(宇多丸)2016年、最初に扱う映画は先々週、ムービーガチャマシーンを回して決まったこの映画。『クリード チャンプを継ぐ男』。シルベスター・スタローンをスターダムに押し上げたボクシング映画の金字塔『ロッキー』シリーズの最新作。 ?」っていうぐらい、お話上、結構重要なポイントが映画オリジナルの創作だったりするんですよ。, たとえばですね、序盤。少年時代のエピソード。これは、さっき言った『ペレ自伝』にもある本当の話をベースにしている部分で言うと、ボールを買うお金がないから紙とかボロきれを丸めて、靴下やストッキングに詰め込んで、できるだけ球体に近づけて代用していましたよ、なんて話とか。あと、ストリート。街中が普段はピッチ、俺たちにとっての試合場でした、みたいな話であるとか。あと、最初は靴もなかったので「裸足チーム」と呼ばれていたとかね。ただ、同じ理由で同じ名前をつけているグループが同じバウル地区にはいくつもあったんだって。「裸足チーム」。で、後にペレのチームはスポンサー……選手のお父さんが「お金を出してあげるからスパイクを買っていいよ」ってスパイクを手に入れてからは名前を変えたという(笑)。, あと、「ペレ」っていうあだ名の由来とかですね。元は「ビレ」っていう選手のことを言い間違って「ペレ」となったとか。それを本人は嫌がっていました、とか。あと、ピーナッツを盗んで売った金でユニフォームなどを揃えようとするくだりであるとか。そしてなによりもこの映画にとって最も重要な、動機上の起点ですね。1950年のワールドカップでブラジルが敗北して、街全体が、ブラジル人全体が沈みこんでしまって。主人公にとって泣くはずのない強い大人の代表たるお父さんが涙にくれているのを見て、大きなショックを受けるという。そして、「僕がワールドカップでブラジルを優勝させる」って宣言するという、あのくだり。これらはちゃんと史実に基づいている。一応、『ペレ自伝』にも書いてあるエピソードでございます。, だけど、たとえばですね。さっき「ピーナッツを盗んで」って話をしましたけど。映画で出てくるような、ピーナッツの盗みが原因で幼なじみが1人、大変な悲劇にあってしまうっていう。あんな事件は、自伝のどこにも書いてありません。あんなことあったんだったら、書くでしょ? まあ、たぶんこれ、フィクションですね。明らかにね。まあ後にペレ、大人になってからっていうか、サントスに入ってからかな? チームメイトが海に行って目の前で溺れて死んじゃうという事件があるので、その感じとのミックスではあるかもしれないけれども。少なくとも、幼なじみがピーナッツ事件で死んだわけではない、とかですね。, あとは、これは大きいところだと思いますけども、後にワールドカップ代表チームでチームメイトにもなる、要はこの映画内での因縁のライバル的な役回り。(『巨人の星』における)花形というか。ジョゼ・アルタフィーニさん、通称マゾーラという方。実在する人ですけど、この映画では裕福な彼の家にペレとお母さんが働きに行っていて、非常に屈辱的な扱いを受ける、という話が出てきますよね? これ、完全なフィクションですからね。完全な作り話ですね。このジョゼ・アルタフィーニさん、ペレと同郷でもなんでもない上に、ペレとほぼ同じようなそこそこ貧しい家庭の出だっていう……ひどくない?(笑) で、イタリア系のブラジル人であるっていうのは本当なんだけど、のちにイタリア国籍も取得している上に、イタリア代表選手としてワールドカップに出たりもして。昔は両方の代表で出たりとか全然していたらしくて。なので、要はこういう人ではない。あと、彼が1958年ワールドカップの後半には出場できてなかったという、ここは史実ベースなんだけど、それも劇中で描かれているようなケガが原因とかじゃないんですよね。単にババっていう選手にポジションを奪われたっていう。なので、つまり今回の映画『ペレ』ではこのジョゼ・アルタフィーニさんは実在する人物の名前を使ってはいるけど、実際のところ、映画においては作品のテーマとも非常に密接に絡む、のちに改心するライバルキャラクター。