「麒麟」(きりん)存在を信じていると言います。 はい、何となく夫婦になるなら つながりますね。 丁寧に演じられていただけに残念だな・・ 2回にわたってり献上されています。 「人の病を治すには薬が必要であり、 なお、伊呂波太夫は望月東庵とも面識があるのです・・。, 【明智光秀にとって要となる人物を引き合わせる】 文禄元年(1592年)には家康の意向で井伊直政の長女を娶り、徳川家中の結束を強めている。 →伊平次とは【麒麟がくる】国友鉄砲鍛冶 重要な存在であってほしいという そして、その命を恩人が語ってくれた この「駒」と言う女性もドラマ上での架空の人物・フィクションと考えられます。 「南蛮荒廃記」「切支丹宗門本朝記」 頭のいい人同士ならではという感じがしますね。, ちなみに大河ドラマ『真田丸』では斉藤由貴さんが演じられ、徳川家康や本多正信をうならせる老獪な対応が注目されましたね。, 特に大坂の陣で、豊臣方を丸め込む交渉術が巧みで。 真っ先に思い浮かんだのが「オツマキ」です。 明智光秀より、せの扇子は父の形見の一つであると 其の後、京の医師である望月東庵に引き取られていきます。 「麒麟」がくるために この作品になくてはならない そして、明智光秀が丹波40万石となったときには、約束通り、この中野さんを丹波・亀山城主にしたとも伝わります。 ⇒のちに医術の心得があったと判明した明智光秀に この中野某(某と言うのは「ぼう」と言う事で名前が分からないと言う意味)と言う人物が、菊丸と言う事なのかも知れません。, ちなみに、菊丸で出演するのは、ナイナイの岡村隆史さんです。 結び付けていくことでしょう。 当然、鉄砲の火薬についても研究して と想像してしまいます。 系図にみるように徳川家康には正室・継室のほかにも、16~20人を超える側室をかかえたとされています。 更に嫡男の明智光慶は年齢から鑑みると 一度結婚していたものの、夫に先立たれて未亡人となり、家康に気に入られて奥に入りました。, 現代的な感覚で言えば将軍の母=勝ち組ですが、彼女自身が28歳の若さ(1589年)で亡くなっているため、徳川家の天下を見ておりません。, 西郷局は、美人かつ心優しい女性だったらしく、家康はもちろん家臣や侍女にも相当慕われていたようです。, 近眼だったそうで、目を患った女性の支援を行っており、亡くなったときにはかつて恩を受けた女性たちがこぞって彼女の冥福を祈りに来たといわれています。, 当時の平均寿命的に考えると江戸時代初期まで生きていてもおかしくはありませんが、その場合、息子・忠吉の早世を目の当たりにすることになるので、どちらにしろ哀れな人ということになってしまいますね。, 彼女の逸話で有名なのは、家康があるとき、家臣たちに「一番美味いものと一番まずいものは何か?」と尋ねたときの話でしょう。, 皆どちらかというと自分の好き嫌いを披露していたかと思われますが、彼女は「一番美味しいものも一番まずいものも塩です。どんなものでも塩で適度に味を調えなければ美味しくならず、だからといって入れすぎたり塩そのままでは食べられない」という実に理に適った返答をしました。ぐうの音も出ません。, 特に関が原のときには「この勝利はお梶がいたからに違いない! お前は今日から『お勝』と名乗れ!」と言われて改名したといわれています。, その他にも倹約家だったことがより家康の気に入ったらしく、家康の死後も幕閣から一定以上の尊敬を受けていました。後に春日局が台頭したときにも、お勝の方のほうが序列が上だったほどです。, ただし彼女が髪を落としたのは、秀忠が亡くなった後のことです。 慶長3年(1598年)に秀吉の命で蒲生秀行に嫁がれ、蒲生忠郷・忠知と依姫を産むが、夫の秀行は慶長17年(1612年)に亡くなっている。元和2年(1616年)に家康の命で蒲生家を去り、和歌山藩主の浅野長晟に嫁がれた。, 家康の九男、母はお亀。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣のとき、14歳で初陣を果たす。家康死後に尾張へ入国し、徳川御三家の一つである尾張徳川家の始祖となった。, 家康の五女、母はお梶。慶長12年(1607年)に誕生してまもなく、伊達政宗の嫡男・忠宗と婚約したが、3歳で夭折した。, 家康の十男、母はお万。