敏捷性やバランス感覚などを養うのに効果的で、サッカーや野球、バスケットや剣道など、様々なスポーツで用いられます。 ‐テンポよく進んでいく、正確さが失われたすぐに速度を落として修正. バドミントンでは、速さや反応、空間認識能力だけでなく、俊敏性が必要になるスポーツです。 ラダーを使ってクイックランをして、サイドステップでマーカーコーンまで移動し、後ろのマーカーコーンまでバックステップをします。 スピードが速い時ほど減速する時には低姿勢になり、停止する時には、加速するために最も力を発揮しやすい姿勢になることが素早い方向転換のポイントになります。 ここからは、アジリティを鍛えるためのおすすめのメニューを紹介します。, Tドリルは、短い距離での加速・減速、減速してからの方向転換、方向転換してからの加速の仕方を身につけるのに最適なトレーニングです。 アメリカでは、アジリティを測定するのにテストに良く用いられます。, ラダートレーニングは、ハシゴ上のロープなどを使って行うトレーニング方法です。 今回はアジリティトレーニングの一つである「Tドリル」という練習を紹介します。 そもそもアジリティトレーニングとは何か。 アジリティー(Agility) 機敏、軽快さをトレーニングすることを指します。 これは間違った認識ではないのですが、単なる移動速度の速さだけではなく、動作の方向を正確に変更出来る能力を指す意味を含みます。 ダッシュの時には、しっかりと地面をプッシュして、減速の時には肩幅程度足を開いて腰を落とすことで減速しやすくなります。 ‐ 着地は膝を曲げて優しく, 着地の際には、膝を曲げて衝撃を吸収 「スポーツを上達させたい!」 〇×ゲームとは、三目並べのことです。 前回の記事でお伝えした通り、今回はサッカーに必要とされる「速さ」の3つの要素、【スピード】、【敏捷性(アジリティ)】、【俊敏性(クイックネス)】、それぞれのトレーニング方法について書いていきます。, 同じぐらいのストライドなら、ピッチが速い方が足が速く、同じぐらいのピッチならストライドが大きい方が速く走れます。, また、足の速さには体格差(筋力差)が大きく影響してきますので、小学生なら1〜2学年上の子供を目標にすると丁度良いでしょう。, 代表的なトレーニグ方法としては、反復横跳び、ラダートレーニング、ライントレーニングがあります。, 園児や小学校低学年など、まだ複雑なラダートレーニングやライントレーニングが出来ない場合は、親子や友達と楽しんでトレーニングができる「鬼ごっこ」が最適です。, 「クイックネス(俊敏性)」は動作をすばやく行う能力のことを指しますが、アジリティとの違いはそこに正確性を求めず、あくまでも瞬間的(爆発的)な加速力だけ。, 例えばラダートレーニングの場合、ステップに難しさを感じてしまいスピードよりも正確性を重視し消極的な動作になりがちです。, クイックネストレーニングの目的は、筋肉の最大収縮速度を維持し、鍛えることにありますので、複雑なステップのラダートレーニングはクイックネストレーニングには適していません。, ただ、簡単なステップのラダートレーニングの場合は、慣れてくると自分の最大速度で動くことができ、アジリティ・クイックネスの両方のトレーニングを兼ねることができます。, 「うちの子供は速いよ!」という親御さんはそもそもこの記事まで辿り着いていないと思いますので、皆さん「遅い」という前提でいきます。, それぞれの課題に対して最適なトレーニングを行うことで、子供は必ず「速く」なります。, ちなみにですが、ウチの子供は小学校3年生ごろからラダートレーニングをほぼ毎日やっていますが、やり始めて1〜2ヶ月くすると、サッカーでの動きが見違えるように速くなりました。, 5年生になった今では、シャッフルステップなんかは私サカスキコーチより速いですし、母親がみると気持ち悪いぐらい速いため笑ってしまうぐらい。, しかも、10パターンぐらいのステップなら少しインターバルを入れても僅か5分もかからないので、朝学校に行く前に玄関前でサクッとやっています。, 膝のケガにより高校サッカーを断念したアラフォー親父です。 息子が地域のサッカー部(スポーツ少年団)入部と同時に自身も同チームのパパコーチに。 指導者になってからは、高校サッカーを断念したフラストレーションからか、少年サッカーへの情熱が半端ないです(笑)。, サッカーの【速さ】に必要な3つの要素!スピード・敏捷性(アジリティ)・俊敏性(クイックネス)とは!?. 1メートル四方のスペースさえあれば十分にトレーニングをすることが可能です。 素早いステップ、俊敏性のあるフットワークを身につけたい人に最適な練習方法です。