その「のちに改心する」っていうのはつまり、主人公の正しさっていうのを証明するためのキャラクターとして、事実上創作された役回りなんですよね。, 事ほど左様に、結構大きなポイントが実は完全創作だったりするのが多い本作、映画『ペレ 伝説の誕生』ですね。一番びっくりしたんだけど、なにしろ「ここを変えるのか? ここを見せないのか?」って思ったのは、クライマックスとなる1958年のワールドカップ・スウェーデン大会。最初、僕はサッカー詳しくないですから、なにも知らない状態で見て。で、『ペレ自伝』を読んでいて、「あれっ? 俺、映画の方、なんかうっかり完全に見落としていたのかな? 俺、寝てた? 15分ぐらい寝てたかな?」って思うぐらい結構重大なところを……「あれっ? 映画でこんなくだり、あったっけ?」って。で、もう1回映画を見なおしてみたら、「ああ、そういうこと?」みたいに思った。, どういうことかというと、実はこの映画、ペレのキャリア上でものすごい重要なポイント、ペレ自身が自伝の中で「この1958年のスウェーデン・ワールドカップ大会を通じていちばん重要な一戦だったと思う」と言っている、ある試合。つまり、ブラジル対ウェールズ戦というのがソ連戦の後にあるんですけど。これ、ペレがワールドカップで初ゴールを決めた試合なんですよ。つまり、世界がペレを知った瞬間。これが丸ごとこの映画だとカットされていて。ソ連戦の次、もうフランス戦に行っちゃうわけですね。なんでそんなことをしたかっていうと、これはもちろん言うまでもなく、そのほうが物語が、テーマが、より伝わりやすい構成になると作り手たちが判断したからなわけですけど。なので、伝記としては結構大胆なカットの仕方をしているわけですね。, ただ、たしかにたとえ必ずしも史実に忠実ではなくとも……実際、完全に史実に忠実っていうことは、はっきり言って映画化する上で完全には不可能ですし、できるだけ近づけたところで、映画として面白くすることとの両立は非常に難しい。実際にそれを達成できている映画があったとして、それが映画としていいか?っていうと、また別問題だったりするわけで……。たしかに、必ずしも史実に忠実ではなくとも、作品トータルで浮かび上がってくるものが、ペレのいちばん肝心な本質をとらえて浮かび上がらせてくることができていれば、伝記映画としてはむしろそっちの方が正解だったりするっていうことですね。映画っていうのは。, 今回で言えば、史実としては違うけど、トータルでペレがやったことの本質が浮かび上がるならよしとしようっていうことですよね。そもそも、この『ペレ 伝説の誕生』という映画を含め、アメリカ製の、アメリカ人にとって“外人”が主役の伝記映画は、外国が舞台のはずなのに英語でしゃべっていたりとか、人種とかも違っていたりするわけで。その時点で、ある種の寓話化と言いますかね。そういうのが行われていると言ってもいいわけです。まあ、映画というのはそういうものだということなんですけども。その意味で、作品としてのトーンとか、言っちゃえば質とかは全然違うんだけど、僕は個人的にはアラン・ソーキン脚本、マイケル・ファスベンダー主演版の『スティーブ・ジョブズ』……2016年2月27日にこの番組でもウォッチしましたけど。あの『スティーブ・ジョブズ』の作りをちょっと思い出したりもしました。, というのも、あの『スティーブ・ジョブズ』。史実とは結構全然違うところも多いですし。あと、主演本人が別に似せようとしていない問題とかもあるんだけど。スティーブ・ジョブズのキャリア上から、新製品発表会という、要はジョブズにとっての「試合」っていうのを3つ抜き出して。で、しかもその3つの試合のシーンは意図的によく似た構造を持つ修羅場を3回繰り返しています。ただ、3回意図的に繰り返すと、似ているだけにその3回の違い、異なるドラマというのがより浮かび上がる構造を持っていたのが『スティーブ・ジョブズ』、あの作品だったと思います。