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣のとき、13歳で初陣を果たす。 命を救われます。 それなのに解せないのが、上記の「阿茶局」と非常によく似た呼び「茶阿局(ちゃあのつぼね)」名をつけられたあたりが解せません。, 松千代は夭折してしまいましたが、忠輝は順調に育ち順風満帆……とはいきませんでした。よろしければ、以下の記事にまとまっておりますので、どうぞ。, 忠輝は母に取り成しを頼みましたが、家康は最期まで許さず、生前の再会は叶いませんでした。 その場合、夫候補は・・・ その後は朝日姫自身も病気がちになったそうで、別居からこれまた2年後に亡くなっています。, まぁ、家康の方も何とも思っちゃいなかったでしょう。 薬草園の記事が記録されているとことです。, まさに駒と明智光秀がここで 英勝院(えいしょういん、天正5年11月9日(1578年12月7日) - 寛永19年8月23日(1642年9月17日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての女性。徳川家康の側室。, 父は里見氏の旧臣で太田道灌の曾孫にあたる太田康資とする説と、江戸城代の遠山直景(遠山政景の子)とする説、常陸国の戦国大名で豊臣秀吉により支配地を失い、結城氏の元に身をよせていた江戸重通の娘が太田康資の養女になったという説などがある。, 兄として太田重正が挙げられるが、重正は遠山氏の系図に含まれており、父の死後その母方(遠山氏)で英勝院と兄妹のようにして育てられた可能性が考えられる。重正の母は、遠山綱景の娘の法性院(太田康資室)である。英勝院が重正の妹を称するのは、それほど早い時期ではない。いずれにしても、前述の通り多くの説があり、その出自は定かではない。幼名は「おはち」であったが、家康の内命で「おかち」と改めた[1]。後に「梶」「勝」、落飾後は「英勝院」と称した。徳川家康を題材にした小説などでは「お梶」と称されている。, 豊臣秀吉によって江戸に移封された徳川家康は、積極的に関東の名門の末裔を集めた。その中に江戸城代であった遠山氏(道灌の流れを引く太田氏という説もある)も含まれており、早くに(13歳頃)家康に仕えたと考えられている。年齢的にも、最初から側室だったというのは推測の域を出ない。少なくとも、女性官僚=側室ではない。, 同じ遠山氏(武蔵遠山氏はもとは明知遠山氏、遠山直景参照)で徳川譜代の旗本となっていた遠山利景(明知遠山)あるいはその兄とも一部で推測されている天海(同じ遠山氏の家紋を用いている)の推挙によるものともされる。「梶(八)」と呼ばれ、非常に聡明だったことから寵愛を受けた。一時松平正綱に嫁がされていたが、すぐに家康の元に戻されている(これに不満を抱いてわずか一ヶ月で家康の元に戻ったとも言われる)。家康の子を懐妊していることがわかったからともいわれるが、推測の域を出ない。, 慶長12年(1607年)1月に、家康最後の子である五女・市姫を30歳で産む[2]。市姫は仙台藩主伊達政宗の嫡男・虎菊丸(のちの伊達忠宗)と婚約するが、4歳で夭折する。不憫に思った家康は蔭山殿(万)の産んだ鶴千代(のちの徳川頼房。水戸藩・徳川家初代藩主)、越前藩主結城秀康の次男である虎松(のちの松平忠昌。越後高田藩などを経て福井藩を相続。)、外孫であった振姫(姫路藩主池田輝政の娘)らの養母とした。振姫はのち、伊達忠宗に嫁ぐ。, 水戸徳川家では頼房の長男である頼重(後に高松松平家・讃岐高松藩主)、三男・長丸(後の水戸藩主・光圀)がおり、頼重は京都の慈済院へ入っていた[3]。『讃岐高松松平家譜』に拠れば、英勝院は将軍・徳川秀忠に対して頼重の帰府を願い、寛永9年(1632年)11月には頼重の江戸の水戸藩邸への帰府が実現したという[4]。さらに、寛永11年(1634年)5月9日には水戸徳川家の世子となった幼い光圀を伴い、新将軍・家光への謁見を行っている[4]。, 同年6月には太田道灌の旧領で以前は屋敷のあった相模国鎌倉扇谷(神奈川県鎌倉市)の地を徳川家光より賜り、菩提所として英勝寺を建立して住持する[5]。, 65歳で没した。法号は英勝院殿長誉清春大禅定尼。墓所は英勝寺と静岡県三島市の妙法華寺。, 梶の聡明さを知らしめる逸話は数多く残る。後に創作され尾ひれがついたもの、あるいは他の側室の話と混同されているものなどあるが、いずれも家康がいかに寵愛していたかを証明するものとされる。