, スクエアジャンプでは、高さ15cm、幅50cm程度のハードルを四つ用意して、四角のスペースを作ってトレーニングをします。 バックステップでマーカーコーンまで行ったら前に全力で走ります。 © Copyright 2020 スポーツコンサルティング. All rights reserved. 中央のラインに足を合わせて、スタートのタイミングは自分で決めます。 この姿勢は、トレーニング中だけでなく、日頃の生活の中でも意識することが大切です。 株式会社スポルアップ, そもそもアジリティトレーニングとは何か。 とお子さんが何かしらのスポーツやられているけど、一瞬のスピードがなく悩まれている方なのではないでしょうか?, とにかく一瞬のスピードはどのようなスポーツにおいても活躍を大きく左右する重要なことでしょう。, 「そんな一瞬のスピードなんて生まれつきの才能や遺伝によるものであっていまさら向上するものではない」, ちなみに私はJリーグ下部組織チームで小中学生のサッカー指導を10年ほどさせていただいてきましたが、そういった中でも必ずいる、, ですので、その原因さえしっかりと理解していただければ、必ずお子さんのスピードは速くなります!, では今回の記事では、そんな私が気が付くことのできた子供の一瞬のスピード上げるための秘密を公開したいと思います!, そして、その瞬発力を発揮するためには神経の伝達速度が早いほど、高い瞬発力を発揮することができるのです!, 神経の伝達速度とは、「反応」にかかる時間のことで、人間の場合は0.1秒をきることはできず、その反応をいかに0.1秒に近づけるかが瞬発力へとつながるわけです。, ちなみにあのウサイン・ボルト選手はその反応が0.135から0.146秒と限りなく0.1に近いと言われています。, ちなみに、瞬発力とは、ただ単純に走るといったことだけではなく、跳ぶ、蹴る、投げるなど、あらゆる動作において当てはまることです。, なので、いくら筋力トレーニングだけをしたところで、その筋肉をいざ使うとなったときの神経伝達スピードがおそければ瞬発力は発揮されません。, それは、神経系の発達とは繰り返し動作を行うことによって発達しますのでやはり同じ動作を何度も繰り返し行うことが、神経スピードを速くする方法であり、そしてそのように繰り返し行うことによって結果筋力もつきますのでさらに瞬発力は高まるというわけです。, つまり、神経系があくまでもメインですが、筋力も同時に鍛えることによって瞬発力は磨かれていくというわけですね。, 例えば、簡単なイメージをしていただきたいのですが、ボールを投げるといった動作でも、必ず利き手の方がパワーがでるはずですよね。, そう、苦手な手より得意な手の方が遠くにボールを飛ばせたり、早く投げられたりできるはずです!, でも、これも言ってしまえば、筋力が利き手の方が十分にあるといったことではなく、神経系が発達しているからパワーがだせるはずだと思います。, まぁもちろん今までに利き手ばかり投げてきているわけなので筋力の差も多少はあると思いますが、やはり、神経の発達の差の方の影響は大きいはずです。, ですので、こういったことからも、瞬発力を鍛えたいのであれば神経系を反復によって鍛えることが重要なわけなのです。, そして、今回の記事内では瞬発力といっても、さまざまな動きに当てはまる言葉ですので、今回は走るといったテーマでのみに絞ってお伝えしていきたいと思います。, そう、あらゆるスポーツでは一瞬の動き出しは必ず喉から手がでるほど欲しいスキルのはずです!, ですので、ここからは走るといったことに絞って瞬発力について考えていきたいと思います!, ちなみに私はYouTubeをつかって子供に直接学んでもらえるスポーツメンタルトレーニング講座を無料で開講していますので是非こちらもご覧になって下さい!, そう、先にもお伝えしましたが、走るといった動作でも、投げるなどのさまざまな動作同様に考えていただきたいのです!, 例えば、先に投げるといった動作でも利き手と苦手な手で瞬発力に差があるといったことはお伝えしましたが、それだけではありません。, 例えば、ボールを投げるや蹴るといった動作でも人によってボールのパワーやスピードは人それぞれです。, でも、それは単純に筋力がある人が飛ぶといったわけでもないことは先ほどの説明からも分かっていただけるかと思います。, そう、いくら体が大きくて筋力がありそうな子でも、体が小さくて筋力のなさそうな子よりもボールが飛ばないなんてことはたくさんあります。