非常に僕は優れた、史実とは違うけど、これはひとつの伝記映画のあり方だなと思った作品ですけども。 で、今回の『ペレ』もですね、彼の最初期のキャリアから、大きく言って4つの見せ場となる試合を抜き出して。で、その4つの試合、4回をほぼ同じ構造の繰り返しで盛り上げていくという。先ほどのリスナーの感想で「繰り返しが後半、3回続く」ってあったけど、僕は最初の子供時代の、『がんばれ!ベアーズ』的な試合も含めて、同じ構造が4回繰り返していたと思います。, どういう構造か?っていうとですね、要は、ペレがのちにサッカーの王様になるっていうことは、映画を見に来る観客全員が周知の事実なわけですよ。つまり、彼がその天才を発揮しちゃえば──“フォースが覚醒”してしまえば、もう勝負はそこでついてしまうわけです。話が終わってしまうわけです。そこで、ペレが頑張ってやってるのに苦戦とかしてたら、全然カタルシスが生まれないわけですね。いかにペレが天才であることを知らしめるか、という話なので。, だから肝は、いかにペレが天才を発揮できないか、させないか、という話作りになってくる。そのため、本作の見せ場たる4つの試合シーンというのはどれもですね、【1】彼がなんらかの理由でその天才的な能力を抑圧されている、たとえば使うことを禁じられている。で、【2】もう我慢の限界だ! というところまでその抑圧構造を引っ張っておいて、フッと息をつくようなところでピッチの外側にいる……つまり試合には直接参加していない、外側にいる、その時点で主人公が最も信頼する、期待に応えたいと思うような人物もしくは人たちとの無言のアイコンタクトを通じて、「お前のその能力、いまこそ使え!」と、言わば無言の承認を得る段階を経て…… 【3】禁を破って覚醒! で、「そら見たことか」の圧倒的成果が出るという。で、最終的にK DUB SHINEばりにですね、「自分が自分であることを誇る そういうやつが最後に残る」というテーマが浮かび上がってくるという。基本、これの4回繰り返しです。, 同じことの繰り返しっちゃあ、同じことの繰り返しなんですよね。要は、いつ彼の能力がどうやって発揮されるか?っていうことだけが勝負なので、勝つか負けるかは実はそんなに肝じゃないため、必然的に敵チームの存在感みたいなのは希薄な作りにもなっているということだと思います。でね、「4回同じ構造の繰り返し」って言いましたけど、ただね、ここが僕、今回の映画の構成がいいなと思ったところなんですけど、ペレの能力発揮によって克服されていく壁、ハードルが、その4つの試合。繰り返しなんだけど、でも1個ずつ変わっていくわけです。克服されるハードルが。要は、クリアされる葛藤のスケール、その輪がどんどん大きくなっていく感じ。波及の輪が広がっていくというか、そういうイメージだと思います。, 最初はまず、仲間内ですよね。仲間たちが持っている貧困ゆえのコンプレックスを克服する話。次の段階は、僕は本作、この映画を見るまでは不勉強にも全然知らなかったですけど、ブラジルのサッカーやカポエイラという格闘技とかの全ての源流となる、「ブラジル人の魂」と劇中でも説明される、“ジンガ”というスタイル。それをペレは父から授かるわけで、要は彼にとっての、父から授かった自分のファミリーツリー的なスタイルをプロの世界で発揮するという。そこが第2段階。, で、3つ目は58年のワールドカップ、フランス戦。ハットトリックを決める試合ですね。そこで今度は、さっきのチームメイトとのやり取りを通じてブラジル人全体の対欧州コンプレックスを、ペレがジンガでハットトリックを決め、勝つことで克服してみせる。そして最後のスウェーデン戦。最後の4段階目では、それが今度はチーム全体……ペレ1人が天才的に活躍するんじゃなくて、チーム全体、ひいてはブラジル国民全体に波及していくという。要は構造は同じなんだけど、波及の度合いが桁違いに広がっていくという。