”MissMarple”BBCOne先日来再放送中のジョーン・ヒクソン版『ミス・マープル』を観ていて(何度目かの再放送ですが、覚えていない所もあり、その都度観直すのです)、何度かチラッと触れた事は有るもののこのシリーズ自体きちんと書いた事が無い事にフト気が付きました。 【ホンシェルジュ】 「ミステリの女王」と呼ばれる、20世紀に活躍したイギリス生まれの推理作家、アガサ・クリスティー。彼女の作品は様々な言語に翻訳され、愛されています。彼女の作品の中から、おすすめの10作をランキング形式で選んでみました。 自分が住んでいるセント・メアリ・ミード村の住人やその村で過去にあった出来事を基に推理するという推理スタイル。, 人間の考え方や行動パターンの傾向って、村の住人の数ぐらいの種類しかないのか、なんとも微笑ましい女性らしい推理方法だなぁと。, 事件が起こるとついつい事件に首を突っ込んでしまい、その関係者たちから「なに、この詮索好きなおばあちゃん。」と軽んじられるます。しかし、その後素晴らしい推理力を惜しみなく発揮し、やがて関係者たちから一目置かれる存在になり、最終的にはすっごく頼りにされるというおばあちゃん痛快ストーリーでもあるのです。例えるなら、「水戸黄門さま」のような感じ(笑), ドラマ版では不倫相手の男性が戦争から帰って来なくて、独身のままおばあちゃんになったという設定みたいですが、原作小説では両親に結婚を反対されたことから独身を貫いたという設定です。(設定って言うな) 大胆な殺人事件の解決に、好奇心たっぷりの老婦人ミス・マープルが挑む! 父親を亡くしたばかりのアンは、ロンドンの地下鉄ホームで妙な事件を目撃した。外国人の男が何かに驚いて転落死し、それを見取った怪しい医者が暗号らしきものの書かれた紙片を落としていったのだ。冒険心に富むアンは、事件の謎を解くべく一人、鍵を握る南アフリカ行きの客船に飛び乗るが…胸躍る冒険ミステリ。  amazon, 旧友の招待でスタイルズ荘を訪れたアーサー・ヘイスティングズ。しかし、到着早々事件に巻き込まれる。屋敷の女主人が毒殺されたのだ。困難な事件調査に乗り出したのは、ヘイスティングズの親友で、ベルギーから亡命して間もない、エルキュール・ポアロだった。, 慈善家の老婦人が殺され、評判の悪い養子のジャッコが逮捕された。彼はアリバイを主張したものの有罪となり、獄中で死んだ。それから二年後、外国から帰ってきた男が、ジャッコの冤罪を告げに遺族の住む屋敷を訪れた。が、その来訪は遺族にとって迷惑だった。落着したはずの事件が蒸し返されることになったのだ。  amazon, 戦時中の飛行機事故により重傷を負ったバートンは療養のために妹とその村に居を構える。まもなく、悪意と中傷に満ちた差出人不明の手紙が住民に無差別に届けられた。「ジェリーとジョアナが本当の兄妹ではない」...陰口、噂話、疑心暗鬼が村全体を覆い、やがて名士の夫人が服毒自殺を遂げた。不気味な匿名の手紙の背後に隠された事件の真相とは?ミス・マープルが若い二人の探偵指南役を務める。, 「いいかい、彼女を殺してしまわなきゃ…」エルサレムを訪れていた名探偵ポアロが耳にした男女の囁きは闇を漂い、やがて死海の方へ消えていった。どうしてこうも犯罪を連想させるものにぶつかるのか?ポアロの思いが現実となったように殺人は起こる。謎に包まれた死海を舞台にして、ポアロの並外れた慧眼が真実を暴こうとする!, 舞台は第2次世界大戦開戦後の1940年。情報局の関係者が、「NかM。ソング・スージー。」という言葉を残して死んだ。情報部からナチの大物スパイ“NとM”の正体を秘密裡に探るという任務を帯びたトミーは、妻のタペンスには内緒で南海岸の保養地リーハンプトンへと赴いた。だが、タペンスとて一筋縄でいく女ではない。騙されたふりをして先回り。かくして二人は、二人は夫婦であることを悟られぬよう大規模なナチ・スパイ網のまっただなかへと飛びこむことに…スリル満点の冒険ミステリ。