, とはいえ、これはもちろん神経の伝達スピードが違うわけなのですが、実はそれだけではありません!, 例えば、蹴るといった動作でも、毎日同じくらいボールを蹴っているA君とB君がいたとしてもボールを遠くに蹴れる距離には差がでます。, ですが、それもまったく0ではないかもしれませんが、筋力の差というよりも、正しくは神経の伝達スピード、そして正しい筋肉を使えているかの差なのです!, つまり、いくら筋力や神経スピードをあげて瞬発力を鍛えようとしても、そもそも間違った体の使い方をして行っていては、パワーは最大限に発揮されないということです。, ですので、いくら敏捷性や俊敏性をあげたいからとラダートレーニングを一生懸命にしていても、そもそも間違った体の使い方をしていては、敏捷性も俊敏性も最大限には上がらないわけです。, 神経スピードをあげるために反復を行っても、間違った筋肉を使っていては最大限にパフォーマンスをあげることはできないといったことです。, そして、それはどんな動作にも当てはまりますし、もちろん走るといった動作でも必ず言えることです!, ですので、まずは走るといった動作で、しかも一瞬の動きをする場合にどういった体の使い方をするか。そしてそれはどこの筋肉をメインで使うかを知っておかなければなりません。, 子供の走り方がおかしい!?そう思ったのであれば、子供は間違った走りのイメージを植え付けられている可能性があります!手遅れにならないうちに是非この記事をお読みください。, ということで、ますは、走る瞬発力をあげるためにどこの筋肉をメインとして使ののかについてお伝えしていきたいと思います!, まず、走るといった場合に、もちろん全身を使うわけなのですが、ここではある一つの重要な筋肉についてお伝えしていきますね。, ハムストリングとはアクセル筋といわれ、歩く、走ると言った動作をするときに前進するのに使われる筋肉です。, 画像出典:http://retherapress.com/archives/2-4/, そして、ハムストリングが使えるようになると、ハムストリングの拮抗筋である腸腰筋の活動性が高まります。, 画像出典:http://survival-k.com/blog/archives/489, これは、上腕二頭筋に力をいれて、力こぶを作ると、それに対して二の腕の上腕三頭筋がゆるみます。, 画像出典:https://ameblo.jp/pilates-club/entry-12228036234.html, この2つの筋肉が走る動作においてどのような役割を果たすのかと言うと、ハムストリングは走る時に、地面を蹴るときに使う筋肉であり、腸腰筋は走る時に足を引き上げる筋肉なのです。, そして、ハムストリングを上手く使えないと、その拮抗筋であるこの腸腰筋も上手く使いこなせないといわれています。, というのも、実際に私達の多くの人はこのハムストリングという筋肉をメインで走るといったことができていません。, このブレーキ筋とは、実際にはその名の通り、人間が動作をストップする時にメインで使われる筋肉のことを言います。, 例えば、もしあなたが全力で走ったりして止まる時は必ずももの前の筋肉に力が入るはずです。, 逆に走ったり階段を上ったりした時にももの前が疲れるといった場合それはアクセル筋ではなく、ブレーキ筋をメインに走ったりしている可能性があります。, そして、そういった場合の多くの人は走る以前に普段の生活から歩くといった場合にももの前の筋肉をメインに歩いてしまっているわけです。, そして、そういった場合、もちろん走るといった動作になっても、ももの前をメインに使って走ってしまうわけなのです。, ですので、走るといった動作では、アクセル筋を使えて走れているかがとても重要になってくるのです。, そうですね、だいたいイメージ的には7:3くらいの割合でもも裏がメインを目指すべきです。, このようにしっかりともも裏が使えていると頭の先から後ろ脚の踵までがこのように一直線になるんですね。, そして、この下の映像も、ボルト選手がハムストリングを腸腰筋をしっかりと使えていることが分かりやすいものです。これは私も長年勉強している運動科学研究所のサイトから記載させていただいております。, というのも、人間の身体には、これまでに生きてきてできているさまざまな拘束(コリ)が全身に存在します!, 例えば、私はサッカーコーチをしてきた経験から気が付いたことで、子供でも中学生くらいになると、腰痛などの怪我をしてしまう選手がたくさんでてきてしまうといったことです。, そう、つまり、いくら子供であっても、中学生くらいになればそうやって身体のさまざまな箇所に拘束ができてしまうわけです。