そういう構造を持っていると。, で、この「波及」というテーマは、それこそクリント・イーストウッドの『インビクタス/負けざる者たち』とも通じるあたりですし、さっき言った『勝利への脱出』も、実は最後にサッカーそのものが人々を感動させる。しかもそれはペレの純粋なプレーそのものの美しさに感動が、しかもナチでさえわかっている人にはやっぱり波及して、という話でしたよね。マックス・フォン・シドーには通じちゃったという、そういう話でもあったなという。, で、今回の『ペレ 伝説の誕生』に関しては、特に最後のスウェーデン戦に勝って、勝利の歓喜のシーンがあるわけですね。「勝った!」っていう。で、そこで僕はやっぱり圧倒的な感動があったんですけど、それはなんでかっていうと、最終的にそれが、「天才プレイヤーが天才的に勝っていい気持ち」っていう話じゃなくて、この映画は実は、ペレのお父さんの視点に着地していく……実はこれ、お父さん側の物語でもあった、彼の人生を肯定する物語だったんだということが明らかになって、やっぱりうわ〜って感動しちゃった。, つまり、お父さんは元は優秀なプロサッカー選手だったんだけど、ケガで挫折した。で、人生に文字通りつまずいて、いまは社会の片隅でくすぶっている名もなき男ですよ。それがいろいろあって最後、ペレの活躍によってブラジルが勝利した。それでブラジルの勝利に沸く人々。1950年以来、ようやくブラジルの人々がブラジル人であることに誇りを持つことができそうだというその瞬間。その歓喜の中に加わるんじゃなくて、お父さんはその歓喜の人々を、気づいたようにハッと見回すわけですね。つまり、彼が果たせなかったこと、それはなにかと言えば、ブラジル人のプライドをブラジル人の伝統のやり方で取り戻すこと彼はそれはできなかったんだけど、ついにそれがいま達成された、革命はなされたんだ、しかもそれが(自分の意志を受け継いだ)俺たちの息子によって!っていう。だから、そのわーっ!て人々が歓喜している中でやって来た奥さん、ペレのお母さんと密かにアイコンタクトを交わす。「俺たちの子供が……!」, つまり、このブラジル人を変えるかもしれないこの勝利は、彼らの人生の肯定なわけですよ。「俺たちの子供だよ!」っていう。だから、そう思ってみるとやっぱり、うわ〜ッ!って感動する。で、ここのシーンをさらに素晴らしくしているのは、お父さんを演じているセウ・ジョルジさん。もともと歌手としてずっと活躍されてた有名な方ですけど。映画的には『シティ・オブ・ゴッド』。ブラジルのファベーラが舞台の『シティ・オブ・ゴッド』で、二枚目マネというすごい印象的な役柄で出てきましたし。あと、『ライフ・アクアティック』というウェス・アンダーソンの作品がありますけども。アコースティックギターでデビッド・ボウイのカバーを劇中でする役柄。その名もペレ・ドス・サントスですよ。「サントスのペレ」ですよ(笑)。そういう役柄で出ている人であり、なおかつ、ロンドン・オリンピック閉会式に次のリオ・オリンピックへの予告として出てきて歌って、ペレ本人とも絡んでいるという人なわけですよ。, とにかくこのセウ・ジョルジさんの演技、表情の強さが相まって、僕はこの人々の歓喜を見回すお父さんからの妻とのアイコンタクト。ここはちょっと涙腺が決壊してしまいましたね。ちなみに本作、本来は「言われてみりゃあそりゃそうだな」って思うんだけど、2014年のワールドカップ・ブラジル大会に向けて作られていたそうです。で、間に合わなかったという(笑)。これ、ブラジル大会に間に合って、このブラジル万歳のテーマが世界的に公開されて間に合っていれば、ひょっとしたらブラジルチーム、結果違ったかも。士気も違ったんじゃねえの?っていうぐらい……まあ、歴史にifはないですけどもね。, 監督・脚本のジェフ&マイケル・ジンバリストさん。まあ、いろいろ作品を撮られているようですが、日本でかろうじてソフトで見れるのは、ドキュメンタリーの『ファヴェーラの丘』という、まさにファヴェーラ、ブラジルのスラム街を舞台にしたドキュメンタリー。