, 事件が起きたのは16年前、若い恋人に走った高名な画家の父を毒殺した容疑で裁判にかけられ、獄中で亡くなった母。でも母は無実だったのです……娘の依頼にポアロの心は動いた。再調査に乗り出したポアロは、当時の関係者の証言を丹念に集める調査の末に、当時の状況を再現してゆく。ポアロが探り当てる事件の真相とは?, 婚約中のロディーとエリノアの前に現われた薔薇のごときメアリイ。彼女の出現によってロディーが心変わりをし、婚約は解消される。激しい憎悪がエリノアの心に湧き上がる。やがて彼女の作った食事を食べたメアリイが死んだ。犯人は私ではない!エリノアは否定するが…嫉妬に揺れる女心を名探偵ポアロの調査によって解き明かす。, 植民地帰りの元警官ルークは、列車内でたまたま同席した老婦人から奇妙な話を聞く。彼女の住む村で密かに殺人が行なわれている、彼女はその犯人を突き止めたので警視庁に訴えに行くという。くだらぬ妄想だと聞き流したが、翌日の朝刊をみてルークは愕然とした。その老婦人が車に轢き殺されたというのだ…。, マープルは、かつてともに事件を解決した富豪の死を知る。その一週間後、「ある犯罪調査をしてほしい」と富豪が記した手紙が届く。だが、具体的な犯罪の内容については何も書かれていなかった。マープルは手紙の指示通り旅に出るが、そこには様々な思惑をもつ人々が待ちかまえていた。『カリブ海の秘密』の続篇。  amazon, 推理小説の短編集。ポアロが最初の5作品、マープルが最後の1作品の主人公として登場する。, 収録されている作品は「クリスマス・プディングの冒険」「スペイン櫃の秘密」「負け犬」「二十四羽の黒つぐみ」「夢」「グリーンショウ氏の阿房宮」, ある東洋の国の王子がロンドンで出会った女性にルビーを盗まれた。依頼をうけたポアロは、女性がいる屋敷のクリスマスパーティーに参加する。, 富豪ルノーが、フランスに滞在中ゴルフ場で何者かに殺される。名探偵ポアロが事件を担当することになるが、パリ警察の名刑事ジローも捜査を開始。ふたりは、知恵比べをしながら調査をしてゆくことになるが、まもなく富豪殺しと同じ凶器で浮浪者が殺害される事件が発生。はたして、二つの事件に関連はあるのか!?, 聖夜に惨劇は起きる!一族が再会した富豪の屋敷で、偏屈な老当主リーの血みどろの死体が発見された。部屋のドアは中から鍵が閉められ、窓も閉ざされている。一体犯人はどうやって侵入したのか?休暇返上で捜査にあたる名探偵ポアロは被害者の性格に事件の鍵が隠されていると考えるのだが…, ロンドン発の列車の座席でふと目をさましたミセス・マギリカディは窓から見えた風景に、あっと驚いた。並んで走る別の列車の中で、いままさに背中を見せた男が女を締め殺すところだったのだ…鉄道当局も、警察も本気にはしなかったが、好奇心旺盛なミス・マープルだけは別だった!シリーズ代表作、新訳で登場。  amazon, アガサ・クリスティがお茶をしている時に、「ジェーン・フィッシュ」という名前が話題に上がっていた。それがきっかけでこの作品が誕生した。, 第一次世界大戦が終わった後、平和になったロンドンで幼なじみのトミーとタペンスが久々の再会を果たす。ふたりは「青年冒険商会」なる会社を作り、さっそく依頼人に出会う。そして、依頼人の事務所である偽名をタペンスが名乗るのだが、その場が凍りつく。実は、その名は戦時中に行方不明になった諜報活動を助けていた女性の名前だったのだ。それからふたりは極秘文書の争奪戦に巻き込まれる。, 甥のレイモンドを筆頭に、前警視総監や画家などさまざまな職業の人々がミス・マープルの家に集っていた。一人の提案で各自が真相を知っている昔の事件を語り、その解決を推理しあうという“火曜クラブ”ができたが…静かな目立たない田舎の老婦人ミス・マープルが初めて驚異の推理力を披露した短篇13篇を収録。  