, なので、そういった固まった体では、簡単にいってしまえば、本来の正しい体の使い方ができなくなってしまうようなものです。, 例えばイメージしていただきたのですが、体が固まるといったことは筋肉は上手く機能しなくなるということです。, 実際に、瞬発力とは筋肉の収縮スピードによって生まれるわけなのですが、このスピードも筋肉が脱力しているからこそ最大限のパワーを発揮するわけです!, ですので、まずは瞬発力をあげたいのであれば、体全身を脱力させることが第一条件なわけです!, なぜなら、実は人間の足の裏の正しい重心はつま先ではなく踵よりのポジションだからなのです。, そう、つま先や、母指球に体重がのってしまっている状況は一見速く動きだせるようなイメージを持たれるかもしれません。, たぶん多くの方は先ほどもお伝えしたように母指球だったり、なんとなく真ん中だったりを想像していたのではないでしょうか?, 人間の下腿(膝から下)は2本の骨で構成されています。それが、脛骨と腓骨と言う骨です。, そう、人間が立っている時は間違いなくこの骨で人間の体重を支えているのですが、どちらの骨が人間の体重を支える骨なのかといえば、それは脛骨です。, 写真を見てもらえれば分かるように、腓骨は脛骨に対して4分に1ほどの太さしかありません。, では腓骨はどのような働きをはたしているのかと言うと、人間が飛んだり跳ねたりした時のショックを吸収したり、足首から先の微妙な動きをするような働きがあります。, ですので、立っている時の足の裏の重心を乗せる正しい位置は、脛骨直下のあたる位置と言う事なのです。, そう、立っていて足の裏の重心がどこにあるかなんてほとんどの人は意識なんてしていないはずです。, ですが、この事実は今回の記事のテーマでもある一瞬の動きにも大きく影響しているのです!, 例えば、ちょっとイメージしてほしいのですが、車が急ブレーキをかけた時は、車の重心は前方へ移りますよね。, 実は、これは人間の足にも言えることで、要はつま先や母指球に重心がのっている場合は急ブレーキをかけてしまっている図の上の状態であり、逆に、踵よりの「うな」に重心がのっている場合は急発進ができる図の下の状態であるのです。, ちなみにつま先や母指球に体重がのっていれば、一度踵に重心が移ってから走りだすことになってしまうので、一瞬の動きは遅くなります。, また、逆に、そのままつま先や母指球で地面を蹴って前にすすむ場合は、ももの前のブレーキ筋をメインに動きだすわけなので、瞬発力もでるわけがありませんし、スピードもでないわけです。, ですから、スポーツなどをやっていると、どうしてもベタ足は良くないと思われがちなのですが、実はべた足は悪いことではなく、むしろ、母指球やつま先に体重を乗せて準備をしている方がNGなのです。, そう、走るということは、足裏の中心も移動するわけなので、全身が移動しているある瞬間に母指球やつま先が中心になる瞬間もあり、でもその時はすでに全身が移動している運動の最後に一押しをする瞬間なのです。, つまり、母指球やつま先はあくまでも、常に身体の中心なのではなく、臨時的な中心であるというわけであり、常に身体の中心であるのは、「うな」であるというわけです。, ですので、もしお子さんがつま先で速く動けるようにステップを踏んでいるようなことがあれば、それは直していく必要があるのです。, そして、こういったことを考えるとやはり大切になってくるもは、日常からの立ち方や、歩き方といったことになります。, 「正しい走り方」は「正しい歩き方」そして「正しく立つ」ということの延長の動作なのです。, ですので、間違いなく早く走るには、まずは正しい立ち方・歩き方を覚える必要があるのです。, と、それについてはここで語るとかなり長くなってしまうので、私の別の記事で詳しくお伝えしていますので、是非こちらを参考になさって下さい!, 姿勢を良くするということは、あなたの人生を変えると言っても過言ではないのです!そう、見た目が若返ったり、スポーツが上達したり。今回は1日5分でだれでも簡単に姿勢を良くする方法を公開します!, 歩くという動作は改善すれば多くのメリットが得られます!ですが多くの方が歩き方の間違った教育を受けている事が事実なのです!この記事をご覧いただき正しい歩き方を手に入れて、あなたの生活を豊かなものへと変えていって下さい。, 先にも私は、瞬発力を鍛えていくには、繰り返し動作を行うことによって神経系が発達し、神経スピードを速くすることが瞬発力にも影響するといったことをお伝えしました。, つまり、反復練習による脳からの神経ネットワークを脳に覚えさせていくことが重要であるということです。