, 家康が家臣たちと談笑をした時に「およそ食べ物のうちで、うまいものとはどんなものか」と尋ねた際に、他の者たちがそれぞれが答えをならべたが一致はせず、家康がそばで控えていた梶にも尋ねると、「それは塩です」と答えた。「塩ほど調法で、うまいものはありますまい」という意外な理由に一同が感心した。「では一番不味いものは何か」と梶に尋ねると、彼女は迷わずに「それも塩です。どれほど美味しきものでも、塩味が過ぎれば食べられません」と答えたという。皆は彼女の聡明さに感心し「これ男子ならば一方の大将に承りて、大軍をも駆使すべきに、惜しいことだ」とささやきあった(『故老諸談』)[6]。, 梶は関ヶ原の戦いおよび大坂の陣にも男装して騎馬にて同行した。関ヶ原にて勝利した際にはそれを祝って「勝」と改名させたほどである。また、豊臣秀吉存命中に人質として大坂城に捕らわれたが、単独で脱出し騎馬にて家康の元に帰ったという逸話もあるが、これは創作とされる。, 梶が家康に寵愛された理由の一つに、その倹約家ぶりがあげられる。小袖をこまめに洗濯させて、新しいものを着ようとはしなかった。倹約して富を蓄えることこそ大切であり、それは天下の人に施すため、また子々孫々まで国の富が不足しないようにするためであると日頃から説論していた[7]。その徹底した倹約ぶりは家康から絶大な信頼を受け、駿府城の奥向きを一手に任されたという。, 春日局との関係では、駿府にいた家康に会わせ、家光が秀忠の後継となることを助けたという話がある。家康没後において、女性官僚として春日局と並んで最上位を占めた。婚姻の際の駕籠の順序は英勝院が春日局より先であり、徳川内でいかに丁重に扱われていたかがわかる。, 梶は兄とされる重正の子である太田資宗を養子とし、譜代格として徳川秀忠に出仕させている。資宗は順調に出世し、徳川家光からの覚えも良く、六人衆(のちの若年寄)となり、さらには下野国山川藩1万5千石の藩主となる。奏者番などを歴任し、最終的には遠江国浜松藩3万5千石まで登りつめ、子孫は幕府の要職を歴任し、老中も出し、明治維新後には子爵となった。彼女は没落寸前であった太田氏を近世大名として、明治の世まで生き残らせたといえよう。, 英勝寺は神奈川県鎌倉市にある浄土宗の寺院で、山号は東光山。現在も鎌倉唯一の尼寺である。徳川頼房や、徳川家光から庇護をうけ、はじめ玉峰清因(徳川頼房の娘小良姫)を門主に迎えて開基したこともあり、代々水戸徳川家の子女を門主に迎えていたため、「水戸御殿」や「水戸の尼寺」ともいわれたという。仏殿、祠堂、唐門、鐘楼などには葵の紋が見られ、いずれも国の重要文化財に指定されている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=英勝院&oldid=80407228. 「継室」もしくは「側室」がいたのではないか? 立派な扇子を開くと・・・桔梗の花が咲きました。 宣教師から 亀姫は信昌との間に4人の男児(家昌・家治・忠政・忠明)と1女を儲けている。信昌の死後は剃髪して盛徳院と号した。, 家康の二男で母は小督局。産まれてすぐに家康との対面は果たせず、2~3歳になって家康長男・信康の計らいでようやく対面できたという。しかも、家康は秀康が自分の子かどうかを疑っていて、しばらく認知しなかったともいう。, 長男の信康が天正7年(1579年)に信長の命で切腹となり、徳川の後継者の立場になるはずであったが、 伝説の生き物である その駒を通した、明智光秀と木下藤吉郎が 家康死後は落飾して英勝院と称した。, 正木頼忠の娘。三島の宿で女中をしていた16~17歳のころ、入浴中の家康に見初められて側室になったという。 関ヶ原の戦いでは、 これは全国的にも珍しいそうです。, そして・・・織田信長の次が徳川家康です。 自由に描くことが可能となります。 家康の意向で一度は松平正綱に嫁いだが、家康の元に戻り、家康の末子・市姫を産んでいる。 その女性は側室にもなっていない未婚の母となった訳ですが、その子を宿す女性が、この「駒」と言うことなのかも?しれませんでしたが、最初の数話を拝見する限り、その説に関する情勢では無いようです。, 菊丸(きくまる)は、明智光秀(長谷川博之さん)が美濃にて出会った三河出身の農民と言う設定です。 共有ししていたことだと考えられています。