amazon, ポアロシリーズ最後の作品といっても過言ではない。それは1975年に発表された「カーテン」が実は1943年に書かれたものだからだ。, またイギリスには「An elephant never forgets」ということわざがある。本書の題名もそこからきている。, 主人公のポアロは推理作家ミセス・オリヴァからある相談を受ける。オリヴァはある女性から、オリヴァが名付けたシリア・レイヴンズクロフトの両親が10年前に起こした心中事件の真相を知りたいと相談される。両親とも死んだのだが、「母親と父親のどちらが先に銃を撃ったのか」ということがわかっていなかったのだ。, そこでオリヴァから依頼を受けたポアロは、レイヴンズクロフト家と関係する人の中から「象のように記憶力のよい人」を探し出し、10年前の事件の真相を解明する。. 正統派古典ミステリー+人間ドラマ+英国アンティーク家具や食器+おばあちゃん探偵の人間的魅力, アガサ・クリスティ絶賛!本格英国推理作家D・M・ディヴァインのおすすめ作品ランキング. こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は少しヘビーな記事です。アガサクリスティの『ポアロシリーズ』の順番を紹介していきます!, ▼YouTubeチャンネル【ミステリー文学の本棚】でミステリー小説の書評を始めました!国内ミステリー、海外ミステリーなどミステリー好きな方へ向けて作品紹介しています!チャンネル登録よろしくお願いします(*´▽`*)!, 【初公開】書評Youtuberの僕が顔出しした理由を語ってみる【今後もよろしくお願いします】, 書こう書こうと思いつつ、なかなか書けていなかったテーマ。アガサクリスティです。しかもポアロ。本当にヘビーなんです。なんせ全部で33作品もあるんですから!, クリスティ作品はありがたいことに早川書房が『クリスティ文庫』というレーベルを出版してくれているので、, その順番通り読んでいけば間違いないのですが、手元に文庫本ないと結局図書館とか本屋に行かないと順番が分かりません。, ※霜月蒼さん『アガサ・クリスティー完全攻略(決定版)』がクリスティー文庫として発売しています!こちらも合わせてどうぞ!, 33作品って途方もない作品数ですよね。全部読もうと思ったら一体どれぐらいの時間が必要なのか。。。ぼくは今5作目の『青列車の秘密』を読んでいます。とりあえず『オリエント急行の殺人』までは頑張りたいと思っています。, こうして気になっていたクリスティのエントリを書くことができたので、これから少しずつクリスティネタを書き続けていこうと思います!とりあえず、がしがし読み進めていきます!それでは!, ▼Audibleで聴けるクリスティ作品もあります!無料体験もあわせてどうぞ(*´▽`*)!. パリからロンドンに向かう定期旅客機が英仏海峡にさしかかった時、機内を蜂が飛びまわり始め、奇妙な事件が起きた。最後部席に眠っていると思われた乗客の老婦人が、じつは死んでいたのだ。その首筋には、蜂の毒針で刺されたような傷がのこり、すぐに吹き矢の針が機内で発見される。針にはおそるべき毒ヘビの毒が塗られていた。大空を飛ぶ飛行機は、完全な密室だ。だから犯人は、必ずこの機の乗客、乗員のなかにいる。問題の機に乗りあわせていた名探偵エルキュール・ポアロが調査を開始する! ジェーン・ヒクソン版のテレビドラマ『ミス・マープル』は、1984年から1992年にかけてイギリスBBCにより製作されました。 長編12作品をすべてテレビドラマ化しています。 主演のジェーン・ヒクソンは、生前クリスティ本人から「年を経た暁には、ミス・マープルを演じて欲しい」と言われたという逸話があり、上品な演技に世界中のクリスティーファンから愛されています。 日本では、NHKやテレビ東京で放送され、山岡久乃の吹き替えとともに人気を得ています。 