これだけは見ましたけど、まあ今回の『ペレ 伝説の誕生』に関して言えば、デジタル処理とかをふんだんに使いつつ、細かいカット割りでっていう、まあ大ざっぱに言えば、すごい今風の見せ方の監督ですね。今時ちょっと、そんなにフレッシュとは言いがたい見せ方だと思います。正直もうちょっとですね、特に試合シーンはワンショット、ひと続きのボールの流れとかで見せないと、サッカーっていうスポーツの醍醐味はちょっと出ないんじゃないかな?っていう風には思った。, 特にクライマックス。せっかくチーム同士の美しい連携で勝つと。で、メンバー同士全員がお互い、以心伝心になっていて、それぞれの空間認識みたいなのをデジタル処理でワーッと見せる。こうやってそれぞれが空間を認識してますよって、あそこはすごいよかったですよ。「ああ、サッカーのできる選手っていうのは、こうやって各人の位置とか関係性を意識して……」って。でも、そしたら、そこはデジタル処理でいいんだけど、そこからポンってプレーが始まったら、そこの連携の美しさを見せるシーンだけは流れで見たかったなーという。ただ、そのサッカーシーンをそれらしく見せられているだけで、これは大合格なのかもしれません。難しいと思います。, あと、「ホテルから灯台までリフティングだ!」っていうあのエピソード、当然フィクションですけど。ちょっとね、先ほど構成作家の古川(耕)さんに指摘されて確認したら「ああ、これあったね」と思ったけど。90年代末のナイキCMに非常に酷似したアイデアと見せ方であるあたり、ちょっと気になりました。しかも、あっちの方が当然スキル的にも、あとオチの気の利き方も上っていう。ちょっとこのあたりもありましたけど。, まあでも、娯楽映画として文句なくアガる出来ですし。民族のアイデンティティの回復という、大きなテーマも非常に見事にわかりやすく伝わってくるし。「申し分ない出来」というのが本当に相応しい一作だと思います。全然、見て損のない、すごくいい映画でしたよ。特に大画面・大音量で、熱狂の中に入るのがベストな作品なので、ぜひぜひ劇場でウォッチした方がいいと思います!, (ガチャ回しパート中略 〜 来週の課題映画は『シング・ストリート 未来へのうた』に決定!), 以上、「誰が映画を見張るのか?」 週刊映画時評ムービーウォッチメンのコーナーでした。, お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。.

同性 を好きになった 歌 33, キングダム 山の王 セリフ 映画 7, とある科学の超電磁砲t 1話 感想 10, ココロモリ 夢特性 入手 剣盾 52, アニソン バンドスコア おすすめ 25, タンブリング 6 話 Pandora 31, スカッとジャパン Megumi 動画 9, 上司部下 恋愛 きっかけ 21, 孤独のグルメ Season1 無料動画 35, 有吉ゼミ 大盛り 動画 15, 潤 花 2 ちゃん 7, V6 坂本 岡田 エピソード 55, 山崎育三郎 似てる 女優 6, Plastic Love 歌詞 意味 5, フェルト キャラクター 部活 4, スポンジボブ バーガー を 追え 攻略 41, Stpr 病み 小説 7, アンビリバボー 今日 挿入歌 6, ウイイレ 課金 Itunesカード 14, レッツゴーピカチュウ バトル やり方 8, 進撃の巨人 121 伏線 4, Pso2 ファントム カタナ クイックカット 22, ジャングルジム 歌詞 解釈 4, ギルティクラウン 設定6 グラフ 8, カーダシアン家 相関図 2017 16, 男子校 出身 芸能人 10, パワプロ2019 再現チーム パワナンバー 4, 大企業 主任 年齢 31, 取材承諾 お礼 メール 4, カラフトマス ぶっこ み 釣り 9, 京大 情報学研究科 院試 6, 水曜日 のダウンタウン 若林 号泣 7,