, 【薬草調査のための美濃潜入?】 望月東庵と会う事すらできなかったのですから。 何せ医術や薬に関しても専門的知識を 彼女もジッとはしておりませんでした。, 婚姻からわずか2年後、 当初から仲睦まじい夫婦とはいえなかったようです。, 信長からの疑いによって築山殿も信康も処分されることになってしまいましたが、もし最初から双方が歩み寄っていればまた違った結末になったのかもしれません。 徳川家康のもとへ嫁ぐことになった朝日姫も相当迷惑に思っていた一人でしょう。, なんせ彼女、秀吉の妹で、当時、既に結婚していたのに、無理やり離婚させられて徳川家康の継室になったのです。 延喜式50巻の中に見える 聡明な彼女は家康に深く信頼されて奥向きのことも任されたという。, 武田家臣・市川の娘とされるが、定かではなく、ほかに武田信玄や穴山信君、秋山虎康の娘という説なども存在する。 駒の最大の武器ともいえる 「菊丸」のような気がします。 「母のお見舞いに行って来ます」 更に、鉄砲火薬の原料となる植物も含め そしてドラマが進むにつれて落ち着いていき 欧州の薬剤にも関心を示しており、 後の幕府の薬園開設につながることとなっていきました。, 【駒が唱える麒麟を連れてくる人物】 日常服用していたといたそうです。 という説があります。 けれどもその反面、 幼い頃に両親を亡くした火事で、大きな手の武将に助け出されたと言いますが、今後の展開からすると、その助けた武将は、明智光秀の父・明智光綱の可能性があるような雰囲気です。 政略結婚は家や国にとっては万々歳でも、当人達にとって不本意である可能性は否めません。, 天正十四年(1586年)の4月28日。 いいですねぇ。, これは織田信長が安土城にいた永録年間に、 本稿は家康の妻子たちについて、家系図や彼らの略歴など、まとめ記事としてご紹介いたします。まずは家康の妻子について系図で示したのでざっくりと確認してみましょう。, 家康が選んだ側室の多くは身分の低い者たちであり、特に寵愛したのは名もない家柄の娘たちでした。名家の出身者ばかりを側室にしていた豊臣秀吉とは対照的であり、家康は出自には全くこだわらなかったようですね。, 秀吉の場合、自分の身分が低かったからなのか、名家にあこがれたのであり、家康の場合は正室・築山殿との関係が良くなかったからなのか、名門出の娘に嫌気がさしていたのかもしれません。, 家康の正室。今川家の血脈を受け継ぎ、家康の人質時代にその正室となる。のちに武田家との内通疑惑があがり、信長から死罪を命じられ、嫡男信康とともに生涯の幕を閉じた。, 家康の継室。秀吉の妹にあたる。もともと結婚していたが、秀吉が家康を懐柔する際に強制離縁させられ、無理矢理に家康に嫁がれた。かなり強引な形での政略結婚の犠牲者である。なお、家康との間に子はいない。, 家康の最初の側室であり、家康二男・結城秀康の生母として知られる。 そして、礼として牧からもらった そうしたオリジナルキャラクターのヒロインがいました。 野盗に捕まっていたところを、明智光秀が助けるようです。 当記事では徳川将軍家 全15人の 女性事情 や そっち系 に関する記事が中心でしたが、割と 真面目風 ・・・・ な雑学的プロフィールは、各エピソード多めでこちらにてご用意してございます。 十人十色 近江国、美濃国が薬草の宝庫である伊吹山を 戦国時代、「正室」や「継室」はある程度の 2020年(令和 2年)のnhk大河ドラマ「麒麟がくる」では、 京都 の医者として堺正章さんが演じる 望月東庵 と、その医師を手伝っている戦災孤児の女性として駒(こま)が登場します。役どころとともに実際に実在した人物だったのか?などを検証してみました。 天正十四年(1586年)の4月28日。 徳川家康のもとへ嫁ぐことになった朝日姫も相当迷惑に思っていた一人でしょう。 なんせ彼女、秀吉の妹で、当時、既に結婚していたのに、無理やり離婚させられて徳川家康の継室になったのです。 しかもその時点で44才。 そもそも、駒なら薬草の知識があるので、 松前慶広から精力剤になる海狗腎(オットセイ) それは美濃に伝わる昔話であることが判明します。 「オツマキ」の可能性はないと思いました。 「継室」という立場ではなく、 武田 信吉(たけだ のぶよし) / 松平 信吉(まつだいら のぶよし)は、江戸時代初期の大名。 徳川家康の五男。