名探偵ミス・マープルはセント・メアリ・ミードという村にひとりで住む独身の上品な老婦人。以前はよく「せんさく好きのオールド・ミス(!!!)」と紹介されていたと思うのですが、最近の版ではそんなふうには書かれていないようです。 作品を読んでいても、せんさく好きというよりは、観察力と洞察力に優れている、というのが本当のところでしょう。それで、「村で起こることは何でも知っている」。 人生において豊富に見聞きしてきた経験を一つの財産に高めている人物で、その経験に照らす … イギリスITV製作の「名探偵ポワロ」(1989年〜2013年・最終シーズン13)が素晴らしすぎるので、長年のファンとしてその魅力をなるべく余す所なく語っていければと思っています。 ドラマ「名探偵ポワロ ... Copyright©  ミステリーホリック  , 2020 AllRights Reserved. エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot, ポワロとも日本語表記)は、アガサ・クリスティ作の推理小説に登場する架空の名探偵。 ベルギー人。. }, ディズニー ミュージカル 妃海風 宙組 宝塚ブログ 宝塚歌劇団 星組 月組 花組 雪組, コロナショックで採用が閉じている中、エンタメ求人の数について各エージェントを調べたのですが、大手プレイガイドから明治座のような劇団・劇場まで、この業界の求人を最も扱っているのがマイナビでした。エンタメ業界に行きたい人は登録して、求人をチェックしてみてください!, マスコミ・WEB業界に特化した転職サイトがマスメディアン。ミュージカル・演劇界で活躍するアーティストのファンクラブ運営、アーティスト関連グッズの制作に携わる募集があります。, ■マスコミ関連の出版社である宣伝会議が運営しているので、マスコミ業界に圧倒的に強い, 20代の方ならマイナビジョブ20's。よりキャリアについて深く相談したい方、30代以降の方はマイナビエージェントがオススメです。, マスコミ全般に転職先を考えたいならマスメディアン。マスコミだけに今は絞らず、多くの求人を知りたいならマイナビと使い分けるのがおすすめです。, マイナビエージェント 転職なら求人情報豊富な人材紹介サービスのご利用を!専任のキャリアコンサルタントと話をすることで初めて気付く自分の価値がここにあります!. その朝新聞の広告欄に、チッピング・クレグホーンの村人たちは夢中になった。「殺人をお知らせ申しあげます。十月二十九日金曜日、午後六時半にリトル・パドックスにて……」本気か、それともたちの悪いイタズラなのか? Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2020 All Rights Reserved. ミス・マープル 「パディントン発4時50分」原作と一緒に楽しみたい 2020.08.19 2020.10.10 ミス・マープル「復讐の女神」 原作と一緒に楽しみたい 【エンタメ転職】松竹の経営企画からヴァンジ彫刻庭園美術館の学芸員(正職員)まで、最近見つけたおすすめ求人 6/14 更新, 宝塚歌劇団【名曲の歴史】、定番曲を時代を追って紹介!「モン・パリ」から「ひとかけらの勇気」まで. 前回はクリスティの生んだ二大探偵の一、エルキュール・ポワロについてでしたが、今回はもう片方の有名探偵、ミス・マープルの最初の事件と最後の事件をご案内します。, ミス・マープルの「最初の事件」というのが個人的になかなかわからなかったのですが、ここでは短編集「火曜クラブ(The Thirteen Problems 米題 The Tuesday Club Mystery)」をそれとしておきます。一方マープル「最後の事件」は「スリーピング・マーダー(Sleeping Murder」です。, 名探偵ミス・マープルはセント・メアリ・ミードという村にひとりで住む独身の上品な老婦人。