, そう、瞬時に体を動かすには頭で考えずとも起動できるまでプログラミングしていかなければならないということです。, それが、判断するといった能力以上に、無意識的に勝手に体が反応するといったことなのです。, 人間のスポーツの世界でのこういった、反射とも言われる動きはまさに無意識レベルにまで人間が反復練習によって脳にその動きをインプットさせてきた証拠だとも言えます。, とは言うものの、こういった能力とはいくら筋力を鍛えようが、正しい体の使い方ができていようが、, そう、相手がどう動くかを見極め、どのようなパスをどのタイミングで出すか、そしてボールは次にどこに飛んでくるか。, それは、視覚、あるいは聴覚なども用いながら、他者や、その他の状況をいかに『認知』するかの勝負だといってもよいのです。, だからこそ、瞬発力を高めるということは一概に「筋力」といったものだけを鍛えれば良いといったことはこういったことからもお分かりいただけるのではないかと思います。, そう、やはり、どんなスポーツであれ、瞬発力を磨くには、そのスポーツに徹底的に取り組む必要があり、それが「経験」となり、先を読む力となって一瞬の動きが速くなるというわけです。, ここまで読んできてくれたあなたならお分かりいただけるかと思いますが、一概に瞬発力といっても、意識しなければならないことはこのようにさまざまであり、そういったことがすべて関わり合って、一瞬のスピードというものは生まれるわけなのです。, ですので、今回の記事をご覧になってくれているあなたが一瞬のスピードが足りないと思うのであれば、今回の内容の何が自分に不足しているのかを考えてトレーニングしていく必要があるのです。, そう、単純に経験がないからなのかもしれないし、経験があっても間違った体の使い方をしてしまっているのかもしれないし、あるいは、力を入れることばかりに今まで意識していたかもしれません。, そう、今回はそういった特に瞬発力を発揮する上で重要なポイントをお伝えしてきましたので是非意識して取り組んでいっていただきたいなと思います!, ・瞬発力を発揮するためには神経の伝達速度が早いほど、高い瞬発力を発揮することができる!, ・いくら筋力や神経スピードをあげて瞬発力を鍛えようとしても、そもそも間違った体の使い方をして行っていては、パワーは最大限に発揮されない, ・瞬発力はハムストリングから生まれ、ハムストリングはアクセル筋といわれ、歩く、走ると言った動作をするときに前進するのに使われる筋肉, ・瞬発力とは筋肉の収縮スピードによって生まれるが、このスピードも筋肉が脱力しているからこそ最大限のパワーを発揮する, ・急発進するための足の裏の重心を乗せる正しい位置は、脛骨直下のあたる「うな」という位置。, ・経験によって一瞬で相手の動きを読んでボールを奪う。一瞬で相手を交わす。というような無意識的レベルの一瞬のスピードのある動きは生まれる。, 子供のスポーツ上達を大きく左右するスポーツ教育法を期間限定で無料プレゼントしています!, お子さんが後悔しないスポーツ人生を歩むために必要な、トップアスリートに共通するメンタルを手に入れる方法、スポーツが上達する体の仕組みなど、今まだ多くの人が知らない子供のスポーツ教育法を徹底的にお伝えしています!, スポーツコンサルタント

太陽光発電 自由研究 中学生, ヤンキース サード 歴代, Airpods Android ペアリングできない, 相米慎二 葬儀 女優, 間取り 計測 アプリ, 犬 座薬 入れ方, 中目黒 ランチ おしゃれ, キーケース おしゃれ レディース, ニトログリセリン 硝酸イソソルビド 使い分け, 可 部 駅 みどりの窓口, インスタ映え 夜ご飯 レシピ, Iphone 充電口 詰まった, パワーポイント スマホ 操作方法, Line Payカード コンビニチャージ, 着メロ 無料ダウンロード Mp3, 腹部 触診 わかること, シティーハンター 海坊主 失明, 手作り 消 臭 除 菌 スプレー, 一泊二日 女子旅 アクティブ, 楽天ポイントカード > キャンペーン, 自動車 安全装置 後付け 補助金, タブレット 動画 カク つき, 桑田佳祐 Smile カラオケ, サイン 映画 町山, Mkdir 再帰的 権限, 東海大学 塩澤 中学, 古文 問題集 中学, 歩く まち 京都レールきっぷ お得, 深夜バス 横浜 名古屋, 天国に一番近い男 櫻井翔 ネタバレ, 石窯ドーム レシピ 鶏肉, 布 ぞうり 6本, Word Pdf 変換できない, 遊戯王 攻撃を防ぐ カード, 楽天カード 種類 ポイント,