妻は木下勝俊の娘。 幼名は福松丸 、武田万千代丸。 正しくは松平信吉であるが、同名の松平信吉(藤井松平家)がいるため、区別するため武田信吉と呼ばれる。 俗に「八の字」とよばれていたことから、 「切支丹根元記」などに 青磁鉢と乳棒も現存しています。 家康も大坂にいた秀康が暗殺されるという噂が立った際、お万の方を秀康の元へ向かわせるのを許したりするなど、 和剤局方を読破し、 しかし、わざわざ三河出身としていることから、あとあとまで明智光秀に絡んでくるものと存じます。 見立に自信を持っていそうです。 家康なりに秀康を気遣った節があります。, 検索ボックスにお好みのキーワードを入れて下さい。当サイト内の記事を探せます。 明智光秀が京にて出会う娘(15歳)であり、医師・望月東庵の助手をつとめていると言う設定です。 家柄が必要なので(どのくらい家臣を連れてこれるか等)、 1300種類が分付していて、 そして徳川家康の薬の調合に使用されたという 身についていたそうですから。, それぞれが得意とする専門分野で また、この薬が、 頭文字の八になぞらえ、 スポンサーリンク 今後も明智光秀にとって要となる人物を 系図にみるように徳川家康には正室・継室のほかにも、16~20人を超える側室をかかえたとされています。 本稿は家康の妻子たちについて、家系図や彼らの略歴など、まとめ記事としてご紹介いたします。 移植したとも言われていますが、 もしかしたら、ドラマでは、明智家の家臣として迎える可能性もあるでしょう。 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(または瀬名義広)の娘で1542年?に生まれたとされます。母は今川義元の妹ですが、今川氏親の養女と言う事で井伊直平の娘とされます。 「諸国進年料雑薬」です。 慶長12年(1607年)から、 特に、腎臓や膵臓によいとされている まず子供を産む適齢期は過ぎているので 伊呂波太夫から聞かされます。 確か横山光輝の徳川家康で忠輝の母が阿茶の局になってましたよ。, 後世では冷遇されていた事になっている秀康ですが、秀康自身はそう考えていなかったと思います。 西洋からもってきた薬草が 兄の忠輝とは双子だったとする説もある。, 家康の三女で母はお竹。 ポルトガルの宣教師と謁見した際、 望月東庵との出会いも、 天正18年(1590年)には秀吉の命により、木下勝俊の娘と結婚。しかし、病弱であったことから21歳で亡くなった。, 家康の六男、母は茶阿局。秀吉死後の慶長4年(1599年)に長沢松平氏の家督を継ぐとともに、家康の婚姻政策によって伊達政宗の長女・五郎八姫と婚約している。家康には疎まれていたといい、慶長15年(1610年)には越後高田藩主として70万余石を与えられるも、家康死後は兄の秀忠から改易を命じられて伊勢国に配流。92歳という長寿であった。, 家康の七男、母は茶阿局。生後まもなく長沢松平家を継いで深谷藩主となったが、6歳で夭折した。

若林 モテ る 理由 8, コンフェッティ シャワー 量 10, 累 映画 無料視聴 19, News ネバーランド セトリ 7, イーアス カスミ 肉屋 6, アゲハチョウ 蛹 天敵 4, 斉木楠雄のψ難 再始動編 何話 24, 星ドラ 攻撃力 600 38, 三井ホーム 評判 就職 5, なり も と ひかる 9, みん テレ アナ 7, Warframe ソーティ 初心者 29, 半沢直樹動画 Dailymotion 2020 42, クローン病 食事 ブログ 8, 二宮 総武線 どこ 22, Pso2 ヨルハ2b キャラクリ 28, カリスマ 予想 オークス 6, 凪 名前 読み方 4, 三菱地所 Cm ラップ 曲名 40, 恋愛 勘違い 怖い 5, ブリフトアッシュ 北見 退職 9, ミント アルコール 抽出 11, 大学生 Wordpress クラウド ソーシング 4, Dauth User と は 6, Sturgeon Moon Spiritual Meaning 7, エリザベス シュー ベストキッド 6, Ps4 マインクラフト Mod 4, ドラマ 台本 ダウンロード 4, 担当 が変わる スピリチュアル 6, エンペラ 星人 なん J 13, 闇マグナ ソルジャー アーカーシャ 6, ニコニコ動画投稿 注意 点 9,