以前はよく「せんさく好きのオールド・ミス(!!!)」と紹介されていたと思うのですが、最近の版ではそんなふうには書かれていないようです。, 作品を読んでいても、せんさく好きというよりは、観察力と洞察力に優れている、というのが本当のところでしょう。それで、「村で起こることは何でも知っている」。人生において豊富に見聞きしてきた経験を一つの財産に高めている人物で、その経験に照らすことによって、目の前の出来事の本質をクリアに見抜く、というタイプの探偵です。綿密な調査、推理というよりは直感型、天才型。話を聞いてたちどころに真相を見破ることができる、安楽椅子探偵型でもあり、「火曜クラブ」はまさに、安楽椅子探偵譚の短編集です。(実は安楽椅子探偵ものが大好きです。), さてこのミス・マープルの最初の事件というのがこの「火曜クラブ」なのか長編「牧師館の殺人」なのかわたしはなかなかわからなかったのですが、どうやらミス・マープルが登場する作品のうち最初に発表されたのが短編「火曜クラブ (The Tuesday Night Club)」のようで、これは雑誌に連載されたものの第一話です。それら連載短編十二話に、単行本として刊行される際に付け加えられた一話を足して十三話からなる短編集が「火曜クラブ(The Thirteen Problems)」ですが、この短編集刊行の前に、ミス・マープルものの長編「牧師館の殺人(The Murder at the Vicarage)」が出版されたため、「牧師館の殺人」をミス・マープル初登場作とする紹介も散見されます。, 個人的にはやはり、最初に書かれているものであるし、内容からしても「初登場」にふさわしいのは短編「火曜クラブ」(もしくは短編集「火曜クラブ」)ではないかと思っておりますが、まあこんな細かいことは、この企画ではさらっと流すということで・・・(笑)。, 短編集「火曜クラブ」は先程もご紹介しましたが、十三の短編から成り、最初の話が「火曜クラブ(The Tuesday Night Club)」です。, ミス・マープルの甥で作家のレイモンド、女流画家、元警視総監、老牧師、弁護士がミス・マープルの家に集っている時に、「迷宮入り事件」が話題に上ります。そこで「自分が個人的に知っている、むろん解答も知っている迷宮入り事件」を代わる代わる出題し、他のメンバーがそれぞれ、それについて解答を出すことになります。いずれも不可思議な事件の正解をたちどころに導き出すのは、もちろん、最初はあやうく勘定にさえ入らなかったミス・マープルです。, レイモンドたちとの集いは6話で終了し、次にメンバーを変えて同様の集いが6話語られます。短編集最後の一話は趣向を変えて、元警視総監のもとをミス・マープルが訪れ、ある事件の真犯人がわかっていると述べた上で(読者には犯人は最後まで伏せられます)その事件の解決を依頼する、というかたちになっています。, 個人的にこの短編集は大のお気に入りで、最初に読んだ時からずっと好きです。マイベスト書を編むなら五本の指には入れると思います。今までにも数度読み返していますが、この度また久しぶりに再読して、ネタはすっかり割れているのにやはり楽しめてしまいました。, でもミス・マープルの解決があまりに鮮やかで立ちどころすぎ、“解決編”が短すぎる、とさえ感じました(笑)。つまり解決に至るまでの話が長いなー、と思ったのですが、それはやはり再読だからなのと、これが短編だからなのでしょう。, どこかで「マープルには短編が合う」という言葉をどこかで読んだのですが、わたしもそう思います。長編より短編のこの切れ味が、読んでいて気持ちがいいし、好みであります。そしてこの切れ味が、安楽椅子探偵ものの醍醐味だなー、と思っています。, ミス・マープルものの最初の事件と言われることもある「牧師館の殺人」についても少し触れておきましょう。これは長編で、ミス・マープルが住んでいるセント・メアリ・ミード村が事件の舞台になります。, 牧師館の書斎で、うるさ型の退役軍人が殺されているのが発見されます。若い画家が犯人として名乗り出るのですが、事件はそれで終わりません。少々癖のある、または謎めいた人々、絡み合う人間関係、細かい時間差。被害者を殺したのは実は・・・。, ミス・マープル自身も目撃者として、また村の住人として関わるこの事件は、牧師の一人称で語られ、細かい部分まで精巧に組み立てられたミステリであることは間違いないのですが、それよりもむしろ、ユーモラスな部分もある、ミステリ・「ドラマ」であるという印象で、海外ドラマなどお好きな方には、とても楽しめるかもしれません。ドラマとしての構成、人物の配置、動かし方もよく考えられていると思います。クライマックスや解決編もなかなかです。, ミス・マープル最後の事件として書かれたのが「スリーピング・マーダー」ですが、ポワロの時と違って、「最後」となる内容も宣言も特にはありません。, 新婚のグエンダは夫より一足早く、育ったニュージーランドからイングランドへ渡り、新居を購入します。しかしどうもその家のはしばしに、不思議な記憶が刺激されます。わたしはこの家にいたことがあるのだろうか?そして、ロンドンで芝居を観た彼女は、あるセリフをきっかけにして、恐怖のあまり失神します。そして確信するのです。わたしはあの家で、殺人を目撃していたのだ、と・・・。, ロンドンで知り合ったミス・マープルの忠告に従うことなく、“記憶の中の殺人事件”を明らかにしようとする彼女と夫。ふたりを心配し、事件に関わっていくミス・マープル。ストーリーはグエンダと夫ジャイルズの捜査を一部始終追う形で進められ、時折他の場面が短く挿入される、まさにドラマ的な語られ方をしています。先程の「牧師館の殺人」同様、ミステリ・ドラマといった印象であり、こちらはむしろ、ミステリ要素をメインに据えたメロドラマっぽいなとさえ思いました。, マープルものの長編というのは総じてこんな感じなのかな?今まであまり読んでこなかったし、覚えていなかったのですが・・・。, 個人的には謎解き要素が強いほうが好みなので、やはりマープルは短編もののほうが好きですが、こちらのドラマ要素たっぷりのほうがいいという方がむしろ多いんじゃないかとも思います。, 長編「パディントン発4時50分」がかなり面白かったような記憶がうっすらと・・・(笑)。次にちょっと読んでみることにします。, お気持ちありがとうございます。

ウルトラマンタイガ 映画 動画 17, ロンハー ドッキリ 狩野 7, アンケート 表 作り方 10, Gジェネ ジェネシス ニュータイプ 27, 二子玉川 芸能人 自宅 23, Dailymotion 聖 ☆ おにいさん 4, Amazon カスタマーサービス メールアドレス 11, 第五人格 バグ 面白い 19, 死役所 最新刊 ネタバレ 13, トーマス ボルダー 怖い 29, 多肉植物 種子 輸入 59, めざましテレビ イマドキ マスク 13, Redmine チケットテンプレート ウォッチャー 11, 金田一少年の事件簿 ドラマ 動画 パンドラ 11, それでも世界は美しい ババ様の歌 歌詞 16, ゲーム配信 Pc やり方 22, パラソル 土台 手作り 8, 満月の夜 アプリ 攻略 5, うさぎ 里親 岡山 6, プロレス 練習 厳しい 6, 東京サンレーヴス 運営 会社 5, ディアデラ マドレ 19 39, 長崎佑亮 怪我 原因 23, 女子会 Dvd 鑑賞 ホテル 名古屋 14, Logicool C270 設定 画面 9, カイリュー 色違い 黒 10, 大腸ポリープ 消える 食事 59, 生島淳 生島ヒロシ 関係 6, 大腸ポリープ 消える 食事 59, Uniq スンヨン 父 31, Gta5 スーパーカー おすすめ 17, ビーチボーイズ ロケ地 和歌山 15,